ファントム・競馬チャンネル

さっぽろファントムの競馬予想
競馬歴30数年の経験を元に書いてます。
2歳戦予想しません。

菊戦線、混沌?

2009-09-29 15:54:23 | 競馬(レース回顧・反省)
神戸新聞杯

結果

 1着 4番イコピコ
 2着▲13番リーチザクラウン  
 3着○11番セイウンワンダー
 4着◎ 5番アンライバルド
 5着  3番トップカミング

 9着△ 2番アプレザンレーヴ
10着△ 7番トライアンフマーチ


イコピコ、来ちゃいましたか・・・(爆)。
アプレザンレーヴ、とどっちにしようかと考えていた馬です。
そう、例によって、切った馬でした(撃沈)。
といっても、最初のチョイスの段階から「△」(複勝候補)でしたけど・・・(爆)。

それにしても、レコード決着したのですから、かなり力をつけてきているのでしょう。
春から、ずっと使い詰めで来てるので、この先の上積みという点で不安ですが、評価せざるを得ない内容だったと思います。
小雨の新馬戦(稍重)で大敗しているので、その点は注意が必要ですが、父は菊花賞馬なので、注目せざるを得ませんね。

2着リーチザクラウン。
まぁ、秋初戦としては、まずまず・・・?
逃げる事が出来れば、菊花賞でも上位に来ると思います。ただ、勝つまではどうか?

3着セイウンワンダー。
こちらも、上々の秋初戦でした。
ある程度、先行出来るのは、強みです。
こちらも勝つまでは、どうかと思いますが、掲示板には載ってくる能力はあります。
勝つ為には、あとは距離ですかね・・・。

アンライバルドは4着。
正直、ガッカリです。。。
しかしまぁ、依然として、菊花賞の有力馬の一頭であることには変わりありません。
絶対視は出来ない印象で、春ほどの勢いは、今のところ無いですね。
ただ、
皐月賞馬の菊花賞優勝馬は、意外に多いです。

アプレザンレーヴ9着、
トライアンフマーチ10着。
ん~、期待ハズレ・・・。
まぁ、鉄砲ということが敗因の可能性もあり、一概に軽視出来ませんが・・・。

いや~、これなら、ブエナビスタの方が強いような感じが、益々して来ました(爆)。
実際、
このメンバーと走らせてみたいですね(笑)。
コメント

神戸新聞杯/オールカマー

2009-09-26 21:27:21 | 競馬(レース予想)
(菊花賞トライアル)
第57回神戸新聞杯(GⅡ、3歳、芝2400m)

◎ 5番アンライバルド
○11番セイウンワンダー
▲13番リーチザクラウン
△ 2番アプレザンレーヴ
△ 7番トライアンフマーチ

ちょっと時間がないので、手短に・・・。

本命は、5番アンライバルド。
ダービーは度外視です。
あのレース自体、道悪巧者を見分ける以外、なんの価値もありません。
ただし・・・、まぁ、この先、ロジユニヴァースが良馬場でも勝ち続ければ、別の話ですが・・・(爆)。

対抗は、11番セイウンワンダー。
馬体重が気になるところですが、510kg台なら、力を出せるでしょう。

3番手に13番リーチザクラウン。
ロジユニヴァースと違って、この馬には、それなりのスピードがあります。
ただし、単騎の逃げが絶対条件。
逃げなければ、単なる二流馬です。

あと、
2番アプレザンレーヴは、ダービーでも好走しているように、スタミナはありますので、先行すればしぶといと思います。

7番トライアンフマーチも、皐月賞のパフォーマンスから、良馬場なら、好勝負でしょう。


ワイドBOX。。。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着 4番イコピコ
 2着▲13番リーチザクラウン  
 3着○11番セイウンワンダー
 4着◎ 5番アンライバルド
 5着  3番トップカミング

 9着△ 2番アプレザンレーヴ
10着△ 7番トライアンフマーチ

反省回顧、別記事で・・・。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

第55回オールカマー
(GⅡ、3歳上、芝2200m)

