日々是好日・スローライフ

・日常・創る・彩る・考え・綴る
・フジノ会・探検団・句会―かめの会
・家庭菜園 ・ 芽生え成長・収獲


中野区、巨木(椎)

2018-10-19 09:39:56 | 紀  フジの会 ・ 街歩き

 旧名主家(山﨑家)庭園寄贈、茶室公開 
庭の寒山拾得 石像

 

 

中野区江古田にある区立歴史民俗資料館の脇に、

江戸期の旧名主家(醤油屋)の茶室・巨木があるというので≪フジノ会≫で行ってみた。

旧名主家(山﨑家)の歴史は、初代喜兵衛が本家から独立したことに始まります。

農業のかたわら、醤油醸造にも進出し、有力な商家となりました。

その隆盛ぶりは、江戸の文人たちの紀行文に、その名が記されたほどでした。

庭園が寄贈され、中野歴史博物館、庭園、お茶室が公開されている。

  


近くのバス停、江古田1丁目。

 
黄色い〇が庭園と茶室です。

 

 
民俗資料館、庭園の歴史書きされている。

 


庭園内の様子。

 


案内板

 


椎の木枝葉部分

 


庭園内の巨木です。樹齢500年、椎の木です。

寒 山 拾 得

二人とも、実在の、唐代の詩人です。

    拾得のほうは、はっきりしない点があるようですが、作品は残っています。
       寒山詩によれば、「農家の生まれだったが、本を読んでばかりいて村人にも妻にも

うとまれ、家を飛び出して諸国を放浪した末に天台山に隠棲した。

既成の仏教界からも詩壇からも離れた孤高の隠者として300余首の詩を残した。

寒 山 詩 


寒山が経巻を開き、拾得がほうきを持つ石像です。

 
 茶  室 


とても大きな2間続きの茶室でした。

茶室の大きさから
江戸時代の旧名主家(山﨑家)様子を伺う事が出来ます。

 

 

コメ欄は閉めています
お越しくださって有難うございます。

コメント

皇居東御苑、天守閣遺跡(石積み)

2018-10-19 05:08:08 | 紀  現場にアタック、何でも

 石垣を見て,何故崩れないか!?
   「角石」をジックリ観察ください。

 

 

皇居東御苑に出かけ、天守閣遺跡に登りました。

 

   

 



この石垣の構造をジット!見つめて
ください。
石垣の本質が見えてきます。



 

 

 

石の力学

地震が来たらその揺れは、 

中心へと石の力学で集中し、石垣そのものを一層強固になるのでしょう。

まさに九州の石橋の原理を、生で見ました。

むかし人の鋭い技、原理を教えられた。 

 

 

 

 コメント close 

コメント

24節気、暮らしで愉しむ

2018-10-18 08:03:10 | 総  季節の暦

霜降の季節がやって来る

 

 

霜降や人肌の席ゆずられし  北川英子 

 

 

 

 

 いこの間までキラキラ輝いていた露が、

北国や早い所では、霜に替わり始めるころとなりました。

 甲府地方気象台は9月26日、富士山の初冠雪を観測しました。

これは記録に残らないそうです。

地表が0度近くになると、現れる霜は、

踏むとサクッとした感触で、子どもたちには大人気。

朝の学校に通うそのむかし、

畦道に入り≪踏むあのサクッとした感触≫が、懐かしい。

一方農家にとっては、あまりにも早い霜は、

作物に被害をもたらす天敵です。


 

 10月23日からは、24節気の「霜降」で、

読んで字の如く、霜が降ると言う意味です。

霜降が過ぎれば、立冬となるので、まさに秋から冬へ

変わり目にあたります。


 

今朝(18日)ラジオ体操に行くと、みなさん何がしかの上着を纏い、

身体を動かし1枚脱ぐ、そんな状況が見られた。

ラジオから今朝の気温が、14、5℃と流れて来た。

朝の挨拶で、だいぶ冷え込みましたね…と交わした。


 


長野、稲荷山にて

 

