迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

ワイルド・スピード MAX

2009年10月16日 | わ行 映画
タンクローリーを狙うドミニク一味。タンクに一杯のガソリンは、レースやる人には、宝の山なわけ。

派手なタンクローリーとの追っかけっこの末に、お尋ねものになったドミニクは、パナマで身をひそめるが、彼女のレティが・・・。

アメリカに帰ればFBIが狙っている。でも、ここは帰らないとならない。そこで聞いたのは、麻薬王のブラガのうわさ。レティは彼の運び屋をしていたよう。

奇しくもFBIが追っているのも、このブラガ。ここで、因縁のブライアンとドミニクは再会。新たな運び屋を決めるには、ストリート・レースで勝つこと。また二人のレースが始まる・・・・。

ということで、疲れた頭にぴったりの、見事に何にも考えないすこーーンと突き抜けたはっちゃけぶりを見に行きました。その目的に、ぴったりお見事。

思いっきりエコに反する映画でしたが、こういうぼかすか、ばっぎゃん、ぼっぎゃん、ぐいぐいと無駄なことするのも、映画の醍醐味なのではないかと!

結構好きなこのシリーズなんですよ、あたし。さすがに3はパスでしたが、ヴィン・ディーゼルと、ポール・ウォーカーが一番かっこいいのは、やっぱりこのシリーズだなあと、つくづく感じた次第。



いつの間にか、ヴィンは、40超えたんですね~。

1の、ニトロが効いて、本当に体を持ってかれるような迫力は、少々薄まったかと思いますが、なかなか面白かったです。気分転換に、ぴったりでございます。

最後に、「良い子のみんなは、真似しないでね!」が、ほほえましいです。文面はもうちょっと厳しかったのですがね。

◎◎◎○

「ワイルド・スピード MAX」

監督 ジャスティン・リン
出演 ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ミシェル・ロドリゲス ジョーダナ・ブリュースター ジョン・オーティス ラズ・アロンソ

コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 山形国際ドキュメンタリー映... | トップ | ノーボーイズ・ノークライ »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファン向きかな (KLY)
2009-10-17 03:11:42
3台の車でのタンクローリー強盗は第1作か
ら、スピンターンの高速バックは第2作でブラ
イアンが初披露した技、そして仲間のハンは第
3作のメインキャラとのっけから前3作の要素を絡めてくるあたり、ファンには堪らない演出でした。
私は特に車好き、特にチューニングカー好きな
んでもう興奮し通しです。今はやめてるんだけ
どまたチューニングしたくなっちゃいまし
た…。
そうそう (miyu)
2009-10-17 14:57:20
たまにはこうゆう難しいこと、一切抜きの
体感系映画もいいもんですよね。
むしろ映画館で観る醍醐味を味わうにはぴったりかもしれませんね。
>KLYさま (sakurai)
2009-10-17 22:33:12
車にはなんの造詣も持ち合わせてませんが、それでもアドレナリンが駆け巡り、とっても楽しめました。
こういう見せる映画も必要ですよ。
あーー、もったいない・・・とか思いもしましたが、映画の醍醐味っすよね。
チューニングしちゃうんですか!
そんな方が見たら、たまんないんでしょうね、やっぱ。
>miyuさま (sakurai)
2009-10-17 22:39:22
疲れた頭にぴったりでした。
スコーンと突き抜ける奴!!
座席が持ってかれるくらいの衝撃を感じた一作目よりは、衝撃度は低かったですが、楽しみました!
Unknown (はらやん)
2009-10-18 19:29:28
sakuraiさん、こんばんは!

こういうスカッとできる映画もいいですよねー!
僕は少々フラストレーションが溜まっていたときに観たので、すっきりしましたよ。
「マネしないでね」は「できるかーっ!」ってツッコミを入れたくなりました(笑)。
アメリカだとやっちゃう人、いるのかな?
>はらやんさま (sakurai)
2009-10-19 08:59:22
いいです、映画の王道ですよ。
小難しい映画ばっかり見てたもんで、ものすごく気分転換になりました。
こういう立ち位置の映画も大事ですよね。
最後の真似しないでねえ!には、思わず笑ってしまいました。
ストーリーより、 (ひらりん)
2009-10-23 00:04:53
美女とカーアクションを観る映画でしたね。
続編は作って欲しいところですが、
あっさり彼女を失ったところを見ると、
あっちの組織の美女を起用???
なーんて、想像しちゃいますね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-10-24 19:14:22
TB有難うございました。
オープニングがクライマックスかと
思えるほどのアクションが展開されて
観終わった後、ハンドルを握ると
もしかして自分も…できるなどと錯覚してしまいました。
残念だったのは、日本車の活躍が少なくってきた事かな。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
>ひらりんさま (sakurai)
2009-10-25 09:18:36
続編というか、これ自体が族続編くらいですから。
ヴィン・ディーゼルも年取ったなあ~と感じたのも事実。
でも、あの終わり方だと、次もありそうですね。

コメントを投稿

わ行 映画」カテゴリの最新記事