◎ 2番シンゲン
○ 9番ドリームジャーニー
▲15番マツリダゴッホ
△11番ダンスアジョイ
△13番トウショウシロッコ


2番シンゲンに期待します。
休み明けですが、鉄砲実績も有り、なんと言っても、3連勝はなかなか出来ません。
ここが真価を問われる一戦です。

9番ドリームジャーニーが対抗。
さすがに、小柄な馬体で59kgは厳しいです。
しかし、それ以上に、本格化している印象もあり、勝ち負けでしょう。

3番手に15番マツリダゴッホ・・・。
まぁ、往年の勢いは無いかもしれませんが、中山コースの「鬼」と言う実績は、無視出来ません。

以下、
11番ダンスアジョイと、
13番トウショウシロッコ・・・。

マイネルチャールズも、中山コース得意ですが、今年の4歳馬は、あまりあてに出来ません。高速決着では厳しいでしょう。

こちらも、ワイドBOXです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着▲15番マツリダゴッホ
 2着○ 9番ドリームジャーニー
 3着◎ 2番シンゲン
 4着△13番トウショウシロッコ
 5着  6番マンハッタンスカイ
 6着△11番ダンスアジョイ

近年は、天皇賞、JCには、あまり結びつかないレースとなっていますが、今年はどうでしょう?
ある程度の好タイムで決着しましたので、結果を吟味する必要はありそうですね。

勝ったマツリダゴッホも、まだまだ侮れない印象。
気分次第の部分はありますが、東京コースでもそれなりの実績を残していますので、注意は必要でしょう。

ドリームジャーニーも、本格化しています。
不得手(?)な東京コースといわれていますが、馬券に絡んでくる力はあります。
主力の一頭と考えて良いでしょう。

3着シンゲン。
この馬がもっとも警戒が必要です。
鉄砲が得意とは言え、不得手と思われる中山コースでの好走は、得意の東京コースでの逆転を信じさせてくれる印象です。

4着トウショウシロッコ。
まぁ、ここまででしょうか?
これ以上はちょっと、望めない感じですが・・・。

他の馬は、警戒不要?
まぁ、もう一戦有るので、それ次第の馬も、1~2頭は、いるかな?
コメント

打倒ブエナビスタは???

2009-09-22 18:46:00 | 競馬(レース回顧・反省)
ローズステークス

結果

 1着△ 4番ブロードストリート
 2着◎11番レッドディザイア
 3着 13番クーデグレイス
 4着△ 9番ミクロコスモス
 5着  5番ボンバルリーナ

 9着▲ 3番ワイドサファイア
11着○ 8番ジェルミナル
16着△ 1番ヒカルアマランサス


レッドディザイアが負けました。
道中の位置取りは、桜花賞とほぼ同じ(13番手)。
上がりは、もちろん1位の34秒0なら、休み明けを考えれば、十分に力を発揮していると思います。
・・・が、レコード決着は誤算(?)・・・でしたね。
でも、悲観する内容ではありません。
十分強い内容でした。

しかし、それ以上に、
勝ったブロードストリートは、この距離での能力の高さを示したと言えましょう。
もちろん、大きく成長しているということになります。
休み明けでレコード勝ちということで、秋華賞に向けて反動が心配ですが、直前調教などで状態を吟味ですね。
ブエナビスタとは、ともかく、レッドディザイアとの差は、かなり縮まって来たと考えています。

3着クーデグレイス。
無警戒でした。
この夏に成長した一頭ですね。
新馬戦以降は、いずれも着差は0秒4以内で、これまで10戦して、掲示板を外したことがありません。
秋華賞でも、第3の馬として注意は必要でしょう。

4着ミクロコスモスも、まずまずですね。
上位とは、差が有りますが、依然として、3番手グループの1頭には、変わりありません。

ワイドサファイア、ジェルミナルは、案外な結果でした。春の勢いを考えると、この秋は、若干割引が必要でしょうか?
しかし、共に休み明けであることを考えれば、巻き返しは可能、本番でも注意すべき馬であるとは思います。

打倒ブエナビスタ、と言う意味では、なかなか頼もしい馬が出て来たといえましょうが、本番でも、レコード決着になるほどのレースになるかどうか?

そのあたり、出走出来るメンバーによって、流れが左右されそうですから、スローで、直線の瞬発力勝負になると、いかに直線が短くても、ある程度作戦を考えているであろうブエナビスタの独壇場になる可能性は大きいと考えます。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

セントライト記念

結果

 1着▲17番ナカヤマフェスタ
 2着○11番セイクリッドバレー
 3着 14番フォゲッタブル
 4着◎12番アドマイヤメジャー
 5着  3番ヒカルマイステージ
 6着△18番マッハヴェロシティ

