ファントム・競馬チャンネル

さっぽろファントムの競馬予想
競馬歴30数年の経験を元に書いてます。
2歳戦予想しません。

函館記念

2008-07-26 22:49:46 | 競馬(レース予想)
第44回 函館記念 (jpnⅢ、3歳上、ハンデ、芝2000m)

◎ 6番ミストラルクルーズ
○11番フィールドベアー
▲ 8番ピサノパテック
△ 2番マンハッタンスカイ
△ 9番メイショウレガーロ


本命は、6番ミストラルクルーズ。
休み明けの前走を差の無い2着で、ハンデもプラス1kgなら恵まれた印象。函館コースも相性が良く、勢いの乗って、ここは勝機。三浦皇成騎手にも期待します。

対抗は、11番フィールドベアー。
函館巧者。
前走のような競馬が出来れば、ここでも、もちろん勝ち負け。

3番手は、8番ピサノパテック。
マヤノライジンと斤量が入れ替わり、恵まれた印象あり。
ホワイト騎手も2度目の騎乗で、今度はチャンスか?

あとは、
2番マンハッタンスカイ。
前走から200m延長で勝機あり。

もう1頭、9番メイショウレガーロ。
乗り替わりは、マイナス材料ですが、コース相性は良さそうです。ハンデも手頃で、入賞圏内です。

3枠の2頭ですが、
タスカータは、斤量見込まれ過ぎ?

トーセンは、近走は追い込み一手で厳しいか・・・。

マヤノライジンは、距離延長で割引。

トウショウシロッコ、は本調子には、もう少し?

4連覇の懸かるエリモハリアー、ひと叩きして、このレース目標は判りますが、前走の内容が悪すぎ。ここは厳しいと見ました。

穴なら、鉄砲の利く、13番センカクかな。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着  4番トーセンキャプテン
 2着○11番フィールドベアー
 3着△ 2番マンハッタンスカイ
 4着 14番エリモハリヤー 
 5着  7番マヤノライジン
 6着▲ 8番ピサノパテック
 7着  3番タスカータソルテ
 8着◎ 6番ミストラルクルーズ
 9着△ 9番メイショウレガーロ

テン乗りの藤岡騎手が上手く乗りましたねぇ。
しかしながら、トーセンキャプテン自体は、近走、堅実な末脚を見せていましたので、一応チェックはしていましたが、検討の段階で、外してしまいました。
前半、ちょっと早めのペースだったんでしょうか?・・・結構、上がりの掛かった(36秒9)競馬ですね。

それにしても、エリモハリアー大健闘だと思います。

オイラの本命、ミストラルクルーズ、大失望・・・(爆)。


予想的には、惨敗でした。
コメント

アイビスSD

2008-07-19 22:10:22 | 競馬(レース予想)
第8回 アイビスサマーダッシュ
(jpnⅢ、3歳上、芝1000m)

◎13番ステキシンスケクン
○18番カノヤザクラ
▲ 8番エムオーウイナー
△ 3番クーベルチュール
△11番ナカヤマパラダイス

本命は、13番ステキシンスケクン。
前走、ダートを使ったというのがミソ。
一般的に見て、直後の芝レースでの好走例多し。
ただし、新潟コースの相性は、あまり良くないですね。

対抗は、18番カノヤザクラです。
勘です(爆)。いや、流れに乗せて行かせれば、かなり勝負強い馬だと思います。案外、直線レース向き?・・・。

3番手に8番エムオーウイナー。
成績が極端ですが、直線コースなら!という感じです。

あとは、休み明けですが、3番クーベルチュールと11番ナカヤマパラダイスは、押さえておきたいところです。
2頭とも、直線コースの実績があります。

あんまり考えても当たらないので(爆)、直感を信じましょう。

穴なら、5番シンボリグランか?
ブリンカーを装着するようです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着○18番カノヤザクラ
 2着  5番シンボリグラン
 3着  1番アポロドルチェ
 4着 16番サープラスシンガー
 5着△ 3番クーベルチュール
 6着◎13番ステキシンスケクン
 7着▲ 8番エムオーウイナー

13着△11番ナカヤマパラダイス

あ~、シンボリグラン、来ちゃいました!
印付けときゃ良かった(爆)。

まぁ、オイラの予想を毎週見ている人は、たぶんチェックしていたと思います。

そうですよ、印を付けない馬が、良く来ます(轟爆)。
もちろん、好走するかも?と、ちゃんと書いてますよ、はい。
コメント

七夕賞/プロキオンS

2008-07-12 22:38:46 | 競馬(レース予想)
第44回 七夕賞 (GⅢ、3歳上、ハンデ、芝2000m)

