日々是好日・スローライフ

・日常・創る・彩る・考え・綴る
・フジノ会・探検団・句会―かめの会
・家庭菜園 ・ 芽生え成長・収獲


72候・立秋、末候

2018-08-18 05:43:14 | 総  季節の暦

 霧立ち込める

 

 

 

霧は、空気の動きに呼応して立ち昇り,

地形の凹みを這って姿を変える。数年前まで山登りしましたが

霧立ち込めると危険ですが幻想的でした。

 

 

 

 


2011,10、日光・赤薙山 (蔵出し)

 
2017,9  群馬県・天狗山にて(蔵出し)

 

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 旅に出ます。

・ 秋風につられ京への旅枕  (縄)

21日(火) 帰ります。 

 

 コメント欄は閉めています。

 

 

コメント

江戸東京博物館で愉しむ

2018-08-17 06:11:28 |  紀  イベント・催行

企画展
明治初期からの、東京150年を振り返る

 

 

東京江戸博物館所狭しと、企画展の数々の資料が展示されていた。

しかし、あまりにも間口が広く、底知れぬ深さにビックリして、とてもとても、

理解・納得・了解までは遠い夢の果てでした。、

ピックアップしながらご紹介します。

東京は、明治元年から数えると平成30年は、明治で数えると150年となります。

 

江戸博物館に向かいます


東京150年のポスター。


 

その1  初っ端から芝居小屋の前で芸を愉しむ 

 

 

先ずは身体をもみほぐしながら、リラックスしました。

その2~から『企画展・東京150年』を掲載します。

 

 

 


  美人の鏡味味千代さん

 


日本橋橋上からの観覧者もいます

   


鏡味千代氏による曲芸


徐々に積み荷を増やしていきます


積んだ茶碗類やリボンを回転します

 
1芸が終わりました。


傘のヘリで回す


ボールを中央付近で回す、早いスピード


お客さんも一緒に曲芸の技

 


四角い升を回します…。

 


傘の上に升を載せてスピード回し。

 

 クリック拡大
芸終了後の佇まい

彼女は、国際基督教大学出身で英語、フランス語が堪能、
芸中もお客さんを見分けながら、英語も駆使して皆さんを楽しませていた。
芸も国際化時代に入りました。

  

味千代さんの芸  

 

・ 曲芸師番傘回しハイ拍手  (縄)


 

 

 

コメント (11)

朝の散歩

2018-08-16 06:10:15 | 総  そ の 他

 川の上には橋が架けられる
橋は文化のバロメーター、様々な橋が架けられ川を渡る

 

 

人々の多さ、文化の発達如何により様々な橋が架けられる。

歩道橋、車道橋、水管橋、ガス管橋、吊り橋,高速道などなど様々です。

一ヶ所に立ち、上流・下流を見渡せば、見えないながらも11の橋が存在することが分かった。

←―――――上流 3  下流 8-----→       


三和橋の近く地点の高台に立つ


三和橋、上流を見る、高いのが高砂ループ橋

 


ススキと三和橋


雑草に追い詰められたベンチ


八剱橋架け替え工事中


奥戸新橋(奥戸街道)から下流を見る


奥戸新橋下のボート係留所、見えるは新金貨物電の鉄橋

 

 

新中川に架かる橋 の上流付近

〇の地点に立ち、上下流を眺めた、上の画像です。

 

コメント欄は閉めています。

 

 

コメント

終戦記念日

2018-08-15 13:27:35 | 報  報 道

平成最後の終戦の日
陛下・戦争の惨禍を繰り返さない願いを次代へ

 

 戦後73年目の8月15日は平成最後の「終戦の日」となった。

天皇陛下は皇后さまとともに日本武道館(東京・千代田)で開かれた全国戦没者追悼式に出席。

在位中最後の終戦の日のお言葉を述べられた

 正午の黙とうに続いて、

陛下は「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」と振り返り、

今年も先の大戦への「深い反省」に言及。

平和を祈念された。

 