 の頃は、来る冬に備えて、障子の張替時期とされています。

空気のフィルターを兼ねている障子は、

張り替えることで、気持ちも身体もスッキリです。

幼少時に障子張で、やや斜めにしてジョウロで満遍なく水で濡らし、

水が滲み渡ってから、丸棒で巻き取った覚えがあります。

冬に向けて準備しているのは、木々も同じで、

日を追うごとに葉が赤や黄いに染まってい来ます。

間もなくすると紅葉の真っ盛りです。

 

んな雑事で一息ついた時は、

お蕎麦屋さんで新そばをすすりたい頃です。

今年の収穫したそば粉で打った、新そばこそが美味いです。

香りも高くコシも風味も抜群です。

お蕎麦屋さんに足を運んで、一献傾けながら、そばを食べれば

新そばの味が倍加いたします。


そば打ち、水元学び交流館にて

 

 の上では、秋も残りわずかです。

実りの秋に感謝を告げ、冬を迎える準備を始めたいものです。

 

 

 

霜降や極暑の月日振り返る  (縄) 

 

 

コメト open 

コメント (9)

中野哲学堂

2018-10-18 06:07:40 | 紀  フジの会 ・ 街歩き

哲学堂の歩き方

 

 

明治三十七年に哲学堂が開堂し、 大正四年に現在の公園の景況がほぼ出来上がった..

創始者・ 井上円了は 、 庭内に七十七場を整備し、その 〝歩き方〟 を提示しながら

 哲学堂で得てほしいと願う。

・・・・が、見たり読んだりしまして、理解できるものと思い纏めに掛かりました。

全くチンプンカンプン、従って哲学堂公園には、この様な建物が有りましたと、

画像の羅列だけにしました。

 

 

 


案内図

 

 

 


四 聖 堂 

 

 

 


仏教の開祖として知られる「釈迦(しゃか)」は、

「自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを

知らない人間より賢い」とする。

“無知の知”を唱えた古代ギリシャの哲学者「ソクラテス」、東洋哲学の孔子、

近世哲学のカントを奉祀しています。

≪無知な人が賢い!≫ これだけ解りました。

 

 

ココメト close 

コメント

5行歌、大先輩と思った…!!

2018-10-17 07:04:27 | 文学 五行歌

後期高齢者!

 


忠犬ハチ公、渋谷
五行歌とハチ公は何ら関係ありません。

 

 


人は見掛けによらぬもの!!

何でもそうですか、自ら本質を見極めないと、その責は

我が身に降りかかる。

 

 

 ココメト close

コメント

妙正寺川付近散策

2018-10-16 06:22:17 | 総  そ の 他

哲学堂の下
妙正寺公園近辺を散策、栗甘露煮・差し入れ

 

 


妙正寺川公園
新井薬師を出て、中野通りを歩き、妙正寺川に突き当たる。

 


なんだか水と緑があるとホッとする。

 


緑あるところには必ず湧水あり、

☆ 風光る湧水の草伸びて在り  (縄)

 

☆ 手のひらに伸べし掛井の水つめた  (縄)

  木道を狭めて歩く薄かな (縄)

 

☆ 鯉泳ぐ緑の陰に見逃して (縄)

 



☆ 流れ来る湧水光る石の上  (縄)

 

☆ 土手下の妙正寺川瀬音きく  (縄)

 



☆ 
木漏れ日や先頭を呼ぶ声がする (縄)

 

≪事なきを得たであろうか?≫

  ベンチにいる男女2人、近寄ると年寄ベンチに寝て居る人あり。顔色悪し,気分悪いとのこと。
救急車119に電話しなさい!!アドバイス。場所が分からなかったら?指令室から折り返し電話がかかるから、
まずが電話しなさい!!と言い別れた。

119電話すると、先方から積極的に聞いて来る。
相手はプロ、電子地図がバッチリ備え付けてある。
119指令室が、電話を切らない限り、いつまでも電話は接続している。

