東京新聞寄居専売所

読んで納得!価格で満足!
家計の負担を減らしましょう!
1ヶ月月極2623円です!
アルバイト大募集中です!

今年もお世話になりました。

2017年12月31日 | Weblog
今年も残りあと5時間弱となりました。ブログを見て頂いた方々、ありがとうございました。気に入ったダンスの動画と筆洗で気になったことを適当に張り付けてます。
来年も宜しくお願いします。
コメント

今日の筆洗

2017年12月31日 | Weblog
年末年始になるとあわただしさの半面、昔のことを思い出すのはなぜだろう。懐かしい気分になる。心地良くもある▼大掃除に松飾り、お節料理の準備に紅白歌合戦。コタツの上のミカン。昔からの年末年始の習慣が子ども時分の記憶や光景を呼び覚まし、懐かしく、温かい感じを与えてくれるのか▼そう思っていたら、「ひよっこ」「最後から二番目の恋」などの脚本家の岡田恵和(よしかず)さんのエッセー「TVドラマが好きだった」(岩波書店)の中に年末年始の懐かしさの理由のヒントらしきものがあった▼岡田さんによれば、家族であろうと他人同士であろうと「人と人が話をすること、本音をぶつけあうこと、許しあうこと、本気で喧嘩(けんか)すること」。そういう場面をドラマで描くと視聴者から必ず、「懐かしい感じがする」という感想が寄せられるのだそうだ▼人間のつながりがやや淡泊な現代だからか。ともあれ懐かしさの原因は人と人のつながりかもしれぬ。なるほど年末年始は人が集まりやすく、遠く離れていた人が家に帰る団らんの季節でもある。その中で「人と人が話をする」「許しあう」。心地良い懐かしさを醸し出しているのはやはり人間である▼さて、小欄も今年はこれまで。良いお年を。帰省するかどうかで迷っている人はできることなら、鞄(かばん)を手に駅へ急いでいただきたい。懐かしさを待っている人がいる。

 

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】【電子版】【電子版学割】

関連記事ピックアップ

19年は天皇誕生日なし 皇太子さま2月生まれ

(2017年12月1日)

少女画、芸術かわいせつか論議 NY、バルテュスの絵画

(2017年12月24日)

米長官を「科学台無しに」と批判 英ネイチャー、今年の10人で

(2017年12月19日)

核ごみ説明会 新たに学生79人動員

(2017年12月28日)

「Xマスなければいい」 シングルマザー3人に1人

(2017年12月16日)

貴乃花親方、理事解任を決議 相撲協会、来年1月に正式決定

(2017年12月28日)

マンガでわかる!年収500万円からはじめられる"アパート経営"とは!?

PR(アパート経営のシノケン)

腸内口臭ってご存知ですか?歯を磨いても消えない口臭の画期的な解消方法!

PR(爽快クリア)

Recommended by

PR情報

【大人の身だしなみ】致命的な歯の黄ばみを簡単に白くする方法がスゴイ



化粧でも隠れなかった赤ら顔が86%改善した赤ら顔専用化粧水…

最新記事



年末年始になるとあわただしさの半面、昔のことを思い出すのは…(12月31日)

世界には、奇妙な法があるものだ。米国のジョージア州のある町…(12月30日)

<磁石は、古代以来、ときには宗教的祭儀に供され魔術の小道具…(12月29日)

こういうなぞなぞがある。ガラスのコップに一度入れたら、取れ…(12月28日)

犬もカラスも昔は足は三本だった。不思議な話だが、能登地方に…(12月27日)

作家の山口瞳さんが二十歳の若者に向けこんなことを書いていた…(12月26日)

企画特集



東京都電diary

あなたと都電の物語が、新聞紙面で
走り出す。受賞作品公開中。

 

アクセスランキング

東京新聞

地方版記事

 

【政治】加計だけ2大学に補助金 16年…

【政治】加計だけ2大学に補助金 16年…

【社会】路上で刺され男性死亡、京都 も…

【社会】東京・渋谷センター街、ビル火災…

【暮らし】消費トレンド どうなる?どう…

特集・連載一覧



写真広場

写真部のカメラマンが撮影した数々のカットから、お薦めのもう1枚を紹介します

 



糧ことば

働くママたちが心の支えにしている言葉を紹介。投稿も募集しています

 



東京レター

東京で暮らす外国人たちが、手紙スタイルでつづる「東京生活」

 

首都圏高校野球

スポーツのしおり

ふくしま便り

ドナルド・キーン

号外一覧

生活図鑑

ビジュアル夕刊

望 ~都の空から

特定秘密保護法

探訪 都の企業

大図解

きょうの運勢

 

本紙へのご意見・投稿

お問い合わせ

東京歌壇 東京俳壇

政治に対するご意見

300字小説募集中

「発言」欄への投稿

ほっとコラム募集中

 

イベント・出版情報



至上の印象派展

来年2月14日から国立新美術館で開催。最高峰の印象派コレクションを紹介!

