夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

さよならって手を振ってるんだって、、、

2022年08月31日 23時01分26秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

Youtubeを見てましたら、愛犬がなくなる前にさよならって手を振ってるって動画が投稿されておりました。

あれが、「さよなら」なのか、、、 

ならチビ太のも、さよならだったんだろうかって今更ながら、携帯の動画を見直しています。

チビ太が逝ったのが3月24日の朝。

起きて見たら、もう死んでいた。

まったく平和そのもののような顔でよこになっているだけで、どうしても死んだってのが納得できなくって、そのうちに「お腹すいた」って起きて来るかもしれないって、しばらくそのままにして様子を見てたんだけど、まったく息をしない。死んじゃったことを認めるしかなかった。

 

その数時間前、23日の夜。ちょっと苦しそうだったので抱いてやったらす~っと眠りについた。

(上の写真がその時の写真なんです)

ベッドを作って寝させておいたら、手を振っている。

顔は平穏そのものだったので、夢の中で走り回って遊んでいるんだろうってそっとしてやってたんだけど。。。。

無くなる半年も前から、歩こうとするとグルグル回ってまっすぐ歩けなくなって散歩もままならなかったんです。

夢の中ででも、走り回れていれば嬉しいじゃないって思ってたんですよね。

私へのサヨナラ挨拶だったんだ。

 

 

 

チビ太


安らかに

2022年07月01日 15時26分22秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

チビ太のお友達の具合が悪そうなので気になっており、毎日ブログをチェックしておりましたけど、たまたま2,3日それが空いていて、今日チェックを入れましたら、虹の橋を渡っておられたようでした。

検査で病院に行く途中、お母さんの腕の中で亡くなったみたいです。

 

お友達は、あちらではチビ太はまだ新人ですけど、チビ太がお世話をしてやってくれるでしょう。チビ太は優しい子でしたから。

ご両親の愛情をたっぷりと受けて育ってきた子でした。ご両親はこれから折があるたびに悲しく、寂しい思いをされるのではないかと心配しております。私にはどうか気を強くお持ちになってというしかできませんが、、、

 


チビ太の月命日

2022年04月24日 17時14分36秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

 

今日の岬は細かい雨が降っていて、涼しいような気分ですけど、、

でも室温25度あるんですよね~?

それでも涼しいと感じるのは身体の調子が悪いんでしょうか?

明日からの週、内科、歯科、そしてコロナのワクチンの三回目の接種が入っています。

不調なら、全部のスケジュールが延期になるかも。

コロナかもしれませんからね~

 

 

 

ところで、今日はチビ太が虹の橋を渡って一月目の月命日でした。

あっちへ問題なく行けたのでしょうか。

認知が入ってグルグル回って、まっすぐには進めなかったのでちょっと心配。

なんだか、まだその辺にいるような気がしています。


な~んか変なんですよね~

2022年04月04日 10時15分17秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

な~んか変なんですよね~

チビ太のことなんですけど、

 

チビ太が死んじゃったことは、頭では十二分に理解しているつもりなんです。

お骨もまだ目の前にありますしね。

死ぬってことがまだ縁遠い若い人なら、身近な死は青天霹靂の事件でしょうけど、

おいちゃんの年代だと、とっても近しい存在。

だから、チビ太が死んでも、あぁ、先へ行かれちゃったってくらいなんです。

すぐに追いつくから、待ってなよ~ってね。

 

 

ご飯を食べようかって思って、ハンバーグ? 玉ねぎはチビ太に悪いからだめとか、

買い物に出て、あそこの桜はまだ咲いているかな、ちょっと寄ってみるかな。でも留守番しているチビ太が帰りが遅いっておこるだろうな、、、とか。

はっきりと自覚して言っているんじゃなくって、気持ちの奥底のどこかでそんな自問自答があって、、、けっきょくチビ太が待っているときと同じ行動をしてしまう。

家にいても、ふっとチビ太が何をしているのか目で追っていたりして、、、

 

こんなジャブがあとあと効いてくるんですよね~

分かっているんだけど、、、、

 

 

外に出ても、チビ太がその辺を飛び回っているんじゃないかって、、、、

まあ、若い時からチビ太ってこんなに軽くはなかったけど、、、、

 

 


桜が咲きだしました

2022年03月27日 12時29分29秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

 

