東京新聞寄居専売所

読んで納得!価格で満足!
家計の負担を減らしましょう!
1ヶ月月極2950円です!
アルバイト大募集中です!

今日の筆洗

2024年06月15日 | Weblog
 『尾州不二見原』は浮世絵師葛飾北斎の『富嶽(ふがく)三十六景』の一つ。桶(おけ)を作る職人を手前に描き、背景に富士を配す▼場所は尾張国の富士見原で今の名古屋市中区富士見町周辺。富士見という地名だが、実際に富士は見えない▼岩波文庫の『北斎富嶽三十六景』で日野原健司さんが書いた解説によると、富士見原の名の通り富士が見えたとの記録が残るが、南アルプスの聖岳を富士と誤ったもの。見えぬ山だが、恐らく北斎は富士見原という地名から富士を描く着想を得たと推測する▼見えなくても富士見と名乗る例があるほど富士を敬う日本人。実際に見える東京都国立市の富士見通り沿いで、完成間近だった10階建て分譲マンションの解体が決まった。「富士が見えなくなる」という周辺住民の声に業者が配慮したという。引き渡し予定は7月。土壇場での転換に驚く▼工事が進むに連れ、富士が隠れたと怒る声がインターネット上に拡散した。以前にもマンションの高層階撤去を求める訴訟が起き、景観への意識が高い国立。「富士の眺望を奪った」と言われイメージが悪化するのを業者は恐れたのかもしれない▼北斎の尾州不二見原は手前の桶が巨大で、背景の富士は小さく目立たぬ構図。北斎の狙いは、鑑賞者に富士を発見させることにあったと日野原さんはみる。見つけたら「富士だ」とうれしくなる山。やはり特別である。
 
 

 


今日の筆洗

2024年06月14日 | Weblog
雑喉場(ざこば)は近世大坂にあった魚市場。上方の落語家、桂ざこばさんは二代目で1988年に襲名した。俳優の松方弘樹さんと共演した刑事ドラマの打ち上げが京都・嵐山で開かれた際、なぜか煮えたぎるしゃぶしゃぶ鍋に背中からはまり、裏返った亀のようにもがき背をやけどしたという▼応急で薬を塗ると皆の制止を聞かず一緒に2次会へ。祇園を上半身裸で歩き徹夜で飲んだが、翌日はさすがに激痛で仕事を休んだそうな▼破天荒で温かい人柄を愛した松方さんは、後の落語独演会のパンフレットに寄せた文で顚末(てんまつ)を明かし、ざこばの由来は「ざんねん、ころんで、ばかをみた」かと思ったとつづった▼ざこばさんがぜんそくで亡くなった。76歳。飾らない語り口でテレビでも人気だった。寂しい▼自伝によると、通天閣に近い大阪の下町に生まれ、小学生の時に両親が離婚。一時期ともに暮らした父親は雀荘(じゃんそう)に入り浸り、やがて線路に飛び込み逝った。母親を助けるため小中学生時代にアルバイト。大阪球場のアイスクリーム売りや新聞配達などに励み、学校はあまり行かなかったという。劇場に通って笑いに親しみ、15歳で桂米朝さんに弟子入り志願し、許された。濃厚な庶民性は苦労にも裏打ちされていたのだろう▼雑喉場は本来、雑魚と呼ばれる大衆魚を扱った。民のための存在。その名にふさわしい落語家の旅立ちを送る。
 
 

 


今日の筆洗

2024年06月13日 | Weblog
 「碧素(へきそ)」とは聞き慣れぬ言葉だが、細菌感染症を防ぐ抗生物質のペニシリンのことである。戦争中、日本では敵性用語であるとして「碧素」に言い換えられた▼「碧」とはペニシリンを生む青カビの青緑色を指す。この人も6千株のカビやキノコを試し、結果、京都市内の米穀店の白米についた青カビから人類の健康に役立つ「碧玉(へきぎょく)」を見つけた。1973年のことである。血中のコレステロールを下げる物質「スタチン」を発見した化学者の遠藤章さんが亡くなった。90歳▼高脂血症の治療に大きな効果があるほか、心臓疾患や脳卒中の発症率を下げる。「奇跡の薬」「世界で一番売れている薬」。その呼び名の通り、その発見は世界中のあまたの命を救った▼6千株のカビなどに当たった話もそうだが、「頑固」な性分とご自分でもおっしゃっていた。当初の実験では「スタチン」はラットに効かなかったそうだ▼ラットに効かぬものは人にも効かないというのが当時の風潮だったが、頑固者はあきらめない。ニワトリ、イヌ、サルで試し、その効果を実証してみせた。あの昔話はニワトリではなくキジだが、コレステロール退治に向かう、あきらめない桃太郎が浮かぶか▼ノーベル賞候補といわれながら、縁がなかった。「人の役に立つ」。若き日に立てた、その願いは実った。おそらくご自分でも想像できなかったほど大きく。
 
