夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

桃之夭夭

2024年04月21日 08時34分35秒 |  漢詩を長崎弁で

おいちゃん、昔から桃を何回か植えてみたんですけど、なぜかおいちゃんのところが気に食わないらしくってみんな家出しちゃって一本もないのですよ。

梅や桜よりももっと華やかで、おいちゃんの侘しい日常に添ってくれるのには一番相応しいと思うのですけど残念です。

桃之夭夭

灼灼其華

之子于帰

宜其室家

  詩経の「桃夭」の出だしです。このブログでも何度か使ったことがあると思います。

 

みずみずしか桃の花

花は華やか

この子嫁いで行く

いいお嫁さんになるじゃろね~

 

 

これを見ていると、何故桃がおいちゃんのところに居つかないのか分かる気がするんですけど、、、

哀しいですね~


胡蝶花

2024年04月19日 09時07分01秒 |  漢詩を長崎弁で

シャガ。 胡蝶花ともよばれていたような。

 

山園万緑夏陽深

胡蝶何求何処尋

。。。 

    螳螂

    明鏡

 

山園は緑に満ちて 深い夏の日が差し込んどる

蝶は何ば求めて、どこば訪ねるんじゃろか

 

先日の「漢詩を長崎弁で」は長崎弁が出てこんかったけん

今日は再挑戦たい

 


時の移りが、、、

2024年04月16日 21時46分17秒 |  岬な日々

天気予報でゴールデンウィークの予報を放送していました。

この時期、時の流れが速いですね。

ここの写真、つい最近撮ったものですが、もう古くなってしまっている。

緑葉も新緑となってしまっているんですね。

 

 

置いて行かれるおいちゃんとしては、あれよあれよって眺めているので精一杯。

 


さて、次の章は

2024年04月13日 20時35分31秒 |  岬な日々

田んぼは田植えが終わりかけ、、

桜は葉桜へ

さて、岬の次の章は何か来るのでしょうか?


送君併得送春愁

2024年04月12日 22時30分59秒 |  漢詩を長崎弁で

遠汀斜日思悠悠

花払離觴柳払舟

江北江南芳草遍

送君併得送春愁

   送呂卿

   高啓

 

目ん前に広がる汀、沈んでいく夕日

別れの盃には花が降りかかり、柳の枝は舟にかかる

江の北にも南にも芳しい草が茂って

君を送っている私の心には春の悲しみも満ちてくる

 

今回は久しぶりのせいか、長崎弁がどうもでてこない。

まあ、ごめんなさいです。

 

 


紛らわしいですよね~

2024年04月11日 13時18分10秒 |  あなたの鼓動、華

周りにある花々、、、

紛らわしいのもあるんですよ。

ねぇ、花子さん。

 

でも、うっかり間違って名前を読んだら、、、

世界の終わりみたいな悲劇になってしまう。

 

だから注意しようと思うんですけど、、、、

歳だからね~

間違ってしまうことも、まま。。。

名前に何があるって言うのさ、、、


三日見ぬ間の

2024年04月10日 12時41分48秒 |  岬な日々

この桜、三日前の桜でした。

あっちにもこっちにも桜が満開になって春を演出しておりましたが、

その後の雨と風。特に風はひどかったです。アクアラインも京葉線も止まってしまいましたくらいですから。

そして日本の春は去っていきました。

過ぎ去った春を偲んで、、、、

 


慌て者

2024年04月08日 16時52分39秒 |  あなたの鼓動、華

釣りが盛んですね。

今日もお会いしたご近所さん、することがないので釣りばかりしているっておっしゃってました。

でも、なかには慌て者の釣り師もいて、、、

 

浦島さん、水のない所で釣り糸を垂れてどうするんですかね~

 


桜かな

2024年04月07日 08時34分56秒 |  岬な日々

 

腕延ばし

 人の席盗る

   桜かな

    風車

 

 


どんなに小さくっても

2024年04月06日 22時00分48秒 |  あなたの鼓動、華

自然はどんなに小さくっても決して手を抜かないのですね。

一つの株に何百(何千?)となく花をつけるユキヤナギ。

一つ一つを見てみても、綺麗ですよね~

 

自慢じゃないけど、おいちゃんなんか、花を作れって言われたら三つ目には、、、もう、面倒くさいってなげだすでしょうね。