119番指令室が良きに計らうから心配なし。 担当者は担当区域を、くまなく歩いて実査済です。
地図を見ながら、救急車に指令を出す。
≪裏話をコメント欄に記してあります≫


ホッと一息!東屋で休憩。緑の空気を肺胞に一杯吸い込んだ。

 

☆ 美味しいと皆の笑顔が栗弾け  (縄)

 


↑ 二枚写真、差し入れ栗の画像、甘辛煮。good  good Hさんに感謝

☆ 差し入れの甘栗食べて元気出す  (縄)

 


東屋にて休憩10分、哲学の道を、勉強すべく石段を登ります。

 


哲学とは・・・・、
「悟りを理解する事なり」!!。哲理の道理を学ばねば、分らん…?
哲学堂にて、教えを学ぶことにしよう!!

 

 コメントopen

コメント (13)

思いつくまま、気の向くまま綴る

2018-10-16 05:56:24 | 文学 川柳、短歌 俳句 詩

 自 然 讃 歌

 

 

 
多摩川上流、御岳駅付近


白川郷の紅葉、3段染めが見事でした


奥多摩むかし道にて

 

自然への戯言(たわごと)  

紅 葉

 

山があるから、森や林が、

林があり森があるから山になる

吹き抜ける風が清々しい

木々が集まり林となる。


木々は沢山のみどりの葉っぱが

生い茂り花や実を着け、

四季により色を変え、

秋は、燃えるような紅葉が美しい。

 

錦織なす全山紅葉は

頂から麓へと下り降りる

日本列島は北から始まり南下し

山は赤や黄色で燃え上がる。

 

秋の夕日に照る山もみじ

濃いも薄いも数ある中に

照る山もみじを裏側から見たとき

それはそれは美しい。

 

春の桜前線、秋の紅葉前線

・・・が、ありますが

紅葉前線を見極めるのは

自然との勝負、これが難しい。

 

最近山歩きは、体力的にしんどい

山に入りて、深呼吸

山空気を肺胞一杯に吸い込む

美味い、疲れが一気に吹っ飛ぶ。

 

多摩の”高尾山”にでも

足を延ばして来ようか・・・・な

紅葉はこれからが見ごろ

朝夕”寒い”そんな季節に入った。

 

東京の紅葉情報  

 

 

 ココメト close

コメント

新小岩東北広場祭り

2018-10-15 06:00:10 |  紀  イベント・催行

JR新小岩駅南北連絡通路完成
チンドン屋さん祭り盛り上げる

 

 

南北通路  が完成したとのこと行って見た。 

 

新小岩北口広場の整備拡張

 
A,新小岩東北広場バス操車場   B、スカイデッキ通路 
 C、新小岩地下連絡通路

JRs新小岩駅北口は本当に狭く南北の通路も矮小でとても不便した。
バス発着所がAに出来て,Bのスカイデッキで結ばれて
便利になりました。


モンチッチは1974年にセキグチより発売。
体はぬいぐるみ、顔と手足はソフビの人形で当時は全く新しい人形と言われ、
発売当初に爆発的ブームを起こしました。
このセキグチがここ新小岩です。



チンドン屋さんは街を練り歩く。

 

 

車 展 示


レーシングカーレーサー、吉成一成さんの車


白バイ


水陸両用車(愛称「すぃ防」)
災害時に陸上だけでなく、水上も走行できる車両です。地域の防災訓練で体験乗車を実施します。


水陸両用車説明板

 

久方ぶりにチンドン屋さんを見た、いいもんだ。

お子さん達は初めてが多いらしくハシャグ!

大人たちは子供心の時代にカムバックし懐かしむ、これに紙芝居でも

有ったら、昭和の一風景を切り取ったようです。

チン➡鐘、 ドン→太鼓、クラリネット➡?

