狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

鳩山氏は国賊だ!尖閣問題で

2013-06-26 06:51:31 | ★パンドラの箱訴訟

  ■那覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する (抗議文例はこちらで)

人気blogランキングへ クリックお願いします

鳩山氏、尖閣問題で「『日本が盗んだ』と思われても仕方ない」2013.6.25

1月17日、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪れた鳩山元首相(共同)

月17日、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪れた鳩山元首相(共同)

 鳩山由紀夫元首相が香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示す発言をしていたことが25日、分かった。尖閣をめぐる歴史的経緯に言及し、「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と述べた。発言は同日午前、中国内外に向けて報道された。

 鳩山氏は既に政界を離れているが、首相経験者だけに尖閣諸島に領有権問題はないとする日本政府の立場と相いれない発言内容が、日中両国の世論や尖閣情勢の今後の推移に影響を与える可能性もある。

 中国は日本の尖閣領有について、第2次大戦中のカイロ宣言にある「日本が盗み取った中国東北地方や台湾などの島しょを中国に返還する」との規定に違反すると主張している。これに鳩山氏は「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は中国から見れば十分に成り立つ話だ」と明言した。

                                  ☆

首相経験者は辞めても、ただのオジサンには戻れない。「元首相」の肩書きがつくからだ。 その証拠にただのおじさんが講演会を開いても誰も相手にしないが、昨年宜野湾市民会館で行われた鳩山元首相の講演会には1000人余の聴衆が詰め掛けた。 進行係兼対談相手になったのが元沖縄タイムス記者で「風船テロリスト」の異名を持つ屋良朝博氏とあったことと、拍手のタイミングから、聴衆のほとんどが「最低でも県外」を支持する左翼層であることは察知できた。 鳩山氏が国内ではルーピーだと思われていても、厄介なのは「元首相」という肩書きだ。

中国へ行って元首相の肩書きで「バカ丸出し」をしても、中国は「元首相の見解」として最大限に利用する。 そして「元日本の首相」の見解として世界中に拡散する。 中国にとってこんな利用価値のある男もいない。

その一方、日本政府にとっては獅子身中の虫ならぬ、毒虫、いや国賊である。 

元首相のルーピー発言に一々反論する気力はないが、本人は東シナ海を平和や友愛の理想郷にする夢でも見ているのだろう。

鳩山氏が民主党の初代総理に就任した2009年、「鳩山首相こそ沖縄問題を解決する救世主」だとして狂喜乱舞した外交評論家がいた。

佐藤優氏のことだ。

佐藤氏は2009年の民主党政権がスタートした直後、沖縄で開いた講演会でこう述べた。

「鳩山首相は東大を卒業後アメリカ留学の経験もある国際派の政治家。 何事もストレートに語る米国人気質を熟知する政治家なので、一見ギクシャクして見える日米関係も鳩山首相の出現でより信頼感がでてくる。その結果鳩山氏の主張の”最低でも県外”を米国が認めてくれる」(概略)

まぁ、今から考えると佐藤氏もとんだ買い被り、というより見込み違いをしているが、さらに聴衆と取材の沖縄2紙の記者にむかってこう扇動した。

鳩山首相の県外移設を支えるのは「皆さんが直接首相に手紙を書くこと」と煽って沖縄タイムスと琉球新報で「首相への手紙作戦」を展開すべきと、大演説をした。 事実、その後沖縄2紙は大キャンペーンをうった。

その結果は、「学べば学ぶほど抑止力云々」の名文句を残し、辺野古回帰したことは周知のとおり。

佐藤優さん、あのときの発言はもうお忘れですか!