今にも咲き出しそうになっていた庭の染井吉野。寒さのせいで首をすくめておりましたが、昨日、今日とやっと咲き始めました。

 

チビ太が虹の橋を渡るころにはまだ一輪も咲いていなかったんです。

 

なんだか、何も見るにつけ「見せてやりたかったな~」って、

恥ずかしながらペットロスの症状を自覚しております。

 

 

 


チビ太が虹の橋を渡りました

2022年03月24日 09時01分49秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

 

チビ太が今朝虹の橋を渡りました。

チビ太の様子からもう間もないと覚悟は決めておりましたが、、

 

 

2010年のゴールデンウイークにチビ太を保護しました。

道路をひょろひょろと歩いてくるチビ太。お腹を減らしていて今にも倒れそうなので、たまたま車に入れていた猫の餌をあげました。ちょっとしかなくってまだお腹がすいていそうなので、家に来たら食べるものあるかもって言いまして車のドアを開けましたら自分から飛び乗ってきました。

ちょうどそのころ、一人住まいは侘しい、犬でもいたらいいな~、犬なら柴犬がいいな~って考えておりましたので、こんなに綺麗な柴犬が現れるなんてなんだかあまりにも出来過ぎた話って信じられませんでした。

 

 

ずいぶんあちこちで、チビ太の飼い主を探しましたが見つかりません。警察に届け、獣医に見せましたら、強フィラリアだとのこと。手術が必要だけど、正式な飼い主じゃないので手術を受けられない。3年間フィラリアの薬を飲み続けることを試してみましょうかってことでお願いしました。次回に獣医に行ったときに、投薬でアナフィラキシーを起こすんじゃないかって気が気じゃなかったって言われて、、、知らないから普通に散歩したり遊んだりしてたのに、、早く言ってくれてればなんて思ったり、、、、

チビ太の名前が「チビ太」って安易すぎる名前(でも後で調べましたら、けっこうこの名前の子って多いんですね)なのは、今は、預かりものとして世話をしているけど、ちゃんとした名前を付けて接していたら、心が動いて飼い主が見つかった時に気持ちが吹っ切れないだろうと思ってたので、、 でも、飼い主は現れませんで、我が家の子供になってしまいました。チビ太はいろんなことでびっくりするほど幸運に恵まれた子だと思われるのですけど、我が家に居ついたこと、それだけはよかったのかどうかわかりませんけど。

家に連れてきたときには、もちろん、犬を飼うための用具、、首輪とかリード、小屋や餌や水の皿、、、なにも用意がありませんでしたので玄関の外に置いておくしかありませんでしたが、そこで何日も自分の家のようにまったりと過ごしており、散歩などにもリードなして喜んでついてきておりました。なんだかまったく自然にここで生まれ育ったかのようにふるまっておりました。

 

それからちょうど一年目に私は大動脈解離を起こし病院に緊急搬送されましたが、その1年の間毎日朝夕チビ太と散歩をして体力がついていたのでしょう、それを乗り切ることができました。チビ太は命の恩人です。

たまたま本当に初めてのことですが我が家のあちこちを小修理するので便利屋さんが入っておりました。彼にその間のチビ太の食事などをお願いしていたのですが、それがなきゃ私はおちおちと病院に入っていられなくって逃げ出していたでしょうね。

そのちょっと前、211の時も、知人のご家族が被災されお手伝いに行こうとしていた時に、チビ太をどうしようと悩んでいた時に、すぐに面倒を見てくださる方が見つかって、我が家にいるよりもはるかに手厚い待遇、、、食事だってすごかったんですから、、、を受けていたんです。チビ太って、信じられないくらいに幸運な犬だったんです。

フィラリアもそうだし、その後の頸椎ヘルニア、、、私のところにいなきゃ死んでいたでしょうし、これまたチビ太の強運? こっちは疑問符付きですね~  他の家だったらチビ太の見果てぬ夢の松坂牛一頭ってのもあったかもしれませんからね~

 

 

チビ太がどっか調子が悪い時、あるいはその逆で私が調子が悪い時、へんなシンクロニゼーションが起きるのです。チビ太と似たようなところの調子が悪くなる。あるいは私の調子が悪いとチビ太も変になる、、、 どうもただならぬ関係だったようで、、、  もっとも獣医さんは、飼い主の様子を見て変調を起こすんですなんてさらっと説明してましたけど。