 

 

 ココメト close

コメント

菜園点描、2の2

2018-10-14 06:32:47 | 自然  家庭菜園・国府台

 もう1カ所、Mさん別処の菜園、漫遊記

 

 

隣のMさんは、もう1カ所、

別の菜園,高台から下った江戸川地区で精を出している。

通りすがりですから立ち寄ってみました。

バラいティに富んだ諸作業、柿、キイウイ、茗荷を栽培する人も様々でした。

耕運機で耕している人も様々でした。


四角が、もう1ヶ所のMさんの菜園、   丸が縄文菜園。

 


Mさんの畑に大きなミョウガが


縄文さん取っていいですよ!というので頂いた。
香りがよく、みそ汁に入れたり、お味噌で食べました。大好き、ウマカ~・・・・・。

 


キーウイが沢山生っていました。


トタン板の向こうは、農家の梨畑です。
森が見えますが、この上に縄文農園が有ります。


江戸川土手下では柿が熟れていた。


ビニール温室


Mさんではありません。
この方は、菜園に手慣れた人でした。千葉の鴨川の方でも耕作してると話していた。
ビニールハウスもこの方の工作でした。

 

所変われば品替わる、いろいろな方が居るので

野菜の種類、栽培方法等、愉しく勉強になりました。茗荷のお土産付きでした。

また発信します

 

 

コメントopen 

コメント (8)

菜園点描、2の1

2018-10-14 05:46:26 | 自然  家庭菜園・国府台

 猛暑&強風に何とか生き延びて・・

 

 


間引き後の大根

 
       小松菜         ブロッコリー(バッタに無残に喰われましたが、5株残る)
                 キャベツ全滅


ネギは暑さに強いですが、今年の猛暑には痛めつけられた。
また台風24号で葉柄部分が折れた。

 
里芋が少々片隅に植えてあります。

 

農業は、自然を相手にする仕事です。

今年は、この自然を、イヤという程に味った。

猛暑、干ばつ、涸れる、台風、風、倒れる。

温暖化で年の気温1、5度上昇すると、日本の砂浜の半分が消えるという。

海面水蒸気が上昇して、局地豪雨や水害を招くと言う。

 農業は、自然相手の大変な重労働で、天候の状態でどうにでもなる。

大変な割の合わない仕事です。 

 

 

 コメト close

コメント

72候、寒露・次候

2018-10-13 07:57:27 | 総  季節の暦

菊の花ひらく

 

日本の国花・菊の花。 

 11月に入ると、

待ってましたとばかりと菊花展が、各地で催うされます。

我が家の菊も、蕾が開き始めました。

 

 

 


江戸川区、善養寺菊花展 2017,11,13撮影

 

 ご隠居さん 何だか嬉しそうだね

昨夜 7時半から テレビの見ていたら

サッカー日本代表の パナマとの親善試合。キリンカップ。

FIFA70位だからと思ったのに ロシア大会に出ているチーム。やはり強い。

結果は 3対0で勝利、気分ヨカヨカ。

やはり、勝負は勝つと嬉しいね!!


プロ野球もクライマックスシリーズ。

負けると監督さんの責任・・・!? 監督さんが辞めたり復帰したりしたね。

Y婦とパナマとの親善試合を見ていて喜んでいた。今朝は早起きで、わが道を行く

≪万歩クラブ≫で、出かけた、熱海から船で…夕に帰ると。

 



   ☆ 菊作り日夜丹精陰の人  (縄)

 

 

コメト close 

コメント

バーチャルな世界

2018-10-13 06:17:52 | 文学 五行歌

 blog

 心の交差点・五行歌

 

 

 

 
畑の仲間が、茗荷が出ているから採っていいよ!
香りが好きなので頂いた。

 

 

 

 

コメト close 

コメント

新小岩駅、南北通路完成

2018-10-12 12:01:34 | 総  そ の 他

JR新小岩南口後背地は
江戸川区の行政区域で占められている

 

 

葛飾区の地図を広げて、新小岩南口をご覧ください。


行政区域境を見る
総武線を挟んで上部葛飾区、下部江戸川区
区堺・・青線


面積的に、葛飾区の地域はほんの僅か、後背地は江戸川区です。

JR新小岩駅は、行政区域で江戸川区に属しても不思議ではない。

新小岩南口が、何か隘路に押し込められていた感があった。

南北通路がウイングを大きく広げてゆったりして、6月に開通した。

葛飾区&江戸川区の両者が、長年の懸案を、今此処に完成!!

