夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

光あれ!

2018年12月11日 11時18分00秒 |  あなたの鼓動、華


寒い時には、陽射しのある景色が好ましく思えますね。
光あれ! 

さて、今日の散歩は何を着ていけばよろしいでしょうか、、
着ぶくれは嫌だし、
寒いのはもっと嫌。

コメント (2)

春よこい 早くこい

2018年12月10日 20時14分50秒 |  気になる詩、言葉


世の中、寒々として、暗ろうおますな~
もう冬至まで2週間を切ろうとしておりますので、暗いのはいたしかたなし、、
寒々も、この時期、先日のような暖かさなら、日本中の農家は作業手順が狂って大慌てになるでしょうし、、、
まあ、この時期、こんなもんでよろしいのでしょうね~

春よこい
早くこい
歩けなくなるおいちゃんが
歩けるうちに歩こうと
おんもに出たいと泣いている、、、

もちろん、本歌は作詞 相馬御風、作曲 弘田龍太郎の「春よ来い」でございますけど。。


コメント

紅白揃いました

2018年12月09日 09時32分08秒 |  岬な日々


今日の最高気温は11度の予報。
そんななかでも、夏の花が元気に咲いております。
白花は以前は花の時期が短かったんですけど、この数年どんどん時期を伸ばしておりますね。
紅白揃い踏みです。。。

コメント (2)

大中恩さん亡くなる

2018年12月07日 22時56分46秒 |  岬な日々


作曲家の大中恩(おおなかめぐみ)氏が亡くなったそうです。
大中さんは、みんなが知っている「サッちゃん」「いぬのおまわりさん」なんかを作られてます。
このブログでも、彼の「おなかのへるうた」を紹介してました。
94歳だったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。


コメント

寒い?

2018年12月07日 11時20分58秒 |  あなたの鼓動、華


今朝起き抜けに、なんとなく暖かいかな~って感じました。
今日のいすみ市の最高気温は18度の予報なんですね。
まあ、この時期としては暖かい方なんでしょうね。
これが続けば、私としてはありがたいけど、

昨日スーパーへ行きましたら、大根1本10円で売っていました。
暖かくって、豊作になっている野菜も多々あるみたいで、
野菜売り場の値札、安いものが多かったです。

柚子みそと10円の大根を物は試しと買ってまいりました。
ふろふき大根を作ってみましたが、米ぬかを入れて下調理してもなかなか柔らかくならない。
これも天気のせいなんでしょうかね~?

洗濯物が溜まりすぎました。
着るものにも事欠く次第。
今日は、かねてからやってみようと思っていた、「お家洗濯、ランドリーで乾燥」にチャレンジしてみます。
やれやれ、もう完全なマイホーム主夫ですな~
もう少し、生きていることが社会に還元できるような生活ができれば、、、
なんて、どっかでは思っておりますけど、
まあ、たいがいどっかで悪魔がやってきて蓋をして見えなく、聞こえなくされておりますですよ。
悪魔さん熱烈歓迎の札は出してないんですけど、
水心に魚心なんですかね~
世の中、上手くしたもんです。


コメント (2)

我が夫子が来べき夕なり

2018年12月05日 23時06分03秒 |  気になる詩、言葉



我が夫子が来べき夕なり 小竹が根の蜘蛛の行ひ 今宵著しも
              衣通郎姫
              日本書紀

珍しく読みを記しておきますね。
  わがせこがくべきよひなり ささがねのくものおきなひ こよいしるしも

以前、この詩から派生した詩をアップした時(この詩は「かねてしるしも」になってましたね)には簡単にささがね=蜘蛛の枕詞(蜘蛛が動き回っていたり、衣服に着いたりすると、恋人が来る予兆だって思われていたようです)だってしてましたけど、そんなに簡単に終わらない話があるみたいですね~
この辺もう一度、考えて見なきゃね。

コメント

木枯らし?

2018年12月05日 08時06分22秒 |  岬な日々


昨夜外が騒がしいのは知っておりましたが、今朝ベランダに出て杉の枝や実がそこら一面に散らばっていて、起き抜けからベランダの掃除を余儀なくされました。
強い風が吹いたのですね。
これを木枯らしというのでしょうか?
木枯らしの持つ、寒々としたイメージとはかけ離れて、昨夜は暖かく、日が変わるころのいすみ市の気温は22度とでていました。
今日の最高気温はそこで出て、後は明日に変わるまで下がる一方のようです。
天気は曇り、青空は見えません。
灰色の雲が薄くなって白っぽい高い空が見えているところからは雲をすかして太陽の光が射していて暗い朝ではありませんし、まだ暖かい気温で厳冬の趣はどこにも見当たりません。
雨も降ったのでしょうね(予報では昨夜は晴れから曇りでしたけど)空気が柔らかく心地よい感じ。
そんな外を見ながら、さて今日は何をしようという気にはなっておりますけど、でもなんとなく体がダル重、動きづらい。

チビ散歩を早くしてアプローチを見ておかなければ、こんな強い風が吹いた後は、竹や木の枝が折れて道を塞いでいることが多いのです。
時には、一人では持てないように重いのもあって、急な外出が入ったりしたときに動きがとれなくなるし、、、
気ばかりが先に走り出しております、、、