14着△10番ゴールデンチケット


牝馬に比べると、牡馬は依然として混沌・・・。
そんな中、2歳重賞の勝ち馬である、ナカヤマフェスタの勝利は、光明と言えるでしょうか・・・?。
勝ちタイムもまずまずというところで、血統的にも、母父がリボー系で、底力、スタミナを備えており、菊花賞でも大いに注目出来そう。
それにしても、ステイゴールド産駒は、デビュー以来、毎年のように活躍馬を輩出しており、けっして一流牝馬との配合というわけでもないので、感嘆するばかり。

2着セイクリッドバレー。
ここ4戦は、追い込みに徹する競馬でしたが、今回は先行(6番手)しての結果で、調子の良さをうかがわせました。
Hail to Reason の4×5の他、父タニノギムレット自身に、グロースターク(父リボー)の4×5を内包。
大レースで力を発揮出来る血統です。
伏兵の1頭にはなりえるでしょう。

3着フォゲッタブル。
完全にノーマークでした。
ってゆうか、エアグルーヴの子供!(爆)。
今気付きました・・・(苦笑)。
今回は中団からの競馬で、上がり2位の34秒9という末脚で突っ込んで来ました。
乗り方が難しいのか、成績が安定してないですね。
本番での取捨も難しそう。。。

人気のアドマイヤメジャーは4着。
今日は、後方13番手からの競馬で、最後は良く伸びているのですが、届きませんでした。
ということは、菊花賞は出れない?

5着ヒカルマイステージ、6着マッハヴェロシティあたりも、菊花賞に出れれば、そこそこ面白そうな存在ですが、現状では、出走以前に、競馬の内容が厳しいですね。

ゴールデンチケットは、ダートで頑張ってもらいましょう(爆)。ハハハ・・・。
コメント

エルムS

2009-09-20 18:33:49 | 競馬(レース予想)
第14回エルムステークス
(GⅢ、3歳上、ダート1800m)

◎15番トランセンド
○ 1番ウォータクティクス
▲13番アロンダイト
△ 7番マチカネニホンバレ
△ 8番ナムラハンター
△10番トシナギサ


15番トランセンドで、間違いないでしょう。
前走の勝ちっぷりは圧巻でした。
まさに、ダートの鬼・・・です。

2番手以降は混戦・・・。
前走で連勝が途切れ、休養に入った1番ウォータクティクスの鉄砲実績を考慮して対抗に推します。

3番手は、新潟コースに実績のある13番アロンダイト。左回りは3着を外していませんし、そろそろ完全復調も近いのでは?

以下、3頭ほど、先行馬を・・・。
7番マチカネニホンバレは、北村騎手に戻って、見直したいです。

8番ナムラハンター前走勝ちの勢いと、斤量が1.5kg軽くなりますので、その辺りに期待します。

もう一頭、10番トシナギサ。
逃げて3連勝と勢いがあります。
ただ、同型馬も多く、すんなり逃げれないと脆いようです。

シルククルセイダーは、乗り代わり・・・、前走のタイムも、重馬場にしては平凡で、強調出来ません。

印は付けませんでしたが、トランセンドと同配合のクリールパッションは、2連勝で勢いはあるでしょう。左回りも好相性で、不気味です。


トランセンド軸固定で、3連複流し。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着△ 7番マチカネニホンバレ
 2着  3番ネイキッド
 3着 14番クリールパッション
 4着◎15番トランセンド
 5着△ 8番ナムラハンター
 6着▲13番アロンダイト

13着△10番トシナギサ

出走取消○ 1番ウォータクティクス


ん~、トランセンド、案外でしたね。
乗り方次第(早め先頭)で、もう少し何とかなるかな?・・・あるいは逃げた方が良いのか?

ペースは中間600mから一気にスローに落ちて、残り4Fからまた速くなりました。
やや乱ペースだったでしょうか?

今後に繋がるのは、マチカネニホンバレぐらい?
ネイキッドは、無警戒でしたが、狙いにくいですね。
コメント

ローズS/セントライト記念

2009-09-19 20:03:59 | 競馬(レース予想)
(秋華賞トライアル)
第27回ローズステークス
(GⅡ、3歳牝馬、芝1800m)

◎11番レッドディザイア
○ 8番ジェルミナル
▲ 3番ワイドサファイア
△ 1番ヒカルアマランサス
△ 4番ブロードストリート
△ 9番ミクロコスモス

1着、2着は堅いようなレース・・・?