縄文人のうがった見方であろうか!? 

新小岩駅南北通路完成  

 

久方ぶりにJR新小岩駅を訪れたが、 
随分と変わっていた。

 
JR新小岩駅北口の拡張発展の様子

A,新小岩東北広場バス操車場   B、スカイデッキ通路  C、新小岩地下連絡通路
JR新小岩駅北口は南北の通路もなく本当に狭く、とても不便した。バス発着所がAに出来て,
Bのスカイデッキで結ばれて便利になりました。


南北通路工事概略図


南北通路、北口方面から見る


広々としてとても便利になりました。


JR新小岩駅前南口の佇まい


JR新小岩駅工事に関する掲示、葛飾区


新小岩駅南口のアーケイド、ルミエール。

 

地下広場がウイングを広げたので、

江戸川・葛飾両区がガッチリ握手したように感じた。 

 

 

 

コメト close

 

コメント

10/8,体育の日

2018-10-12 07:06:26 |  紀  イベント・催行

葛飾区運動会が、近くのグランドで
見学方々参加・・・。

 

 

葛飾区スポーツフェステバルが行われた。

奥戸総合グランドが、近いので行って見た。

町会単位、子供さんを中心として、その中に様々な競技が組み込まれていた

親子混合リーレーは、迫力があった。

 

 管理運営方法が以前と全く変わった。

「指定管理者制度」 

☆ フェスティバル アーチ潜れば 住民税

 


開会式
各町会単位のチビッコが集合。

☆ 町会の チビッコ走者 大集合 

 


先ず身体を解すためのラジオ体操。

☆ 転んでも 怪我が無きよう 準運動

 


町会単位のリレー競技が声援の渦!!、葛飾青木区長が耳をふさいで号砲一発

☆ 号砲が 鼓膜つんざく 耳ふさぎ

 


葛飾郷土カルタ組み合わせ徒競走  
 絵カルタを拾い、次に字カルタを拾い合わせ、ゴール。

☆ 爺婆も 競争なしで カルタ取り

 


高校生のブラスバンドの生演奏

☆ ラッパ吹く 高鳴れ響く 鼓舞高し


 

☆ これ何ぁに 中で子供ら ホッピング

 


馬への騎乗コーナーもありました

☆ 馬の背で 来年こそは 万馬券

 


体育館前の喫食コーナー

☆ 先ず食べる 腹が減っては 遊べない

 


弓道への挑戦

☆ 弓道で 戦国武将 学ぶ子ら


 


皆さん楽しそうに、スポーツを通して楽しんでいました。

☆ 輪投げかな いやいや違う 何かしら

 

室内スポーツセンターを一巡して、

トレーニングルームで、機械器具を使って熟年者が筋肉運動に汗を流していた。

ちょっと興味が湧いた。下調べをして見よう・・・な。 

体力増強のために!

 
体育館トレーニングルーム

  

 

 コメントopen

コメント (12)

72候、寒露・初候

2018-10-11 05:29:57 | 総  季節の暦

 こうがんきたる

 

 寒露です。

夏がおわり、夏の鳥と、冬の鳥が入れ替わります。

越冬の準備ですね。

水温も下がり傾向です。

 

 寒露とは・・・
寒露の候は「草木に降りる露も冷たくなって

来る季節になりました。」
という意味です。

 

 

 


雁の群れ日本に来る、  Pcからお借りしました。

 

 

 ・ 雁の群れ飛ぶ低くして首のべて  (縄)

 

 

雁(がん) と 鴨(かも) の違いが わかりました
小さいのが 鴨で 家畜にしたのが アヒル だそうです

 

大きいのが 雁で 家畜にしたのを ガチョウ だそうです
でも アヒル と ガチョウ の違いがわからない・・・。
 
???????????????????

 

 

コメト close

コメント