 

 


今日の筆洗

2024年06月12日 | Weblog

吉村昭さんの短編「山茶花(さざんか)」(新潮文庫『死顔』に収録)の主人公は保護司である。保護司になる前、その仕事が「全くの奉仕」と聞かされ、驚く場面がある。「未知の世界が社会の一隅に存在している」▼保護司という目立たぬ存在が社会の一隅から犯罪を抑止し、治安を支えてきたのだろう。大津市の保護司さんが、担当していた保護観察中の容疑者に殺害された事件がくやしい▼刑務所を仮出所した人や非行少年に対し就労支援や助言を通じて更生を支援する。相手とどう向き合うか。想像するだに難しい役目だろう。それを無給で引き受けていた方の命が奪われた▼保護司さんの自宅で面談中に切りつけた可能性があるという。世話になった人に向けた刃(やいば)が理解できない。保護司さんが更生という同じ目的を持った味方であることに容疑者はなぜ、気づけなかったか▼保護司は減少傾向にあり、高齢化も進む。保護司制度の歴史の中で保護司が凶悪事件に巻き込まれるケースは少ないとも聞くが、今回の事件で保護司離れを加速させたくない▼相手を恐れず、信用しなければ成り立たぬ仕事だが、その分、無防備になりやすいのは確かだろう。無防備さや無報酬であることが相手の信頼を得ることもあるが、少なくとも、自宅での面談などは見直しの必要もあるか。難しい問題である。まずは保護司さんたちの悩みを聞きたい。


売れてます。

2024年06月11日 | Weblog

夏の人気商品です。

まだ、まだご注文大丈夫です。


今日の筆洗

2024年06月11日 | Weblog
 「加賀様の氷」とは江戸の昔に加賀藩が将軍家に献上した氷のことで、その儀式は毎年、旧暦の6月1日に行われた。冬の間、金沢で貯蔵した雪を氷献上のため、江戸まで運んだ。氷を溶かさぬよう500キロもの距離を4日ほどで運んだというから飛脚も大変だっただろう▼余った氷は町家にも分けられ、藩邸には大勢の人が氷を求めて行列を作ったそうだ。そのころには氷もかなり溶けていただろうが、人々はひとときの涼を味わったか▼加賀様ではなくベネズエラの氷の話となる。こちらの「溶解」は深刻である。ベネズエラのシエラネバダ・デ・メリダ山脈にあったフンボルト氷河が消えてしまったそうだ▼熱帯のベネズエラで、氷河とは不思議に聞こえるか。高い山に形成される山岳氷河で、同国にはかつて六つの山岳氷河が存在し、フンボルト氷河が最後の一つになっていた▼最近の調査で、もはや氷河とは呼べないほど小さくなっているのが確認された。ベネズエラはこれですべての氷河を失ったことになる▼いうまでもなく、消滅の背景は地球温暖化で、専門家によるとインドネシアやメキシコなどの山岳氷河にも消滅の危機が迫っているそうだ。地球の気温が上昇する中、フンボルト氷河の融解は予想よりはるかに速いペースで進んでしまった。欲しいのは氷を溶かさない「加賀飛脚」のスピードを持った対策である。
 
 

 