 

それにしても、元首相を合法的に監禁できる術はないのだろうか。

                   ★

 

【おまけ】

過去記事掲載です。

              ★

援護法と歴史捏造、新たな論戦の出発点

2012-06-17

沖縄タイムスは、沖縄靖国合祀取り消し訴訟の敗訴確定の報道以来本日に至るも、社説などによる最高裁批判の論説が見当たらないのは寂しい。

せめて「識者の談話」として、この裁判に深く関わってきた石原昌家沖国大名誉教授のコメントくらい掲載しても良いと思うのだが、本日現在「黙して語らず」を貫いている。

代わりに社会面の最下部のベタ記事にこんな見出しが

戦いの実相圧殺」

上告棄却に抗議

沖縄靖国訴訟談

16日、原告団が記者会見をして、最高裁の上告棄却に抗議の声明文を出した。

声明では、援護法の適用で被害住民も「積極的戦闘協力者」に仕立て上げ、沖縄戦の実相を捏造して合祀に結び付けていると指摘。合祀を容認する司法の判断は、憲法が保障する人権を無視し、民主主義を根本から否定する暴論だと批判した。2歳の弟ら家族4人が合祀されている原告の安谷屋昌一さん(72)は「合祀を強制され、個人の信仰心は受け入れられないなんておかしい」と批判。母親が合祀されている崎原盛秀さん(78)は「沖縄戦の実相を無視した沖縄差別だ」と談じ、今回の裁判で得た資料を分析して「靖国の本質を暴き。合祀取り消しに向けた運動につなげていきたい」と語った。>

ここでも「ゆすりたかり」の常套句である「沖縄差別だ」がでてくるのは爆笑もの。

民間人の援護金受給は、沖縄県民のみであり、東京空襲などによる膨大な数の民間人戦没者は援護金の対象外である。

家族四人分の援護金を受給していながら、どの面下げて「沖縄差別だ」などと発言できるのだろう。

いつもならマイクに向かって「不当判決」などと蛮声を張り上げる原告団代表の金城実氏の怒りのコメントがないのが寂しいが、そもそも金城氏と上記の安谷、崎原両氏とは同じ原告でも立場が違う。


父親の戦死を「犬死」と罵る金城実氏

安谷屋、崎原両氏は軍属でない母親や幼い弟が合祀されているので、石原教授が主張する「国の歴史捏造による不適格者の合祀」に相当するが、金城氏の父親は兵隊として招集され戦死しているので、本来靖国に祭られるべき適格者ある。

金城氏は戦死した父親の援護金を受け、京都にある私立の美術大学を卒業している。 

美術大学が文系大学のなかでも一番金のかかる大学であることはよく知られたこと。

援護金のおかげで金城氏は恵まれた学生生活を送ったことになる。

金城実氏はその父親の援護金を享受しながら、一方では父親の戦死を「犬死だ」と罵って原告団の先頭に立ったわけだから、両親とも草葉の陰で「親不孝もの」と嘆いていることだろう。

関連して、安仁屋正昭さんのコメントを引用する。

先ずは、名前に恥じない働きで、老人たちを焚きつけ訴訟を起してくれた金城実氏と
学者魂で援護法のカラクリを暴露してくれた石原先生に感謝しながら
「御愁傷様です」と御礼を述べたい

沖縄靖国訴訟についての新聞論調が見られないので、テレビ報道を資料として「保存しておく。

沖縄靖国合祀訴訟 遺族の敗訴が確定

NHKニュース 6月15日 16時42分

太平洋戦争の沖縄戦などで犠牲になった肉親が無断で靖国神社にまつられ、精神的な苦痛を受けたとして遺族が神社への「合祀」の取り消しなどを求めた裁判は、最高裁判所で遺族の上告が退けられ、敗訴が確定しました。

この裁判は、昭和20年の沖縄戦などで亡くなった戦没者の遺族5人が「家族を靖国神社に無断でまつられ、肉親を自由に追悼する権利を侵害された」と主張して、靖国神社のほか、神社に戦没者の名前を提供した国に、合祀の取り消しと慰謝料の支払いを求めたものです。
1審と2審はいずれも、「合祀を受け入れられないこと自体は理解できるが、悼を妨げられたり、神社の信仰を強制されたりしておらず、権利の侵害とはいえないなどとして訴えを退け、遺族が上告していました。
これについて最高裁判所第2小法廷の竹内行夫裁判長は、15日までに上告を退ける決定をし、遺族の敗訴が確定しました

