中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

かなり変貌した「まるた小屋」、今や占いの館になってしまったようである。

2020-05-29 09:16:03 | 関帝廟通

 占い関係も①手相②タロット③気学④西洋占星術⑤数秘術⑥姓名判断と多彩。ほとんどわたくしとは縁が無いが、中ではどのくらいの占い師が、これらに対応しているのだろう。どうやら喫茶も併設しているらしい。以前の中華惣菜を販売していた面影は全く無くなった。でもどうしてこんなに中華街に占いができたかが不思議である。この騒ぎで大変だろうが、中華街全体も働き方改革の時期かもしれない。 

いよいよ警戒は開放されました。感染に気をつけて中華街で鋭気を養いましょう。

 

 

 

 

いつの間にか「まるた小屋」が占い館になってしまった。どうしてしまったのだろうか。

格安のラーメン・ティクアウトなどを扱うジャズの流れるテンポ「まるた小屋」が、しらすたこ棒?

まるた小屋「中国料理」①

2013-12-30 06:29:57 | 関帝廟通

まるた小屋「中国料理」045-663-7292

「特徴」
1.以前はその名の通り小屋のような店舗。2010年改修され内部はお洒落名店舗に変化。
2.ジャズや軽音楽がかかるお洒落なオーナー夫妻が経営する外観からは想像できない店舗
3.リーズナブルな麺を提供してくれる、ホットできる空間
4.中華街で少したべ、〆に訪れる人も多い
5.テイクアウトも可能、様々な煮物・焼き物が提供されている(豚足もおいしい)

「ランチ」 ランチとしてのメニューは特に定められていない。
ラーメン350円,フカヒレラーメン450円などリーズナブル。

 以前は「焼き豚専門」として,テイクアウトを中心に展開していた屋台風の店が,最近「ラーメン」「餃子」「ワンタン」等を安価で提供し始め,人気を出してきているようである。屋台の店は,店内にも10数名座れるようになっており,歩道に置かれたテーブルに置いても8名ていど座れるようになっている。何たって,公道まではみ出して座っているのだから,若者には興味をそそるロケーションではある。美味しそうなチャーシュー・豚足が店頭に並び購入されるのを待ちわびている。
 最もリーズナブルな「(チャーシューネギ)ラーメン」を頼んでみた。確かにチャーシューとネギは入っている。しかしながら,チャーシューは細切りのものが5本程度,ネギは輪切りである。わざわざチャーシューネギと歌うほどのものではない。フカヒレラーメンが450円で提供されているが,推して知るべしである。くわえて,量が少ない。1/2(半ラーメン)といった方が適切である。味であるが,やはり普通のラーメンの領域を出ない。スープも醤油が勝っていて風味には欠けるものがある。麺は,細麺だがそのものに個性が無く少し物足りない感じはする。
 そのほかのメニューを食べていた人がいた。400円の水餃子は4つほどしか入っていない寂しいもの。他の料理も同様の雰囲気はする。最近マスコミに紹介されることが多く,行列もできている場合があるが,私としては理由がわからない。
「再訪記事」
開帝廟通りの「まるた小屋」。以前は歩道で食べる店でだったが、次第に進化。最近は、細貝がカウンターを中心とした小さな店舗になっていた。低価格のラーメンを中心に、焼き物・豚足なども充実している。
ただ単なる安いラーメンではない。          火曜定休 11:00~02:00

 

 

 

600円以下の激安ランチ201204  

おおこんなに変わってしまった「まるた小屋(関帝廟通り)」。店内はおしゃれな雰囲気に

中華街で分野別の整理をしてみると その1

再会した「丸太小屋(関帝廟)」は昼休憩を取るように夏田らしい。

まるた小屋(関帝廟通り)が改修終了。でもまだ何か落ち着いていない。

まるた小屋(関帝廟)の豚耳は好評らしい。


コメント   この記事についてブログを書く
« 昨年開業した「民生炒飯(市場... | トップ | 三和楼のランチのスープは「ワ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

関帝廟通」カテゴリの最新記事