 

迷わず虹の橋を渡って、私の居場所も見つけて守ってくれって言いたいけど、そんなことを言ったらチビ太に、「チビ太は「天国良いとこ」だけど、おいちゃんはこっちには来れないよ」なんてうそぶかれるかな~なんて、、ありえますよね~

 

 

写真は昨日の深夜、苦しそうな息をしておりましたので抱いておりましたら少し安心したって風情のところ、、、

このままなんともなく過ごせたらよかったのに、、、

 

 

 

有り得ないこと

先ほどから小鳥がたくさんやってきています。

最初はエナガ。庭の桜の枝に止まってしきりにこちらの中を気にしていました。

いつもと様子が違うなって思っておりましたら、今度は反対側の窓の縁にシジュウカラがとまって部屋の中に入ろうとガラスに何度もアタックしていました。

そして、今は鶯がこちらを見ております。

みんな、普段とは違う様子、行動。

お別れを言いに来てくれたんでしょうか。

 

 

コメントを頂いた方々へ

たくさんの方からお悔やみを頂いております。

ただ、おいちゃんは気が抜けてしまっていて、皆様にご返事するのが難しい状態です。

大変申し訳ありませんが、これを皆様方へのご返事として受け取ってください。

ありがとうございました。

 

 

 


暖かい、そして眠い

2022年03月15日 14時18分24秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

 

昨日などは日陰に止めておいた車の車外温度計が24度を示しておりました。今朝日が変わるころにも室内温度は20度。

こぶしの花もかなり盛大に咲き揃ってきていました。

下の田んぼからは、田起こしでしょうか重機の音が聞こえてきています。

暖かいっていうより、冬の寒さに慣れたこの体にはむしろ暑いくらいでした。

 

でも眠い。眠いんです。眠れなくって、、、

「恋の病?」なんてことじゃなくって、、、 それなら大歓迎なんですけどね~

チビ太のせい。この2,3日チビ太、なんかおかしい。昼間に5,6歩歩いてはバランスを崩して倒れて、起き上がれない、起こしてって泣くのは今までもありましたが、これが夜中にも始まった。ベッドに入るとしばらくはおとなしく寝ていると思ていると、モソモソ動き出して歩きたいになって、これがまた5,6歩でバタン、ギャ~の繰り返し。

泣かれるのは我慢できなくはないんですけど、起き上がれないと手足をバタバタさせて、頭もそれにつれて上下させ、手足や唇を切ってあちこちに血を流しちゃうんです。当人はあまり気にならないようですけど、見ている方が精神衛生上よくない、、、

その都度起こされてお世話させられて、、、、昨日やっと寝れたのは5時くらい、今日は6時くらいでした。

何がそうさせるのか分かりませんが、チビ太に取っては一大事のことなんでしょうけど、、、私もダウンしそう。

その都度起こしてあげたり、うんち、おっしっこ、、、って手当てをしたり、ぎっくり腰が治らないので体を動かしたら、チビを抱き起したりするのがたいへんなんです。

 

チビが泣いてます、、、起こせって言ってるのでしょうけど、、、

こっちも泣きたい。


怖いもの、、、大好き

2022年02月18日 12時24分35秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

チビ太はルンバが大好き。

行きたいところへちゃんと歩いていけないくせに、ルンバにはしょっちゅうちょっかいを出しに行く。そしていけない所へ手を触れたりしてルンバに怒られて、ブルブルブルって攻撃されると、怖くって逃げてしまう。

なのに、それでもルンバちゃん大好き。

男ってのは、学習能力がないのかね~

何百万年同じことをしている。

チビ太も、おいちゃんも、世の中の男たちも、、、、

死ぬまでずっと怖いものに惹かれ続けて、この世は憂き世だって嘆いている。

自業自得なのは分かっているんだけどね~

 

 

 


ねぇ、おいちゃん、、、

2022年01月29日 21時23分27秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ

 

ねぇ、おいちゃん。考えてみると、チビ太は今年で16歳になるんだよ。

もう老い先長くはないんだよ。

死ぬまでに一度でいいから血の滴るような松坂牛、せめて1キロくらいでいいから食べたいな~

食べすぎて死んじゃったりしても本望なんだけど、、