              ☆

原告:「家族を靖国神社に無断でまつられ、肉親を自由に追悼する権利を侵害された」

判決:「追悼を妨げられたり、神社の信仰を強制されたりしておらず、権利の侵害とはいえない」


靖国合祀取り消し訴訟 上告棄却・遺族の敗訴確定 QABテレビ

家族が靖国神社に無断で祭られているのは精神的苦痛だとして、遺族らが合祀取消などを求めている裁判で、最高裁判所は、2012年6月13日付けで遺族らの上告を棄却しました。

遺族の敗訴が確定です。遺族側は裁判で、無断で合祀したことは追悼の自由の侵害であり、国の情報提供は政教分離の原則に反すると主張。しかし2011年の控訴審判決で遺族の主張は、「神社の教義及び宗教的行為そのものを否定することに繋がりかねない」として棄却され原告が上告していました。

原告側弁護団によりますと、「上告理由に該当しない」として上告を棄却する決定書が14日、届いたということです。弁護団の山城圭事務局長は、「最高裁は靖国神社による遺族の苦しみを是認し、合祀に協力した国の責任を認めなかった」と強く抗議しています

              ☆

原告:「追悼の自由の侵害であり、国の情報提供は政教分離の原則に反する」

判決:「神社の教義及び宗教的行為そのものを否定することに繋がりかねない」

            

 

「日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラム」

開催のご案内

世界ウイグル会議 ラビア・カーディル総裁 来日 

「日本・ウイグル 自由のための連帯フォーラム」を開催します。

日時:6 月 29日(土)18:00 開場 開会18:30~20:30

会場:自治会館ホール  那覇市旭町116-37   TEL 098-862-8181

入場料:1500円

 

                           ★


<7・1西村眞悟沖縄講演会「誇りを持て!沖縄県民は英雄の子孫だ!>

チラシのダウンロードはこちらから http://goo.gl/zMifk

 今、沖縄のマスコミで報道されている沖縄の歴史観、学校で教育されている沖縄の歴史は、常に被害者の立場でありその連続だとされています。それらの歴史観は、どの時代においても事実を歪曲し国際情勢を無視したデタラメな歴史解釈です。その目的は、沖縄県民を日本の被害者に仕立てあげ、日本国民を敵と見方に分断する離間の計である事を見破らなければなりません。いまこの被害者史観を利用して、琉球独立工作が具体的に動き始めています。沖縄県民は、このような被害者史観にだまされてはなりません。琉球処分は琉球王府への処分であり、庶民の解放です。また、沖縄戦は全国47都道府県の若者が身命を賭して戦った本土決戦であり、日本の聖地です。その中でも冲縄の学徒隊は最も勇敢に戦った英雄なのです。

◎日時:平成25年7月1日(月) 受付:午後6時 開演:午後7時
◎場所:浦添てだこホール(小ホール)
◎入場料:500円(カンパ大歓迎)
◎プログラム
 ■開会の挨拶
   仲村俊子(初代沖繩防衛協会婦人部長)
 ■緊急講演 
  「誇りを持て!沖縄県民は英雄の子孫だ!」
  講師:衆議院議員 西村眞悟先生
◎主催:西村眞悟沖縄講演会実行委員会
  後援:沖縄対策本部 / チーム沖縄 / 日本会議沖縄県本部
◎事務局・お問い合わせ (仲村雅己) 電話 070-5410-1675

<FaceBookイベントページ> ※参加表明はこちらからお願いします。
https://www.facebook.com/events/291189511016706/291934484275542

 

 

 人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『正論』7月号は、沖縄特集第2弾です

 

筆者も寄稿しました。

 

沖縄での発売は6日頃とのことです。

 

月刊正論2013年7月号6月1日発売 定価740円

 

 

 

 

沖縄異常事態 第二弾

 

重大資料発掘!