外出先から帰ると正午前、「全国戦没者追悼式」中継が行われていた。

平成天皇も最後の大行事に、追悼式に列席されていた。

正午の、時報と共に一斉に黙とうが行われた。

わたしも頭を垂れた。

 


 

この中継記事を掲載した理由

 

文芸春秋・9月号に

≪両陛下最後の8月15日 (前侍従長)川島 裕/保阪正康≫

図書館で読み終えて、
帰宅したところでした。

このお二人の対談の中で最大関心事は,どんな言葉を述べられるかでした。

「深い反省」が、前年と大きく違う所だと報道された。

 

コメ欄は閉めています。

 

 

 

コメント

明治神宮の森

2018-08-14 14:50:41 | 紀 知る・見る・歩く(見聞録)

東京のど真ん中で森が育つ

林層が、生き物が、荒れ地から、見事な森100年
                        鑑賞会 ・ 於 ➡ 立石図書館

 

ビルの海の中に浮かぶような神宮の森。

実はこの森100年前に林苑計画によって造られた、人工の森です。

大鷹を頂点に300種類の動植物が住む不思議な、森なんです。

10年をめどに学術調査団が入って記録してきましたが今年で100年、

カメラが入り貴重な記録NHKドキメンタリーです。

(NHKで放送、見た方は割愛です)

 

 


友だちからパンフレットを頂く
面白そうだと馳せ参じた。 

 

 
明治神宮参道

 


明治神宮菖蒲田

 

 

芸人・爆笑問題が、あらすじを面白く解説。

明治神宮100年の森

 

縮小版を見たい方はどうぞ。

検索したらヒットした。図書館では、完全版90分)が上映された。

「NHKドキメント明治神宮の不思議な森・100年】

 縮小版 

コメント欄は閉めています

 

 

コメント

キャベツ苗、移植

2018-08-14 05:38:33 | 自然  家庭菜園・国府台

 ラッキー!
午後から若干の雨/恵雨
 

 

 

何時にしようか、思案していた。

丁度隣家の奥さんがガーデニング、苗を欲しいと言うので分配。

ヨッシャ―・・・、この時が作業の時と決行と移植した。

車に総ての道具を積み込み、菜園に向かいて、キャベツの移植作業をした。

暑かった、とても暑かった!汗で肌着がグッショリ!

持参した容器では足りずもう1本、近くのコンビニで買い求め水分を補給した。

菜園の友が、「俺は、倒れない内に帰る・・・・・お先に失礼します」と、

立ち去った。

その後、ほぼ作業も完了する頃、市川市の広報拡声器が、

「これより、正午の時報をお知らせします」と放送された。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰り来て、風呂場でシャワー汗を洗い流し、身体スッキリす。

ビールを一気に呑む!
ウマカ~とてもうまか~・・・・・

≪極点境地心地すらする≫

 


培養土と若干の肥料を入れ込む


植え込みました。


この時期は害虫が天的です。

 

   

    ・ 玉の汗顔拭き上げし夏帽子

       ・ 作業終えビールの旨さ生き心地

          ・ 農作業身体の疲れ昼寝する

 

 

コメント (12)

言 海 (国語辞典)

2018-08-13 03:52:24 | 総  そ の 他

 明治の歩みをつなぐ、伝える~明治150年

 

 

 今年はちょうど『明治150年』にあたる」とあるものを目にして、
はたと考えた。


明治維新から数えて150周年、
明治がこれまで続いてきたと仮定すれば今年は「明治150年」
という計算になる。

「政府は来年『150年記念事業』を大々的に計画――『明治礼賛』
また各マスコミでも色々な取り上げ方をしています。

私のよく聞く「NHKラジオ深夜便」でも人物を取り上げて
掘下げて礼賛している。


         1 伊藤博文、憲法学者、初代内閣総理大臣

         2、上村松園、女流日本画家

         3、津田梅子 岩倉使節団でアメリカへ、女子教育に献身

         4、大槻文彦・言海編纂

        今までにこの4人が取り上げられた。

 