本命はもちろん、11番レッドディザイアです。
例年のオークス勝ち馬を100点とすると、この馬は130点。どんな条件であろうと、こんな所では負けられないです。

対抗ももちろん、8番ジェルミナルです。
例年なら、間違いなく、オークス馬になっている馬です。生まれた時代が悪かったとは、まさにこの馬のための言葉(笑)・・・。
休み明けで取りこぼしは考えられますが、このメンバーで、3着を外すことは考えにくいです。

3番手に、オークスを走っていない3番ワイドサファイアは、いかがでしょう?(笑)。
毎日杯が0秒3差7着で、数字ほど、コース相性も悪くないです。ただ休み明けなので、その点が不安材料・・・。

あとは、
新馬、特別と連勝している1番ヒカルアマランサス。
春はそのあと、無理使い?なのか、1戦したあと休養に入りましたが、素質は高いはずです。

もう一頭、4番ブロードストリート。
オークス4着馬なら、ここでは馬券圏内に入ってもらわなくては、困りますね。

そして、9番ミクロコスモスも入れましょう。
休み明けをしっかり勝って、勢いがありそうです。



馬券は、
レッドディザイア固定の3連複BOX(流し?)。




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着△ 4番ブロードストリート
 2着◎11番レッドディザイア
 3着 13番クーデグレイス
 4着△ 9番ミクロコスモス
 5着  5番ボンバルリーナ

 9着▲ 3番ワイドサファイア
11着○ 8番ジェルミナル
16着△ 1番ヒカルアマランサス

あれれれれ~???
超高速決着で、
レッドディザイア負けちゃいましたね・・・。

回顧反省は、後日・・・。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

(菊花賞トライアル)
第63回 セントライト記念
(JPNⅡ、3歳、芝2200m)

◎12番アドマイヤメジャー
○11番セイクリッドバレー
▲17番ナカヤマフェスタ
△10番ゴールデンチケット
△18番マッハヴェロシティ


正直、牡馬戦線は、サッパリ解かりません。
なんせ、皐月賞で、人気の2頭がこけて、ダービーはその2頭で決ったのですから、どう推理すれば良いか?・・・。

とにかく、あのダービーは、超不良馬場で、結果自体、異質なものと考えています。
リーチザクラウンはともかく、ロジユニヴァースに関しては、未だに、時計面での不安は打ち消せません。

はいはい、出ていない馬の話をしても仕方がありません(爆)。本題に戻りましょう。

本命は、12番アドマイヤメジャー。
目下3連勝中という勢いを買いました。
末脚も確実で、好勝負出来ると思います。
初コースと輸送が不安材用ではありますが・・・。

対抗は、11番セイクリットリバー。
脚質的に、中山の直線は不向きでありますが、コース相性は悪くありませんし、前走、好時計で勝っている勢いがあります。
好勝負を期待します。

3番手は、17番ナカヤマフェスタ。
ダービー4着は、このメンバーでは抜けていると思いますが、如何せん、超不良馬場でしたので、度外視します。
休み明けは、かなり不安ですが、やはり実績がありますので、警戒は必要でしょう。
能力通りなら、勝って当たり前です。

あとは、10番ゴールデンチケット。
ダートでは、かなりの強豪ですが、芝にも実績があり、注意は必要でしょう。

もう一頭、18番マッハヴェロシティ。
能力的には、ここでも十分通用しそうです。



馬券は、例によって、ワイドBOXで・・・(爆)。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着▲17番ナカヤマフェスタ
 2着○11番セイクリッドバレー
 3着 14番フォゲッタブル
 4着◎12番アドマイヤメジャー
 5着  3番ヒカルマイステージ
 6着△18番マッハヴェロシティ

14着△10番ゴールデンチケット

3着のフォゲッタブルは無警戒でしたが、まぁ順当な結果でしょうか?

回顧反省、後日いたします・・・。
コメント

セントウルS/京成杯AH

2009-09-12 20:37:37 | 競馬(レース予想)
第23回 セントウルステークス
(GⅡ、3歳上、芝1200m)

◎ 6番カノヤザクラ
○ 8番スリープレスナイト
▲ 5番ローレルゲレイロ
△ 3番ソルジャーズソング
△ 7番サンダルフォン

サマースプリントチャンピオンを狙う、6番カノヤザクラが本命です。
他の有力馬に比べ、順調さと、斤量面で有利と判断しました。コース相性も良く、勝ち負け出来るでしょう。

対抗は、8番スリープレスナイト。
順調さに欠け、ぶっつけになったこの春の高松宮記念が2着なら、この秋、調整過程がスムーズな今回は、十分勝ち負け出来そうです。
ただ、斤量がやや不安・・・、その分割り引きました。

3番手は、5番ローレルゲレイロ。
休み明けで、59kgは、いかにも不利な材料ですが、距離、コースとも得意で、楽に鼻に立てるようなら、勝ち負けしてもおかしくありません。

あとは、
高松宮記念3着が光る、3番ソルジャーズソング。
鉄砲実績もあり、休み明けでも、そこそこ行けるのでは?