コメント (2)

何事もダメで元々

2018年12月04日 22時54分10秒 |  岬な日々



人生の大先輩、あ~ぁ、もとい。ちょとばかし、、うんにゃ、ほんのちょびっとばかし先輩の方からメールを頂きました、その中に、
「何事もダメで元々。
やらずしての云々は一切無し!」の言葉。
この方、私からすれば、ちょ~~~う大プロジェクトに出発なさろうとされているところなんです。
ほんと、我が身を振り返って、こちとらしょんぼりでございますよ。

同じようなことを、母からも言われたことがあります。
オランダに行って、ド田舎の陶器店の前を通った時に、ショウウインドウから「こっちこっち」って呼びかける声がするんです。
見ると、素晴らしく深い赤色のティセットが置かれていて、それが手招きしているんです。
でも、オランダにはまだ10日以上滞在、その後、ロンドンで10日近く滞在する予定でしたし、その費用がいくらになるかまだ見当がつかないころでしたので、
ロンドンに行って、予定の最後ごろに、懐に余裕があれば、、、あっちの方がお茶のセットはいいものがあるだろうしって買わずに発ちました。
でも、ロンドンには好みのものがなく、結局、空港で余計なものを買って自分へのお土産としました。

「もう半年以上たつけど、未だにあの赤が忘れられない」って母親に言いましたら、
「ほんと、馬鹿ね~ 「今」は絶対に戻らないのよ。その時どうしても欲しい、やりたいことがあったら、絶対にするべき。
後で後悔するってのが一番馬鹿らしい」って答え。

もちろん、私はとてもマザコンの男子ですから、その後の旅行では母親の言いつけを固く守っておりました。
そしてもちろん、帰って来てから(全部クレジットでの支払いでしたから)毎回毎回破産の危機で七転八倒の日々を送りました。

パリでは、当時の定宿がサンジェルマンデプレにありまして、その近くをふらふら歩いているときに、「こっちこっち」って呼ぶ声。
そっちを見ると、なんか訳の分からない絵が呼んでいるんです。いらないって足を出そうとするけど、一歩がでない。
しかたなく、ドアを開けて、あのウインドウに飾ってある絵を見せてくれ、、、ってのが始まり、結局、シャガール様ご同伴帰国になっちゃいました。
お店の人は、あれじゃなくってこっちにしたらなんて言ったんですけど、それは呼ばなかったし、、、
東京に戻って、額装のために画廊に持ち込みましたら、「あ~んた、この絵、どこそこで買ったでしょう」って言われて、こっちはその辺のお土産屋さんみたいなところで買ったものだと思ってましたので、「そんな有名な画廊じゃないんじゃない。入り口はお土産見たいな絵ばっかりだったよ」なんて言いながらカバーを外していると、そのカバーにその画廊の名前。「あそこは奥に入るとすごいものがいっぱいあるのよ。私もこの絵欲しかったので覚えているのよ」なんだそうでした。
おかげさまで、この後半年は、水だけの生活を享受いたしましたです。

でも、これだけじゃ終わらない。バルセロナでも、あれはミロ美術館だったのかな、そばの画廊の前を通っていたら、例の声。見ると壁一面に何十もの絵が架けられているんですけど、その中の一点が呼んでいるんです。諦めて、中に入り、あの絵を見せて、、、が始まって、、、お決まりの滅亡へのコースを一直線。
これも別な画廊に額装を頼みに行ったら、いいもの買ったね~って絶賛していただきました。
自分の目を頼りに生きてた私にとっては、プロからの絶賛は嬉しいけど、腹がすくよね~ 生き死にの問題だもん。二度と呼ばれたくない。

まあ、今や、呼んでくれるとしたら、先日のブログのごとく、仏の座さんが「今ならよいお席がありますよ、、、 30分以内に申し込まれると、三途の川の渡し賃無料クーポンをお渡ししますよ~」ぐらいしかないのが悔しいですけどね~


排水管の先っちょまでは来たし、下の水路には美味しそうな川海老がいるのは見えるけど、、、、
飛び降りて大丈夫かな~
水も冷たさそうだし、、、、
なんてことになってきております。はい。


コメント

身も心もぼろぼろ、、

2018年12月04日 12時00分31秒 |  あなたの鼓動、華


身も心もボロボロですけど、、
あなたはまだ幸福ですよ。

体も動くし、
「わたち、誰?」にもなってないし、、、

怖いですよね、
動けなくなること、
怖いですよね、
自分が誰だか分からなくなること、、、

コメント

ようやくいすみにも小さな秋が訪れてきました

2018年12月03日 09時30分41秒 |  あなたの鼓動、華


暖かい、暖かいっていつも言っております。
晩秋とか、冬とかがないのじゃないかって思われそうですけど、
なんせ、スノータイヤを買おうかどうか迷うくらいですからね。
去年の暮れに買い換えた今の車、まだスノータイヤを買ってないんです。
以前のはサイズが合わないし、、、
周りの人は、「着けてないよ」って人が多いし、、、、
でも、降れば困るよな~

なんて、南国ムードがいっぱいですけど、
なんのなんの、いすみにも秋も、冬も来てくれるんですよ。
今はまだ小さな、小さな秋ですけど。。。。
コメント (2)