◎12番カネトシツヨシオー
○ 8番グラスボンバー
▲10番キャプテンベガ
△ 5番アルコセニョーラ
△ 7番マイネルキッツ

トップハンデの2頭を押します。
前走快勝の12番カネトシツヨシオー、ここ3走、抜群の末脚を見せており、特に前走では、3~4コーナーから進出するという器用なところもありますので、大崩れはないと思われます。

対抗とした8番グラスボンバー。
福島に実績がありますが、時計の速い決着では、若干、カネトシに分があると見ました。

3番手に10番キャプテンベガです。
高望みせず、地道に一歩ずつクラスを上げて来ました。ここもそれなりの結果が得られるのではないでしょうか?

以下は、福島に実績のある5番アルコセニョーラと、前走のレース内容から7番マイネルキッツを・・・。

印を付けませんでしたが、11番ミストラルクルーズ、適距離に戻って、そこそこのレースは出来るのでは?と考えますが、いかがでしょう?

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着  9番ミヤビランベリ
 2着 11番ミストラルクルーズ
 3着△ 7番マイネルキッツ
 4着▲10番キャプテンベガ
 5着  2番ヴィータローザ
 6着◎12番カネトシツヨシオー
 7着○ 8番グラスボンバー

12着△ 5番アルコセニョーラ

レース直前の井崎先生の言葉通り、ミヤビランベリが、まんまと逃げ切りましたねぇ、さすがです、先生!
今回、ランベリ自身の上がりが全体の5位タイ。
前半1000mが60秒3でしたので、やはりスローなんですね。
オイラには取れないレースでした。
でも、ミストラルクルーズは来ましたね。
カネトシツヨシオーは、いつもの末脚が出ませんでした。
キャプテンベガは、やっぱり一歩ずつって感じです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

第13回 プロキオンステークス
(GⅢ、3歳上、ダート1400m)

◎12番ワイルドワンダー
○13番リミットレスビッド
▲ 2番シルクビッグタイム
△ 3番ゼンノパルテノン
△ 7番サンライズバッカス

この距離、コース2戦2勝の12番ワイルドワンダーの勝ち負けは、間違いないところです。

対抗は、13番リミットレスビッド。
9歳ですが、ここなら十分勝ち負け。ワイルドワンダーより1kg重いので、その分割引しました。

3番手に2番シルクビッグタイムですが、ちょっと冒険かも?
53kgは有利ですが、力関係はどうでしょう?
前走は、ユビキタスに、1秒1、千切られています。ここで上位に来るようなら、ユビキタスは、相当強いということになりますね。

以下は、最近勝ち鞍の無い7番サンライズバッカスと、これまた、運が無い武豊騎手の3番ゼンノパルテノン。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着 11番ヴァンクルタテヤマ
 2着◎12番ワイルドワンダー
 3着△ 7番サンライズバッカス
 4着  8番バンブーエール
 5着▲ 2番シルクビッグタイム
 6着○13番リミットレスビッド

 9着△ 3番ゼンノパルテノン

ん~、無理!(爆)。
よほど調子が上がっていたんでしょうか?
上手く流れに乗れた感じですね。

シルクビッグタイムは、こんなもんでしょう。

リミットレスビッドは、もう厳しい感じ・・・?
内枠に入った時に、もう一度期待したいですが・・・。
コメント

函館SS/ラジオNIKKEI賞

2008-07-05 23:25:36 | 競馬(レース予想)
第15回 函館スプリントステークス
(jpnⅢ、3歳上、芝1200m)

◎ 2番スピニングノアール
○15番ルルパンブルー
▲14番タイセイアトム
△ 6番キンシャサノキセキ
△13番ミリオンウェーブ

え~、印を付けてから、失敗したなぁ~と思いましたが、とりあえず、これで行きましょう。

2番スピニングノアールは、休み明け3戦目。
しかし、この3戦目にあまり良いデータがないのです。。。
でも、調子は良さそうですし、今回もある程度先行して行くだろうと思います。函館のコース相性は未知数ですが、期待したいと思います。

対抗は、15番ルルパンブルー。
1200mは得意としていますので、51kgは有利でしょう。ちょっと外枠になってしまいましたが、フェアリーSを勝った時も外枠でしたので、かえって良かったかも?。