言 海について

語学者の大槻文彦が明治期に編纂した国語辞典。

日本初の近代的国語辞典とされる。著者がが17年かけて編んだ『言海(げんかい) 』

 その間に、娘と、奥さんをなくされている。

編纂し、印刷を国にとお伺いを願い出るが叶わなかった。そこで今で言う自費出版を試みる。

現在までに、17版を重ねている、国語宝物辞典です。

小生も、[言海」という言葉は見聞きしましたが、手に取り中を開いたのは初めてです。

近くの図書館でお目に掛かりました。 

 


図書館の書庫に並んだ「大言海」

 
分厚いとても重量感が有りました。



著者の写真

 

 


内容ページ

 


刊行に当たりて、大槻文彦

 


裏扉に17重版発行と記されている。

 

NHKラジオ深夜便 

 明日への言葉      

 

 

 

コメント

72候、立秋・次候

2018-08-13 03:38:55 | 総  そ の 他

寒蝉鳴(ひぐらしなく)8月12日頃

  

 

このお話は、小学校5年生の頃の思い出話・・・・・です。


カナカナと甲高くセミが鳴き始める頃。

夕暮れに鳴くヒグラシの声は、侘びしくて寂しい。 

夏休みも終わろうとした、ある午後のひと時でした。

宿題も終わっていた、新学期も始まろうとしていた。

ヒグラシの鳴き声を聞くとやばいくらい悲しく泣きだしそうになった。

1年前の今ころ城峰山の麓に、級友が亡くなりお葬式に、
女性の級長さんと一緒に行った。

その時もヒグラシが煩しいほど頭の上の木々で鳴いていた。

 

あの時からほぼ1年、夏休みの終わる頃、いつも胸に閊えるものがあった。

 ヒグラシの泣き声、夏休みの終わり掛かった頃になると、
友の思いが込み上げて辛く泣きそうになる。

歳を重ねた今でも、もう帰らない青春時代を思い浮かべながら 、
何故か侘びしい思い出に耽っていた。

 

人は何故か?つまらないことに頭を突っ込んで、あのころは、あの時は
の感傷に浸かることが有る、不思議な動物です。

 

ヒグラシ 鳴き声 

 

 

 

 

 

  

・  ひぐらしの鳴く頃となる暦かな  (縄)

 

  

コメント欄は閉めています 

 

コメント

盆踊り時季になりました

2018-08-12 05:44:43 |  紀  イベント・催行

保育園も立て替え、
園庭跡➡駐車場

盆踊り会場移動、町会会館前道路で

 

夏のこの時期になると、我が家の前は賑やかでした。

1昨年から、保育園の建て替え敷地縮小で大きく様変わりした。

 


我が家から見た中古車展示場&一般駐車場


以前見えた盆踊り 


パーキング&保育園


町会盆踊り会場&町会会館


盆踊りの資本金、お祝い(寄付)一覧表

 

 

 

           ・ 盆踊り異国の人も仲間入り  (縄)

 

 

 

コメント欄は閉めています。 

 

コメント

水泳・池江 璃花子(いけえ りかこ)

2018-08-11 05:52:11 | 総  未分類

差し出された広報誌、
孫が水泳をしてるんです・・・・!!

 

 

水泳の・池江と言えば日本のホープ

「世界に挑む江戸川のヒロイン」。プールに入り、競技をするたびに記録更新!

灯台下暗し、300mくらいしか離れていない目と鼻の先の出身でした。

一緒にラジオ体操している小父さんが、

「これ見てください、孫です」

江戸川広報誌を、差し出した。

いろいろ調べてみるとお隣の江戸川区、我が家から300mほどの近距離でした。

この小父さんは、いつも我が家の前を通り過ぎていた、

ラジオ体操の仲間の方でした。

 
差し出された広報誌

 

☆ パンパシフイシク水泳2018


・ 200m自由形・日本新・銀メタル
 

 154秒85 (日本新記録)

 10チャンネル(TV朝日)にて放映中。

 


池江HPからお借りしました。

 

水泳の池江は知りすぎるほど、知っていましたが、

他の行政区域(江戸川区)なので、こんなに近くとは知りませんでした。

東京2020オリンピックまであと2年。

皆さんと一緒に、日本期待の星「池江」を応援しましょう。

 

 池江・100m・バタフライ金メタル


おめでとう!!

