社会科学上の不満

政治・経済上の不満のハケ口(左翼出入り禁止)
外交と防衛、歴史と現状についての不満のハケ口。(観念論の方は出入り禁止)

2011年当時の帰化人国会議員リスト

2016-09-09 00:00:32 | 外交と防衛

 本当は幾ら国会議員でも人権に触れるため出したくはなかったのであるが、帰化議員のリストである。國民新聞、平成23年12月25日付日曜版

 帰化人国会議員一覧

(2011年12月25日、國民新聞) 

 民主党

小沢一郎(実父が済州島出身、実母は在日朝鮮人)

菅直人(実母が済州島出身) 

土井たか子(本名・李高順、1958年10月26日帰化)

千葉景子

近藤昭一

岩國哲人

土肥隆一

金田誠一

岡崎トミ子

簗瀬進

山下八洲夫

中川正春

横路孝弘

神本美恵子

鉢呂吉雄

今野東

松野信夫

平岡秀夫

赤松広隆

小宮山洋子 


鳩山由紀夫(実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子、妻の幸は在日韓国人)

横光克彦

松岡徹

水岡俊一

群和子

犬塚直史

佐藤泰介

谷博之

藤田幸久 

増子輝彦

江田五月

高木義明

中嶋良充

円より子

中村哲治

藤谷光信

室井邦彦

横峯良郎

白真勲

奥村展三

小沢鋭仁

川端達夫

佐々木隆博

末松義規

西村智奈美 

細川律夫

家西悟

小川敏夫

津田弥太郎

ツルネン・マルティ

那谷屋正義

内藤正光

福山哲郎

峰崎直樹

郡司彰

小川勝也

諸氏ら56人 

 

社民党

福島瑞穂(本名・趙春花、1986年2月15日帰化)

辻元清美

保坂展人

照屋寛徳

日森文尋

近藤正道

又市征治 

公明党

東順治

上田勇 

自民党

山崎拓

河野太郎

加藤紘一

衛藤征士郎

河村建夫

中川秀直

犬村秀章

野田毅

太田誠一

二階俊博

大野功統

馳浩 

 

「本紙に一覧表を提供した吉田滋氏は、『この資料の真実性はほぼ間違いない』 と述べている」(國民新聞) 

  後帰化ジュニアの連中や背乗りの疑いがある連中か?舛添要一と前原誠司か他にも未だいるのかな。これは日本国民として恐怖の何ものでもない。総理大臣2人(野田氏?のため)と野党の党首や自民党の重鎮とされる方々にまで帰化人である。はたして彼らは元祖国の国籍離脱証明書を提出できるか?ここが問題の核心である。中華民国やモンゴル等の国からの帰化であれば国籍離脱証明書を提出は問題ないであろうが、韓国や北朝鮮からの国籍離脱証明書の取得は不可能に近い。韓国には「遡って徴兵忌避者の国籍離脱を禁じる」法律がある。はたして国籍離脱証明書を提出ができるのか。

 靖国参拝について石原慎太郎元東京都知事に「野党は参拝しませんが?」との質問に応えて曰く「あいつら日本人ではないんだよ」。これジョークではなかったのである。

 帰化人の立候補の制約(3代目から)が望ましいが憲法上可能か?しかし米国と同様に選挙公報に3代のパーソナル・ヒストリーを記載することは現行法上でも直ぐにできるのではないか?

 朝鮮飲み「三つ子の魂百までも」幼少時の躾は怖い

 帰化議員は良くTVに出演しているメンバーのようだ、これにも裏がありそうだ。マスコミが在日に支配されているからか?本当に「スイスの民間防衛」の教本通りの侵略方法だな。本当に驚く。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 帰化議員は戦々恐々! | トップ | スイスの民間防衛に見る「静... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪まつり)
2016-09-09 18:12:24
凄いことになってますね!気持ち悪いほどたくさんいるのですね~。該当者は、祖国の利益ために働いているのでしょうが、何かあっても祖国の担保はないんだろうな~と思います。特アのことですから利用するだけして、ポイ捨てされるのでしょう…。
Unknown (福本誠二郎)
2017-05-09 18:18:02
陳哲郎は、帰化して名前を福山哲郎に改め、日本国籍を取得して日本の国会議員にまでなっているものの、やはり「息を吐くように嘘を吐く朝鮮人」のDNAは変えることはできない。
Unknown (通りすがり)
2019-02-16 19:18:45
河野太郎さんはどういう出自なのでしょうか。親である河野洋平氏や祖父の河野一郎氏との婚姻関係であちらとの血縁が出来たのでしょうか。日本は異常な国ですね。政治家の出自も帰化経歴も元の本名まで公表もされないのだから。プライバシーの保護ならぬ事実の隠蔽、国民の知る権利の侵害です。
Unknown (井頭山人)
2019-05-04 11:25:20
もう長い間に、茹でガエル状態で侵食されて居る。その事に気が付かず、のー天気な、お人好しの日本人が大多数です。一般の真正日本人の投票者は、こう云う事実を知って知るのでしょうか?、あまり現実の背後を見ず、自分の行楽的日常だけに関心を持つ大多数の日本人には凡そ危機感は有りません。日本の国会議員地方議員にはスパイが潜入して居ます。これは世界に例の無い異常な国です。一旦事が起これば、駆逐されると思いたいが、起こってからでは既に遅い。国民の厳しい眼の無い痴呆化は、テレビ・新聞・週刊誌の洗脳ですが、これはやがて大きな危機を生むはずです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交と防衛」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事