3番手は、14番タイセイアトム。
近走はダート中心に使われていますが、芝での実績もあり、ちょっと狙ってみようと思います。サクラバクシンオー産駒で、コース相性も悪くないと思います。

後は、フジキセキ産駒の2頭、
6番キンシャサノキセキと13番ミリオンウェーブ。
キンシャサは、休み明けなので、若干評価を下げました。
ミリオンは、暖かくなって調子を上げているように思いますし、前走勝った、角田騎手で斤量もマイナス3kgは魅力です。

トウショウカレッジは、最内枠ということで、嫌いました。
キングストレイルも、1200mだとちょっと忙しいんじゃないでしょうか?。ただ今回はホワイト騎手ですよね?。不気味です。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着△ 6番キンシャサノキセキ
 2着  1番トウショウカレッジ
 3着  8番キングストレイル
 4着 11番プレミアムボックス
 5着  3番ゴスホークケン
 6着◎ 2番スピニングノアール

13着△13番ミリオンウェーブ
14着
15着○15番ルルパンブルー
16着▲14番タイセイアトム

トウショウカレッジも、キングストレイルも
最初にチェックした5頭にいたんですけど、消してしまいました。なんということでしょう(爆)。
スピニングノアールが後方から行ったのには、ちょっと残念ですが、まぁ今回は四位騎手でしたので、仕方がないですかね・・・。
着順的には、現在の実力が、ある程度反映されていると思います。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

第57回 ラジオNIKKEI賞
(jpnⅢ、3歳、ハンデ、芝1800m)

◎ 7番スマートギア
○ 6番たケショウオージ
▲14番キングオブカルト
△12番プロヴィナージュ
△16番ダイバーシティ

こちらの方は、正直、サッパリ解かりません。
一応、連勝している馬を重視しました。

斤量的に、7番スマートギアを中心視しましたが、まだ500万を勝ったばかりですので、力関係は、読めないですよね、ただ、末脚は堅実そうなので、なんとか馬券圏内には来て欲しいです。

6番タケショウオージは、500万、1000万と連勝。
末脚も確かで、福島でも勝っていますので、当然、勝ち負けを期待します。

14番キングオブカルトは、中舘騎手ですね。
コース適性はわかりませんが、調子は良さそうです。

2戦2勝の16番ダイバーシティも一応押さえましょう。ただ、過信は禁物。タイム的には、それほどではありません。

むしろ、12番プロヴィナージュが、今回初芝ですが、末脚はありそうなので、ちょっと気をつけてみたいです。
まぁ、ダート馬って可能性も、十分有りますけどね・・・。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
結果

 1着  4番レオマイスター
 2着 11番ノットアローン
 3着△16番ダイバーシティ
 4着◎ 7番スマートギア
 5着 15番ハンターキリシマ
 6着▲14番キングオブカルト
 7着○ 6番タケショウオージ

 9着△12番プロヴィナージュ

こちらもですね、最初にチェックした7頭の中にレオマイスター、しっかりいたんですけど、やっぱり消してしまいました。
福島は、2戦2連対だったんですよね・・・。

モンテクリスエスを消したのは正解でしたが、上手くかみ合いません。もっとも、ノットアローンは、まったくノーマークでしたが・・・(爆)。
オイラ的には、スマートギアの出遅れが全てでしたね。
コメント

会心の勝利、エイシンデピュティ

2008-07-01 02:09:31 | 競馬(レース回顧・反省)
宝塚記念

結果

 1着◎ 9番エイシンデピュティ
 2着○ 2番メイショウサムソン
 3着  1番インティライミ
 4着△ 5番サクラメガワンダー
 5着△11番アサクサキングス
 6着  7番アドマイヤフジ
 7着▲14番エアシェイディ
 8着☆12番カンパニー
 9着 10番ドリームパスポート
10着△ 4番アルナスライン