もう1頭、7番サンダルフォン。
前走勝ちの勢いを買いましたが、今回は+3kgの57kgなら、割引は必要です。
調子の良さで、上位にどこまで迫れるか?


ワイドBOX。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着 16番アルティマトゥーレ
 2着○ 8番スリープレスナイト
 3着 15番コスモベル
 4着◎ 6番カノヤザクラ
 5着 12番マルカフェニックス

 7着△ 7番サンダルフォン
10着△ 3番ソルジャーズソング
14着▲ 5番ローレルゲレイロ

侮ってましたぁ~・・・ゴメンねェ~(爆)。
こと1200m戦では、このところ3連勝していましたね。しかも、強い内容です。ソルジャーズソングに印を付けるぐらいなら、こちらでしたね。
スプリンターズSでも警戒が必要でしょう。

2着スリープレスナイト。
さすがです!・・・1200戦は、依然として、連対継続中、まさに、バリバリのGⅠホースです。
スプリンターズS連覇濃厚と思われます。

3着コスモベル。
先行策が成功しました。それにしても、粘りましたね。近走の成績から軽視していましたが、申し訳ないです。。。

カノヤザクラは4着。
ん~、今日は、後ろ過ぎました。
最後も伸びているだけに、もったいないレースでした。

5着のマルカフェニックスは、阪神巧者ぶりを発揮しましたねぇ。でもまぁ、ここまででしょうか・・・。

サンダルフォンは斤量的に、こんなもんですかね?

ローレルゲレイロは、本番前のひと叩きにしては、ちょっと・・・。59kgでも、そこそこやってくれると思ったんですけどねぇ・・・。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

第54回 京成杯オータムハンデキャップ
(GⅢ、3歳上、ハンデ、芝1600m)

◎14番マイネルスケルツィ
○11番ヒカルオオゾラ
▲ 5番エフティマイア
△ 4番ショウワモダン
△10番サイレントプライド

こちらがハンデ戦・・・(笑)。
あまりそういう印象は持てないので、印は付け易かったかな?
まぁ、当たるかどうかは、
もちろん、別問題ですが・・・(爆)。

本命は、14番マイネルスケルツィ。
休み明けをひと叩きして、調子が悪かろうはずがありません。コース相性は抜群に良いので、勝ち負けを期待します。
強力な先行馬もいないので、展開も有利です。

対抗は、11番ヒカルオオゾラ。
そろそろ、勝てそうですが、今回57kgは、やや見込まれたかな?
しかし調教が抜群だったようで、十分勝ち負けは出来るはずです。
まぁ、大きく崩れる事は無いでしょう。

3番手は、5番エフティマイア。
休み明けの前走、メドの立つ競馬をしました。
ただ、中山コースに良積がありません。
54kgなら、何とか踏ん張ってもらいたいと考えますが、速い決着だと厳しそうです。

あとは、4番ショウワモダン。
馬場が渋れば、なお良いですが、コース相性も悪くありませんので、そこそこやってくれそうです。

もう一頭は、10番サイレントプライド。
昨年の秋以降、やや精彩を欠いていますが、力はあります。まぁ、あてにしづらい面も確かにありますが、抜群の鉄砲実績に賭けて見ましょう(笑)。
58kgなら、このメンバーでもやれるはずです。


ワイドBOXです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着  3番ザレマ
 2着  7番アップドラフト
 3着◎14番マイネルスケルツィ
 4着  1番ケイアイライジン
 5着△10番サイレントプライド

 9着○11番ヒカルオオゾラ
10着△ 4番ショウワモダン
11着▲ 5番エフティマイア

なんと!、ザレマが、ここで、来ちゃったんですね(爆)。参りました・・・。
牝馬限定戦でも勝ち切れてなかったのに、ここで勝ちますか?(笑)。
さすが、ハンデ戦です(爆)。
難しいですねぇ~・・・。
内田騎手ですかね?、ポイントは?
内容も良かったですから、マイルCS行っちゃいます?・・・やはりマイルが合っているようなので、それがいいのでは?