 

地元メディア反日偏向報道の淵源

 

ジャーナリスト 井上和彦

 

緊急報告!

 

尖閣領海で中国公船に包囲された緊迫の6時間

 

八重山日報編集長 仲新城誠

 

【新連載】対中最前線 国境の島からの報告①

 

中国領海侵犯と教科書採択事件の深い関係

 

仲新城誠

 


 

ついに牙を剥き出した中国-沖縄併呑計画の先兵は誰だ

 

琉球独立論の空虚

 

ジャーナリスト 大高未貴

 

「天皇メッセージ」の悪用に反駁せよ

 

ライター・ブログ「狼魔人日記」管理人 江崎孝

 


 

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつくⅡ 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹

コメント (7)   この記事についてブログを書く
« オスプレイが量産体勢に?援... | トップ | 堂々巡り、いつまで続く?八... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Good、News、まさに朗報です。 (町工場の親方)
2013-06-26 08:03:13

狼魔人さん始め、超αブロガーたちが何人もルーピーハト山の発言を取り上げて叩きまくっています。

7月参院選を控えて、民主党は頭を抱え、苦り切っているのは間違いありません。まさに泣きっ面に雀蜂です。体力のない人間には命にかかわります。

何しろ 「朝日」、が煽りに煽って実現した、輝ける民主党・初代総理です。

勿論、「ハト山さんが正しい」、という、ハト山シンパ、野中広務、チョーニチ、新報、タイムス、日教組、(沖教祖)、大学内左翼はいますが、日本国民全体から見た場合、圧倒的少数派です。

楽しみが増えました。




佐藤優の詭弁 (sazangakyu)
2013-06-26 11:33:45
佐藤優は頭のいい人だと思うが、時々詭弁を使う人間と思っています。過去に鈴木宗男を擁護する際に詭弁を使った過去があります。

田中森一との対談書『正義の正体』で次のように語っています。
>鈴木宗男さんという代議士は、もともとは4~5万しか票を獲らない人だったんですが、逮捕の後に行われた選挙で43万もの票を獲得し、当選してしまいました。これって、少なくとも北海道という土地に関していえば、国家・検察の正義と有権者の正義とが乖離しちゃっていることの動かぬ証拠だと思うんです。

4~5万しか票を取っていなかったのは1996年衆院選の北海道13区という北海道を13区分した一選挙区の選挙であり、逮捕後に行われた選挙で43万票を取ったのは比例北海道ブロックという北海道全体の選挙なので、全然前提条件が違います。

逮捕後に行われた有権者数の大きい選挙の得票数を大きく見せるのに、逮捕前の有権者数の少ない選挙での得票数を比較対象にして、前提条件の断りもいれずに北海道の有権者が事件を契機に鈴木宗男への得票数を増やしたかのような印象をあたえる話術は詭弁です。

それに、「もともとは4~5万しか票を獲らない人」と言いますが、中選挙区時代(1983年~1993年)の衆院選の北海道5区の鈴木宗男の得票数は6万~9万票でした。4~5万票しかとっていないのは1996年衆院選の1回だけで、それも1人区における保守分裂選挙(保守系新進党候補との対決)という要因がありました。

また、逮捕後に行われた2004年参院選では北海道選挙区(2人区)で立候補した時は4位で落選していることにも触れていない。

私は佐藤優のこの言葉を読んで以来、佐藤優は知識もあり経験もある話の豊富な魅力的な人物だと思うが、自分の主張を正当化するために詭弁があるかもしれないという観点から読むことを心がけるようになりました。
Unknown (宜野湾より)
2013-06-26 19:43:16
善意の方便・嘘を善意のままに、一切を胸中に留め置き暮らしている人もある。
善意の方便・嘘を史実だといい人を貶めようと企むから暴かれる。
世俗に流れるから「じん(銭)どぅ宝」になる。

