夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

慌て者

2024年04月08日 16時52分39秒 |  あなたの鼓動、華

釣りが盛んですね。

今日もお会いしたご近所さん、することがないので釣りばかりしているっておっしゃってました。

でも、なかには慌て者の釣り師もいて、、、

 

浦島さん、水のない所で釣り糸を垂れてどうするんですかね~

 



最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウラシマタロウ (しろねこ仙人)
2024-04-08 19:10:13
 
いえいえ、陸釣りという言葉もあるように、水がなくても釣りをする御仁は
いるみたいですよ。
このウラシマさんもこの釣竿を使ってキノコバエの仲間を釣り上げて
いるそうです。
神戸大学の研究者が最近発見したそうです。

https://www.kobe-u.ac.jp/ja/news/article/2022_06_28_01/
 
仙人様 (赤い風車)
2024-04-08 21:00:37
リンク拝見しました。
面白い研究ですね。
ただ、一つ不思議なのは、なら、マムシグサはどうして増えていくんでしょうね。
竿を持たずに、筒だけで勝負している。もしかして鰻狙いなんでしょうか?
Unknown (しろねこ仙人)
2024-04-09 07:28:31
 
マムシグサは恐ろしい植物で、彼らには雄花と雌花があって、あの怪しげな
仏炎苞の筒の下に雄蕊や雌蕊が隠されているんです。
で、何が恐ろしいかというと、雄花の下の方には小さな出口があって、
雄蕊の花粉を纏った鰻(虫)はそこから出て、雌花に授粉させることができる
のですが、なんと雌花には出口がないんです。
せっかく受粉を手助けしてくれた鰻(虫)は雌花の中で死ぬしかないんです。
(「鰻狙い」、正解かもしれません)

ね、恐ろしいやつでしょ!
久米仙人様もお気をつけ下さい。君子危うきに近寄らず、です。
 
危うきに近寄らず (赤い風車)
2024-04-09 08:37:47
このご忠告、6~70年前に聞きたかったです。
もう手遅れ。それに今や無用になってしまいました、、、、トホホ

コメントを投稿