 



モネ それからの100年

モネの魅力を再発見!
来年7月14日から横浜美術館で開催

 



東京マラソン2018

世界最高峰の市民マラソン大会が2月25日(日)に開催!

 



フォーラム スポーツのチカラ

2018年1月28日(日)東京体育館で開催。聴講者募集中

 



<東京新聞の本>

鎌倉&三浦半島
(樋口一郎 著)

山から海へ30コース

 

かのひと 超訳 世界恋愛詩集

第93回女流名家舞踊大会 チケット予約受付中

【PR】 イチオシ情報



都電サポーターズ紹介ページ開設

サポーターズの取り組みをはじめとし
様々な角度から、魅力を発信します!

 



都電DE俳句

都電に乗って楽しく俳句を詠もう!
参加者募集中!

 



あらかわフォト俳句コンテスト

荒川区の情景をあなたの写真と俳句で
表現してみませんか?

 



“Silenced Newspaper”

伝えきれなかった声を集めた極小新聞
その声を広げるサイトも同時オープン

 



大学、どう決める?

のびのびと、じっくりと
新たな大学との出会いはこちらから

 



東京自遊大学

「自ら遊んで、大いに学ぶ」好奇心と遊びゴコロを満たす講座が満載!

 



城南信用金庫が公式アプリを開設

いつでもどこでも
城南信用金庫がもっと近くに

 



こどもブックワールド

新しい絵本との出会いはここから
絵本のプレゼントもあります

 



東京くらしの伝言板

あなたの想いが新聞紙面に載る
個人広告欄の詳細はこちら

 



夢チューブ

中日新聞のクラウドファンディング
サイトで中部の地域活性化を応援!

 



介護初動ハンドブック

働く人の介護離職、介護孤立を防ぐ
介護者向け初期情報を一冊に

 



第24回 豆!豆!料理コンテスト

豆に関するおすすめレシピが満載

 



東京新聞 映画試写会

気になるあの映画を一足早く
ご応募はこちらから

 

東京23区の魅力再発見

中日環境ネット

 TOKYO Web提供サービス

携帯情報サービス

トーチュウF1EXPRESS(有料サイト)





 





会社案内

採用情報

購読申込

関連企業

ご質問・お問い合わせ

ウェブ広告掲載

新聞広告掲載

サイトポリシー

著作権

個人情報

リンク

Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.

コメント

今日の筆洗

2017年12月30日 | Weblog

 世界には、奇妙な法があるものだ。米国のジョージア州のある町には「フライドチキンは手で食べるべし」という条例があり、フォークを使うと逮捕される可能性もあるという▼伝統を大切にする英国には恐ろしく古い法も残っていて、たとえば、七百年前に制定されいまだに効力を保っているのは「議員は甲冑(かっちゅう)を着用して国会議事堂に入ってはならぬ」との法律。時代遅れもここまでくると文化遺産のようなもの。現実に支障は来さぬから廃止されなかったのだろう▼この国にも頭をひねらざるをえぬ規則は多々あろうが、「奇妙な規則の殿堂」ともいえるのが、学校だ。若者の支援をするNPO有志が理不尽な校則を募ったところ、あるわ、あるわ…▼「カップルは一緒に帰ってはいけない」は中学校の校則。「授業中のトイレは男子一分、女子三分程度にしなければ欠席扱いに」は高校の校則。「登山での水飲み禁止」と、恐ろしく時代遅れの校則もある▼さらに驚かされるのは、「誰かの校則違反を告げ口すれば、自分が過去に没収された漫画を返してもらえる」という校則。恋愛もトイレに行くことも監視され、密告が奨励される…とは、悪夢のような超管理社会ではないか▼理不尽な校則を一方的に押し付けつつ、「自分で考える力をつけよう」と諭す。学校とは「矛盾に満ちた社会の現実を教える場」ということか。

コメント

Marius Andrei-Balan - Khrystyna Moshenska, GER | 2017 World LAT - AOC Vienna - R2 R

2017年12月30日 | Weblog

Marius Andrei-Balan - Khrystyna Moshenska, GER | 2017 World LAT - AOC Vienna - R2 R