コメント (13)

立石再開発・その3の3

2018-08-10 05:35:47 | 紀  郷土博物館 葛探団

 住民の意見は様々
比率は分かりませんが、反対の張り紙を見た。


 

再開発の区域を巡りて、反対のビラを見たのは、

本田小学校前交差点から斜めに区役所の方に入った場所だけでした。

浅く広く回りましたが、ここだけでしたので大方が賛成派なのかなぁ~と見受けられた。

既に再開発事業は始まっている。

 


青砥~立石の半分ぐらいまでは低い高価になっています。
この辺も本格的効果にしなくてはならない。↑の画像。

 


39度の猛暑、伝統工芸館にて涼を取る。

 


立石7丁目付近の街づくり事務所
反対のビラは1枚もありませんでした。

 


立石スズラン通り。

 


再開発反対垂れ幕


立石4丁目付近の街の佇まい。

 

 
4ツ木駅へ向かっての高架工事
立石図書館から少し区役所方向に進んだ踏切、工事進み具合。

 

 

探検団の写真展に向けての活動内容班分け

      1班
        立石周辺の踏切、更地、京成電鉄の変遷、古代東海道ルート
      2班
        仲店を3Dスキャナーで撮影、図面を作成。
      3班
        地場産業の盛降と現状
      4班
        喜多向き観音と縁日、葛飾区役所の変遷。
 (この部署で活動します)

 



葛飾区立本田小学校
桜の木陰を借りて、葛探団の班毎に別れミーテング
顔合わせと、これからの活動概略について

 

 

3回にわたり、つまらない街づくり
をupしましたが、
踏切のない京成電車、寂れてしまったアーケイド街を一日も早く
駅前に広がる広場、交通便利か葛飾区役所への取り組み、活気ある立石を感じ取った、
「立石再開発地域を廻る」でした。
立石知育から感じた猛暑日の1日でした。
反対ビラは1部でした。

 

 

 

 コメ欄は閉めています

 

 

コメント

ユリが咲く

2018-08-09 05:09:33 | 自然  環境・自然・四季

タカサゴユリ(高砂百合)

 

ラッパのような形をしている高砂ユリ。

花が真っ白で豪華なことから切り花として人気がある。我が家では自然のまま

ホッタラカシですがよく咲いてくれます。

香りがカサブランカほど強くないことも特徴です。

今年は、この暑さのせいか1週間から10日早い。

 

 

 

 

 

 

 

 ・ 献花いま百合の季節や原爆碑   後藤比奈夫合

 

コメ欄は閉めています

 

 

コメント

キャベツ苗を植える

2018-08-08 06:07:59 | 自然  家庭菜園・国府台

 吐息の野菜に恵みの雨、ラッキー!!

 

雨降りを殊の外に喜んだら、

広島、岡山、山形等など水害に合われた方々には申し訳ない。

昨日、キャベツの苗を移植した。

何となんと恵みの雨、乾き切っていた大地にゴクゴクと喉を鳴らして

吸収する声が聞こえるようでした。

 


キャベツの育苗、順調に育つ

 


買い物袋ビニールの底を切る、四隅に竹棒
風よけ、虫よけに良い


  有り難や、恵みの雨が降りました。

 

   ・ 猛暑なり吐息の野菜恵み雨  (縄)

 

コメ欄は閉めています。

 

 

コメント

72候、立秋初候

2018-08-07 06:18:41 | 総  季節の暦

涼風いたる
秋の涼しい風に替わり始める

 

 

秋の気配の始まりとしています。

... 猛暑、 炎暑、酷暑もやがて果てる時が来て、秋になる。

 

 

 


鈴虫 (昆虫図鑑HPより)


乗鞍高原にて、蔵出し画像

 