先日ネットの中を徘徊していたら、「牛島中将が自決していなかったら自分は生まれていなかった」という書き込みを見た。
ことの次第はわからずとも、そういう考え方もあると思う。
牛島満大将(最終階級)と長勇中将(最終階級)の自決で日本軍の組織的戦闘が終わった日以降もアメリカ兵による県民被害があったことを挙げ、6.23慰霊の日設定の意図を問う人も見た。

沖縄の文化では、死んで33年経てば神になる。
グウン(御恩)は足りているのか?
沖縄のサヨク的な皆さんて、そういうことは絶対いわない。

道義が消えれば世俗化する
私たちは先人を絶対的な正義や悪と判断する立場にない(ケビン・ドーク教授)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38028
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38028?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38028?page=3
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38028?page=4

帝国主義時代の戦前・戦中においては道義的かよりも合法かが問題であり、戦後に道義的責任を追及することは偽善である(ヘレン・ミアーズ氏)
http://blog.kajika.net/?eid=1003813

ケビン・ドーク教授もヘレン・ミアーズ氏もそれぞれ現在と当時の国際政治で語っているが、今、国内のことを考えても示唆に富む。
日本のマスコミが伝えぬ情報、「底知れぬ、支那、朝鮮、朝日=チョーニチの対日憎悪」 (町工場の親方)
2013-06-26 20:29:09

昨日届いた、「WILL」、8月号は
【総力大特集 「性奴隷」 捏造をゆるすな!】

として、読みごたえある論文、対談が満載されています。
その中で、
特に、ヘイトスピーチよりひどい
ヘイトアクション
こんな国!

として、巻頭に物凄いカラー写真が10枚、中央に6枚載っています。
何れも韓国で行われている、安倍総理と日本に対する、憎しみの塊のような暴力写真で、見ていて心底ゾットします。

これを見て私は、安倍総理を憎み抜いた、憎日左翼の元締め、「朝日」=築地カルト・チョーニチの、6年前の週刊朝日の表紙、《安倍惨敗!》、《安倍逃亡!》、《福田参上》、の何とも無残な安倍総理の表情を思い出し、徳性を全く欠いた、左翼の特色、『憎悪』、を考えさせられました。
「WILL」、はまだ全部は読んでおりませんが、何年も韓国で暮らし朝鮮人について、熟知している

松木国俊・室谷克実氏の緊急対談ーーー「恥じ知らぬ韓国とは国交断絶」
日本国民必読のものと考えます。

世界史の本など読んだことがないと思われる、「朝日」=築地・チョーニチが

「韓国は日本に取り掛け替えのない、《隣国》、だ」、とか

「近隣諸国条項は撤廃するな」

だとかヌカすのを読むと、「どこまで日本を憎み、蔑めば気が済むのか」、と今更ながら、激しい怒りが湧きます。

毎度のことながら、憎日・朝日の酷い捏造について書かれた文章をご紹介いたします。


日本会議機関誌ーーー「日本の息吹」・・・西村幸祐

《なぜ慰安婦?情報発信機関の設置を急げ》、【慰安婦・反日プロパガンダを撃退する方法】、より。

[朝日の悪質な情報ロンダリング]

大阪の橋下市長の発言が契機となり、慰安婦問題が世界的にも大騒ぎになったが、橋下市長が記者会見で語った言葉がどのように国内外に報道され、どのような反応を喚んだかを客観的に見れば、いかに馬鹿馬鹿しい騒ぎたったのかがよく分かる。
じつは、慰安婦問題の本質はそこにある。特に国際的な規模で情報がロンダリングされる一種の国際謀略に慰安婦問題の本質が横たわっている。

情報ロンダリング、は二つのケースがある。一つはメディア間で情報が取り交わされる内に、自然と情報が変化して行くケースでこれは伝言ゲームでお分かりだろう。二つ目は、情報回路の中で恣意的に情報が変化させられるケースで、しばしばプロパガンダに使われる悪質な情報ロンダリングである。