前半のラップが、35秒5-48秒2-60秒6・・・。
後半のラップが、37秒3-49秒6-62秒1・・・。
勝ち時計は、重馬場で2分15秒3・・・。

エイシンデピュティの完勝と言って良いでしょう。

戦前は、誰もが予想出来たエイシンデピュティの逃げですが、この馬をマークしていたのは、一体どれだけいたでしょうか?
けっして逃げ馬ではないのですが、鼻を切っても大丈夫というレース振りと、前走の金鯱賞では、渋った馬場もこなせる能力を見せ付けましたので、他馬は、十分な警戒心を持ってレースに臨んでいたと思いますが、結局、捕まえられませんでした。
大阪杯で、2着した段階で、この馬の成長をもっと評価すべきだったと思いますが、阪神コースで相性も確かにあるとは思います。
他の馬に比べて、末脚が切れるというわけではありませんが、確実に一定の能力(今回も上がりは4位タイ)を発揮するタイプで、ダイワスカーレットと同じような脚質です。
テン乗りの内田博騎手もさすがの騎乗でした。
このパフォーマンスなら、2500mまでは大丈夫でしょう。
秋の天皇賞やジャパンカップでは、スピードの点で、ちょっと苦しいかもしれませんが、中山なら、問題ないかもしれません。
ただ、輸送というのがネックになっている可能性も有ります。その辺は、秋の東京でのレース振りで、検討しましょう。

2着メイショウサムソン。
ん~、予想段階では、こういう決着を読んでは見たものの、やはり、完調手前だったと思います。
ですから、2着はさすが、と評価すべきでしょうか?
ただ、位置取りがもう少し前に(今回、7番手あたり)いて欲しかったと思います。武豊騎手も、大事に乗りすぎているでしょうか?
いや、むしろ、大事に乗るなら、直線で、上がり1位(今回)は必要ないので、もっと先行すべきでは?と、素人考えをしてしまいます。
この敗戦は、恥ずべきものでは無いので、凱旋門賞には是非挑戦してもらいたいと思います。
少なくとも、ヨーロッパの重賞レースで、どの程度走れるか、ファンとしては、知りたいところです。

3着インティライミ。
さすが、重巧者でした。
調教は良く見えませんでしたので、馬場に恵まれたという感じでしょうか?。このところ、末脚を活かす競馬をしていましたが、今回は3番手につけ、直線も不利がありながら、最後まで良く踏ん張っていましたし、やはりある程度先行した方が持ち味が活きるように思います。

4着サクラメガワンダー。
来ましたねぇ、こちらも重巧者、しかも、阪神コース得意と見ていましたので、納得の成績です。ただ、やはり、もうワンパンチ、足りないんですね。でも、上がりは2位(37秒0)で、サムソンとは0秒1差。もっと前めでレースをしていれば、という思いもありますね。

5着アサクサキングス。
良く踏ん張りましたが、この馬場では仕方ないところでしょうか?
良馬場なら、勝ち負け出来たと思います。
やはり、力はありますね。

6着アドマイヤフジ。
完調とは思えませんでしたので、良く走ってると思います。
道中5番手で上がりは6位。十分でしょう。
ただGⅠレベルには届いていない印象があります。

7着エアシェイディ。
期待していましたが、最後伸び切れない感じでした。
道中は10番手といった感じでしたでしょうか?
直線はいい感じで上がって来ましたが、切れ味を活かせない馬場でしたので、まぁ、しょうがないですね。まだチャンスはあると思います。

8着カンパニー。
道中は、3番手でしたね。
やや調子落ちだったのかもしれませんし、スタミナという点で、馬場状況が向かなかったと考えます。位置取りは、申し分なかったでしょう。

10着アルナスライン。
こちらは、馬場なのかなぁ・・・?
菊花賞以来、古馬の一線級とやってないということもありましたし、そのあたりもあるんじゃないでしょうか?
良馬場での巻き返しに期待しましょう。

12着ロックドゥカンブ。
故障のようです。
道中は、エイシンをマークして(だと思います)の2番手。
岩田騎手は、エイシンの能力を知っていますので、このポジションは妥当だと思います。
無事ならどうだったか?
じん帯の断裂という事で復帰は厳しいと思います。残念です。

14着アドマイヤオーラ。
重は、全然ダメ、ってことですね。
ドバイ以降、体調も戻っていないような感じですし、秋に備えて、キッチリ休ませて下さい。

ということで、前半戦終了ですね。
ご愛読頂いた皆さま、ありがとうございます。
馬券に結びつくヒントは、それなりに発信出来ていると思いますが、収支の方はどうですか?(爆)。
まっ、聞くだけ野暮ってもんですね(爆沈)。

今回の結果からすると、やっぱり現役最強馬は、ダイワスカーレットなんじゃないかと思います。
秋は、エリザベス女王杯と、有馬記念の2戦だけということですが、もったいないですよねぇ?
でも無事が一番ですし、無理しないで、でも調教は、しっかりやって、また素晴らしいパフォーマンスを見せてもらいたいものです。
コメント