今日の筆洗

2024年06月10日 | Weblog
「ここかしこの道に、あやしきわざをしつつ、御送り迎への人のきぬの裾たへがたく」…。「源氏物語」の「桐壺(きりつぼ)」に出てくる。帝(みかど)の寵愛(ちょうあい)を受け、子を授かった桐壺の更衣は周りからねたみを買い、いやがらせを受ける▼「あやしきわざ」とは何か。高校の古文の授業中、先生から質問の不意打ちを食った同級生の回答を思い出す。「落とし穴をつくった」。なかなかの名答だと思うが、動物の糞(ふん)などの汚物をまき散らしたというのが一般的な解釈である。そんなものをまいて女房たちの裾を汚させるとは悪質極まりない上、子どもっぽい▼千年前の物語の話ではなく、現代の「あやしきわざ」の子どもっぽさにあきれる。北朝鮮が韓国に向けてゴミや汚物などをぶら下げた風船を大量に飛ばしているそうだ。たばこの吸い殻やビニール、動物のふん尿も混じっているとか▼風に乗ってソウル近郊に数百個が到達したと伝えられる。大きな危険はないそうだが、風船の届いた先はいい迷惑だろう。なにより「悪意」でふくらんだ風船が気味悪い▼韓国の市民団体が北朝鮮の体制を批判するビラを飛ばしたことへの報復措置らしい。風船は北からの「誠意ある贈り物」であり「拾い続けろ」とはおだやかではない▼風船が運ぶのはゴミばかりではなかろう。子どもっぽいとはいえ、あやしき風船がさらなる南北の緊張を運ばぬことを願う。

 


販売中です!

2024年06月08日 | Weblog


今日の筆洗

2024年06月08日 | Weblog
 ドラマ、映画の『踊る大捜査線』は織田裕二さん扮(ふん)する主人公、青島俊作ら一線の刑事と、警察組織を率いる高級官僚との確執も描く▼都道府県警察やそれを司(つかさど)る警察庁で要職を歴任する「キャリア官僚」。劇中では手柄を争い、保身に走り、現場を軽視し、会議室にこもり指揮をとる▼青島の有名な台詞(せりふ)「事件は会議室で起きてんじゃない。現場で起きてんだ」は勝手な上層部への叫び。柳葉敏郎さん演ずるキャリア官僚室井慎次は青島らに味方し上司と衝突するが、例外である▼キャリア官僚である鹿児島県警トップ、本部長が身内の犯罪を隠蔽(いんぺい)しようとしたとかつて部下だった県警の前生活安全部長が訴えた。前部長は職務上知り得た秘密を退職後に漏らしたとして逮捕されたが、在職中の警官の盗撮事件で指揮役の本部長が「泳がせよう」と言って摘発しようとしなかったことに失望。自身の定年退職後も事件が表に出ないので文書を記者に送ったと裁判手続きの中で明かした▼前部長は県警採用のたたき上げ。「自己保身を図る組織に絶望した」と言うが、本部長は隠蔽の指示を否定する。『踊る大捜査線』でも警官の不祥事を上層部が隠そうとする話があったが、前部長の話が事実なら映画顔負けである▼劇中、良心派官僚の室井は「組織の中で生きる人間こそ信念が必要だ」と言った。本部長にそれはあったのだろうか。
 
 

 


今日の筆洗

2024年06月07日 | Weblog
十年一昔。10年たてばもう昔と考える人がいるほど、その歳月は長い。竹下登元首相が若い時、いつか首相になりたいと宴席で「10年たったら」と戯(ざ)れ歌を歌った話は知られる▼<講和の条約 吉田で暮れて 日ソ協定 鳩山さんで 今じゃ佐藤で 沖縄返還 10年たったら 竹下さん トコズンドコ ズンドコ>▼佐藤政権の内閣官房副長官だったころでまだ現実の首相候補でないから歌は永田町で笑って許された。「10年たったら」は厳密な時期でなく「遠い将来」といった意だろう▼政治とカネの問題を巡る政治資金規正法の改正で、修正を重ねた自民党案が衆院を通過した。政策活動費の使途の領収書は10年後に公開するらしいが、なぜ10年後なのか。法に違反した時の公訴時効は5年だから領収書で不正が分かっても罰せられないという野党の批判はもっともと思える。細則未定で10年後公開の領収書が黒塗りだらけの恐れもある▼守るべきプライバシーもあろうが、速やかに多くの情報を公開してこそ信は得られる。政治資金パーティーの券購入者名の公開基準額引き下げなど自民は努力した気かもしれぬが、企業・団体献金は温存。自民は変わったとまでは評せまい▼十年一日は、長い間少しも変わらないことをいう。同じやり方を辛抱強く守るなど肯定的な意味でも使うが、世の中、変化してこそ永らえる場合もある。