昨晩〈6日〉の雨は良きお湿りでした。

窓を開けて寝ていたら冷気を感じ、ガラス戸を閉めた。

高原にもそよ風が吹き、ススキを揺らす季節が真近い。

秋の気配を感じた今朝でした。

 

 

 

コメント (12)

起き抜けの朝を生きる

2018-08-07 06:11:22 | 報   NHKラジオ深夜便

NHK[明日への言葉に」
勇気付けられて、get up

 

中野孝次著・『幸せな老年のために』を読んでいる。

クリック拡大

10頁読み進むと、「生命力を生かすも殺すも意志」と言う欄に出会った。

著者は朝5時に起きると言う。

ふと私と重ねられる部分が有るので作文してみた。
先に読み進んだ。

 

著者は、朝5時に起きると、布団の上に正座する。

「汝(ナンジ)、きょう一日を生きる気があるかと自問自答する」

私の場合は、NHKラジオ深夜便を4時06分から聴く。
暗闇の中、イヤホーンを耳元に差し込んだ音色は脳裏を突き刺すように老体の頭にしっかりと刻み込まれます。
出演者の話し言葉によって、
人は彫琢するとこれほどまで感動させるのかと感心することが有る。

 


 

放送を終えると寝ていることが恥ずかしく、
気持ちや身体が起気を催し、ムックリと身体を半身に立ち上がる。
(番組のすべてではなく、内容によっては至宝の番組です)


 


 

5時チョイト前に布団を蹴って起きる。
(寝るのが早いから、十分睡眠を取ったからかもしれない。)

今日を精一杯生きるぞと、自分自身にハッパをかける。
そうでもしなければ80歳の老体には、これから始まる1日に打ち勝っていけないばかりか、朝を清々しく迎えられない。

夏の朝5時と言えば、夏の太陽は東の空から上がり、
あの橙色に染まった空は打ち消され真っ赤な太陽が
燦燦と大地に注ぎ始める時刻。

窓を開けると、朝の新鮮な風が吹き込む。
先ずは生理現象での放尿と、WCに向い溜まっていた尿を放出しスッキリ。

顔を洗いて、パソ部屋の机に向かう。

「明日えの言葉」の出演者はどんな方、どこの生れ、小さい時は
どんな生活環境…と先ずは検索し、ヒットした項目を一読する。

新鮮な外気を胸いっぱい吸った身体は、
脳が新鮮です。腹に力が入る。

朝の頭脳は元気があり、何の妨げがなく柔軟に対応し、働きがすこぶる良く、能率が上がります。

あれ、それ、これと言いながらも文章が書き進む。・・・・・と言うのは、昨日の残したブログのコメントの点検と新たなる更新のブログ記事へと、取り組に掛かる。

ブログの記事は、何時も1~2ストックがあるので、
再度推敲して投稿する準備に入ります。
(わがブログは誤字脱字が多くご迷惑をおかけしております)

思いついたことを何時もメモして置き、作文に活用と心掛けています。

我が家の隣に、一年ほど前からコンビニにがオープン。
我がパソ部屋のベランダに出て下を覗くと
駐車場の車と店の状況が分かる。

パソの区切りの良いとき、外気を吸いに外を見渡します。
買い物を済ませ、ビニール袋をぶら下げて車に乗り込み、エンジンを
吹かし立ち去る姿が目に入る。

コンビニは朝の六時となると、車の出入りが急に忙しくなります。

時計を見ると6,15分ラジオ体操に急がねばならない。

夏休みに入り小学生と一緒に、老若男女が一堂でラジオ体操です。

先日などは、ラジオ体操会場へ
大型運転のドライバーが道路脇に車を止めて、飛び入りの仲間

10分ほど身体を動かして
「有り難うございました、今日の仕事を頑張ります」
と言って出発した。

 

◎ 時間に余裕のある方は、
「ラジオ深夜便」『聴き逃しサービス』が、
有りますからお聞きください。

「明日への言葉」アーカイブ

  

 

 

コメント欄は閉めています。

 

 

 

コメント