2着アップドラフト。
これは、大健闘です。
でも、当てるのは無理・・・(爆)。
おっと、でも、オイラの資料では、「上昇度」は一番でした。・・・でも無理(爆)。

マイネルスケルツィ3着・・・。
粘れないなぁ・・・。まぁ、仕方が無い・・・。

ケイアイライジン、出遅れが響きましたね。でも、力のあるところは見せられました。次走も警戒必要ですね。

サイレントプライド5着。
さすがです(笑)。まぁ、形は作ってくれました。

ヒカルオオゾラ9着。
あれれれ?・・・どうしちゃったかな?(爆)。

先週に引き続き、ボロボロな結果でした。
無念・・・。
コメント

朝日CC

2009-09-11 22:32:51 | 競馬(レース予想)
第60回 朝日チャレンジカップ
(GⅢ、3歳上、芝2000m)

◎14番マストビートゥルー
○10番クラウンプリンセス
▲ 6番キャプテントゥーレ
△ 3番アルコセニョーラ
△16番サンライズベガ

さて、先週は、2歳戦のみだったので、
久し振りに、お休みでした(笑)。
2歳戦の重賞は予想出来ませんので、あしからず。

で・・・、
その分、今週は、土曜日からGⅢですね・・・。

え~、これは難しいです。。。
前走が、ハンデ戦の馬が多いので、そこらへんの見極めが、非常に難しい。

ということで、
ここ2戦、調子の良さそうな馬をピックアップ。

本命は、14番マストビートゥルー。
小倉で調子を上げてきました。
2走前も8着とは言え、僅か0秒2差・・・。
雨もありそうなので、多少渋っても問題無しです。
鞍乗も武豊騎手で、勝っておきたいレースですね。

対抗は、10番クラウンプリンセス。
休み明けのマーメイドSは案外ですが、それ以降の2戦は、なかなかです。
斤量が1kg増えますが、まぁ、大丈夫・・・?
上昇度がメンバーで一番らしいので、それを信用しました。

3番手は、6番キャプテントゥーレ。
やや、冒険です(笑)。
長期休み明けの前走で、0秒5差4着。
皐月賞馬として、まずまずだと思います。
となれば、ここは、勝ち負け・・・?
まぁでも、
正直、走ってみないとなんともいえないです・・・。

以下は、
ここ2走、0秒1差の2着、5着と、好調な3番アルコセニョーラ。初コースですが、血統的(父ステイゴールド)に、問題ないでしょう。
今回は、四位騎手がテン乗り・・・、期待も高まります。
(表現、合ってますよね?・・・爆)

もう1頭、16番サンライズベガ。
今春から、着実に力をつけてきています。
前走も、あわやの惜しいレースでしたが、今回斤量が+2kg・・・、試金石のレースだと思います。

ワイドBOX・・・。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着▲ 6番キャプテントゥーレ
 2着 11番ブレイクランアウト
 3着  8番トーホウアラン
 4着 15番テイエムアンコール
 5着△16番サンライズベガ
 6着  9番ベッラレイア
 7着△ 3番アルコセニョーラ
 8着○10番クラウンプリンセス

16着◎14番マストビートゥルー(ビリ)

キャプテントゥーレ、強かったですねぇ。
抜かせない、勝負根性が素晴らしいです。
皐月賞時の姿に戻ったと言えるでしょう。
楽しみな一頭が復活しましたね。

2着のブレイクランアウトには、正直驚きました。
共同通信杯以降は、精彩を欠いていましたが、これはおそらく、無理にGⅠに合わせたせいでしょうか?
今後も警戒しなければいけませんね。
とは言え、勝ち馬が56kgで、こちらは53kg・・・、休み明けであることを考慮すれば、頑張った印象ですが、実力差は歴然とした感じです。

3着トーホウアラン・・・。
阪神は走りますねぇ。
というか、遠征(輸送)がダメなのかな?
まぁ、このメンバーでは力は上位なので、これぐらいは走って当然なんでしょうか?
しかし、9ヶ月休み明けでは、印は難しい・・・。

4着以下は、どんぐりの背比べ?(爆)。

クラウンプリンセス、アルコセニョーラあたりは、前半スローの流れで、展開が向かなかったですね。

ってゆうか、
オイラの本命、マストビートゥルーは最下位・・・。
なんで?・・・(爆沈)。

久し振りに(?)、ボロボロ・・・です。。。
コメント