朝日新聞が5月17日に報じた、(米、橋下氏発言を非難、『言語道断で侮辱的』)、という記事で朝日は二つ事実の改変、もしくは捏造を行った。
これは5月16日の米国国務省の記者会見を伝える記事なのだか、橋下氏の訪米に、「橋下氏のこうした発言を踏まえると、面会したいと思う人がいるかはわからない」、と米当局者が述べたという記述の信憑性がゼロなのである。

実際の記者会見では、米国務省のサキ報道官は全くそのようなことを発言していない。
オマケに朝日はWEB版で、《橋下氏発言を非難する米政府当局のコメント(全文)》(http
://www.asahi.com/international/update/0516/TKY201305160461.html?ref=c0m_rnav_srank)を掲載して報道官の言葉を引用したが、この言葉がサキ報道官から発せられた記録は米国国務省の記者会見のページには存在しない。
実際に会見の動画http://video.state/2387449779001を見ても朝日に掲載された記者とのやりとりはないのである。
つまり架空の記者会見をデッチ上げて、橋下市長を貶める会見内容に粉飾とていたのだ。

この会見で実際にやりとりがあった朝日の最後の質問は、大島特派員が米政府に、
「慰安婦と呼ぶのか、性奴隷と説明するのかどちらですか」、訊くシーンだ。
サキ報道官は「(米政府が)、定義をするかどうかわからないし従来通り慰安婦と説明します。あなた方、(朝日)、が細かく考えた性奴隷と言ってほしいんでしょ」、と答えたのである。
もし報道官が、「性奴隷と言う言葉で説明する」、と答えていたら、朝日は一面トップで、
「米政府 慰安婦を性奴隷と認定」、などと言う大見出しが躍っていたであろう。しかし、期待通りの応えを引き出せなかったので、橋下市長に面会したいと思う人がいるかどうかはわからない、という架空の質疑内容を掲載したのではないだろうか。

そもそもこの騒ぎは、5月13日に橋下市長が長い会見の中で、「慰安婦、必要だった」、と言った部分だけをメディアが大きく取り上げたことが発端だった。ほとんど河野談話と同じような内容を話した橋下氏が血祭りにあげられたのは皮肉と言うしかない。
河野談話が命と思っているメディアが橋下批判を繰り広げたのは滑稽でもある。

[Sex、Slave、(性奴隷)を使いたい朝日]

しかし、滑稽でないのは橋下市長が、「慰安婦、必要だった」、と言った、「慰安婦」、という言葉が、AP通信などで、「性奴隷、必要だった」、と世界中に配信されたことである。
朝日は、「従軍慰安婦」、という言葉がすでに歴史的に否定され使用できなくなったので、どうしても、「性奴隷」、という言葉を使いたいのだ。
このように慰安婦問題は捏造の中から生まれ、捏造で増殖され、捏造と虚像に収斂するから騒ぎなのである。



バカは死ななきゃ治らない (憂国契約社員)
2013-06-26 22:34:04
鳩山安子に聞いてみたかったです。「アンタら夫婦は、何考えて由紀夫を育てたの?」って。
Unknown (涼太)
2013-06-26 23:33:09
狼魔人様

靖国合祀訴訟や先日の首長による東京デモにも言えますが、感じるのはどうしようも無い考えの甘さです。
そこには沖縄の言う事は何でも通ると言う甘えしか見えません。確かにそんな時代もあったのでしょうが、そんな時代はとっくに終わっています。
今、国民に通用するのは本当の真実の重みです。
中身の無い鳩山元総理、民主党、社民党が証明しています。
沖縄の極悪複合体の将来の姿です。
Unknown (Unknown)
2013-06-29 19:25:11
元首相を弾劾することわ出来ないのでしょうか?

コメントを投稿