コメント

Andrey Gusev - Vera Bondareva, RUS | 2017 World LAT - AOC Vienna - QF C

2017年12月30日 | Weblog

Andrey Gusev - Vera Bondareva, RUS | 2017 World LAT - AOC Vienna - QF C

コメント

桂枝雀「阿弥陀池」

2017年12月30日 | Weblog

桂枝雀「阿弥陀池」

コメント

今日の筆洗

2017年12月29日 | Weblog

 <磁石は、古代以来、ときには宗教的祭儀に供され魔術の小道具に使用され、さらには医療の効能ばかりか魔除けのような超自然的な能力までが仮託されてきた>とは、科学史家・山本義隆さんの大著『磁力と重力の発見』の一節である▼近代科学が磁力の正体を次々と解き明かしてからも、事態は変わらなかった。十八世紀末には医学者メスメルが、心身の不調は天体が発する力が人体を流れる磁気を乱すのが原因だと唱えて、磁石を使った治療実験で人気を博した▼彼の治療は、検証実験でまやかしと分かったが、メスメルの名はmesmerise(メスメライズ)(催眠術をかける)との言葉を生んだという(ヴァーマ著『ゆかいな理科年表』)▼そんな「磁気商法」は今も健在のようだ。磁気治療器などを使った「預託商法」を展開していた「ジャパンライフ」が倒産した▼「磁気治療器を買い他の客に貸せば、年6%のレンタル料が入る」との触れ込みを信じ込ませ、約七千人と千七百億円余の契約を結んだというから、大変な催眠術だ▼狙われたのは「お金は持っているが、寂しい思いをしている高齢者」だという。この会社の関係者には、十六世紀の科学者ギルバートが、磁力を使えば永久機関が作れると唱えた輩(やから)に放った言葉を伝えておこう。「そういう嘘(うそ)八百の与太話をでっちあげ、まじめな学徒の心を惑わす輩は地獄に落ちよ」

コメント

みんなで防犯/交通安全

2017年12月28日 | Weblog

コメント

今日の筆洗

2017年12月28日 | Weblog

 こういうなぞなぞがある。ガラスのコップに一度入れたら、取れなくなるものは、何か? 答えは、ひび▼ガラスは人類が五千年ほど前から作り続けている、付き合いの長い素材だ。割れにくいガラスを職人や研究者たちは営々と追い求めてきたが、常識破りのガラスが見つかったようだ。「割れにくい」のではなく、「割れても、くっつく」という摩訶(まか)不思議なガラスが生まれたというのだ▼東京大学の相田卓三教授らの研究チームが開発したのは、「自己修復ガラス」。タンパク質など生体分子同士をくっつける「のり」づくりに取り組んでいた柳沢佑さん(33)が、ポリエーテルチオ尿素なる樹脂を溶かし固める実験を繰り返していて見つけたという▼透明な板にしたこの樹脂を割り、断面を密着させて数時間おけば切り傷が自然に癒えるように、ひとりでに接着してしまう。世界初という常識破りのガラスだ▼実はガラスとは摩訶不思議なものだそうだ。「ガラスは固体か液体か?」と問えば、「固体に決まっている!」と言われそうだが、事はそう単純ではない。その分子の並び方は液体のように無秩序で、しかも長い長い時間軸で見れば、分子が液体のように動くらしいのだ▼どう見ても固体なのに、液体のようでもある。そういう、なぞなぞのような性質を持つガラスだからこそ、常識を覆す発明も生まれるのだろう。

コメント

今日の筆洗

2017年12月27日 | Weblog

 犬もカラスも昔は足は三本だった。不思議な話だが、能登地方に伝わる民話である。三本の足の犬はある日権現さまに「どうかもう一本」と願い、ならばと権現さまはカラスの足を一本取り、犬に与える。それで犬もカラスも今の姿になったそうな▼犬が用を足す時、足をぴょいと上げるのは、せっかくいただいた足を汚さぬためというオチがつく▼犬は満足だろうが飼い主のほうはその犬の小用に悩みもする。散歩途中の壁や柱、植え込み。あちこちに粗相をされては世間さまに申し訳なく、そのたびにペットボトルの水で清めはするのだけれど、時にはここで用を足さないでと注意され、犬も飼い主も頭を下げて、しょんぼり帰る▼トイレに限らぬ。エサと水をきちんと与え、寝床を整え、散歩も運動もしつけも欠かせぬ。主人への愛情、友情というそれ以上の報酬を犬は支払ってくれるのだが、犬を飼うことには覚悟と体力がいる。いくつもの靴、眼鏡を破壊されても取り乱さぬ忍耐がいる。悲しい別れも来る▼犬猫の飼育調査によると、猫の推定飼育数が今年初めて犬を上回った。犬を飼わない理由としては「十分に世話ができない」の回答が多かったそうだ▼王座陥落に犬はがっかりするか。されど、その調査結果は、世話の覚悟がなければ飼ってはならぬというルールの定着した証拠でもあろう。犬は寂しい顔するまい。

 
 
 
コメント