ROSE POSYのハンドクラフト・ブログ

”手仕事”の楽しさをお伝えできればと思います。ROSE POSYオリジナル作品もどうぞお楽しみ下さい。

ビーズボール

2018年04月01日 | ジュエリー作品&試作品


アクセサリー制作において、メタルやストーンやプラスチックなど市販のパーツのほかに、ビーズを使ってモティーフを作った手作りパーツも魅力的です。ビーズで構成されたビーズパーツを、Beaded Beadsというそうです。

”Beaded Bead”のひとつ、ビーズで作るボールをマスターしたいと思います。

ネットで検索すると無料レシピや、YouTube動画などで判りやすく親切な作り方を提供して下さる方々がいて本当に助かります。

私がビールボーズを知った最初のきっかけは、通信教育のアクセサリー講座の練習課題にあった12個のビーズで作るボールパーツでした。

異なる素材を組み合わせたり、ビーズの数を増やしていくことで、オリジナルなビーズボールが作れます。

パールとメタルビーズ。ラグジュアリー感のあるステーションネックレスが作れそうです。



天然ガーネットのカット石。ずっしりととても重いです。1個使いでペンダントにする分にはいいかも。


このビーズの石の種類は覚えていないのですが、天然石のお店で買ったのでおそらく天然であろうかと。(笑)シルバーのメタルビーズと組み合わせて。12個使用。


同じビーズを30個使用したボールです。

そして、上と同じビーズにメタルビーズを加えた、”花編み”のビーズボール。隙間部分が埋まって綺麗なボールができました。


チェコのファイヤーポリッシュ4mm。ラスター仕上げでキラキラ光ってきれいです。


ROSEは、ビーズの編み図を読み解くのが本当に苦手で、90個ともなると、もうちんぷんかんぷん、です。(^0^;)
なんとか最後まで完成したときは、パズルが解けたような爽快感でした。

はじめての花編みは、8mmのガラスビーズで練習しました。さすがに大きいですね。猫たちのサッカー用にちょうど良い大きさです。(^^)



練習作品たち、記念写真撮るよ~、全員集合!



そして、前の投稿でご紹介しました、桜をイメージしたピアスを作りました。


そのまま編むと中は空洞ですので、強く押すと当然引っ込んで形が崩れます。(元に戻すのも簡単ですが)中芯に透明のプラスチックパールを入れると、型崩れを防げますし、Tピンや9ピンを入れるときに扱いやすくなりますね。

アクセサリー作品作りのデザインの幅を広げるために、今、ビーズメーカーさんが出しているキットを買いまくったり、ネットで公開さいれている無料レシピを研究しまくるのがMy ブームです。以前、師匠に教わった、”盗んで学べ”、”真似から学べ”、の精神でいきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花編みの桜ピアス

2018年03月29日 | ジュエリー作品&試作品


間違ってフラッシュを焚いてしまい、かなりハイキーな画像になってしまいました。面白いのでそのまま載せときます。
桜をイメージしたピアスを作ってみました。

ビーズボールなのですが、"花編み”という方法で作っております。

この作品ではチェコビーズのファイヤーポリッシュ4mmと丸小のメタルビーズを使っています。桜の花びらっぽく見えるよう、樽型のビーズを使いましたが、球形を使ってもかわいいと思います。

1個につき、計90個のビーズをテグスに通して作ります。360度、どこから見ても5弁の花びらと花芯から構成されています。

あとはTピンを通して、ピアス金具を付ければ出来上がり。

中は空洞です。透明のアクリル球を入れる方法もありますが、このサイズくらいなら強度は十分のようです。凹んでもつまようじなどでつつくと元に戻ります。


ビーズボールは、存在感があるパーツとしていろいろ応用が効きそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜だ、桜だ、桜の作品祭り♪

2018年03月25日 | ガラス工芸



こちらは先日アップした、新作の桜のタンブラーを内側から撮影したものです。

桜の季節は、晴れやかな気持ちが半分、でも、なんとなく切ない気持ちが半分です。
桜を眺めていると、どうしても頭に浮かんでしまうのが、はかない女心を詠んだ2つの歌。

「花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふる眺めせしまに」 (小野小町)

「花の命は短くて、苦しきことのみおおかりき」 (林芙美子)

桜モティーフの、ROSEの過去作品を振り返ります。
(タイトルのリンクをクリックすると該当記事にジャンプします。)




桜模様のキャンドルホルダー


桜の角皿



桜のぐいのみ



桜の小皿


桜のタンブラー

ついでに過去のアクセサリー作品も。懐かしい~。画像ちっちゃくてすみません。


桜の漆黒リング

桜珠のペンダント

そして今春の作品。

花編みボールの桜ピアス

 桜ピアスについては、次の投稿記事で話題にしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラサク! ~桜のタンブラー 2018バージョン~

2018年03月18日 | ガラス工芸


東京、いよいよ桜開花宣言でましたね。今年はとても早いですね。入園・入学式の頃までお花が持ってくれればいいのですが、こればかりはお天道様にお願いするしかありません。

さてさて、久しぶりに金赤のグラス素材が手に入りました。金赤、つまりピンク色のガラスは、希少な存在になってしまいました。この色を出すために使われる材料にレアメタルが含まれており、レアメタルの暴騰と品薄で、金赤のグラスの製造量も激減、価格が高騰しているのだそうです。

金赤、といえば、もはや、「桜」を彫るしかありません。

サンドブラストの王道的な彫り方は、モティーフ(桜の花)部分に色を残して、背景の色を落とす手法です。
たとえば、こんな感じでございますね。


今回の作品は、金赤の色を尊重したいので、花のほうを立体感が出るレリーフ彫りにして、さらに欲張ってちょっぴり色を残すグラデーションに挑戦です。

実は、背景を残してモティーフを彫る手法、以前、キャンドルホルダーでやってました。
このときは、花弁は簡略化したので、平彫りのような感じになっています。

そして、改良を加えて完成したのがこちら。


花びらのマスキングを、1枚ずつはがしては彫り、はがしては彫り、して花びら同士の重なりの部分を立体的にしていきます。なおかつ花芯の部分にピンク色のグラデーションがほんのり残るようにしなければならず、気が遠くなるような根気のいる作業です。


グラス一面、豪華絢爛の桜三昧です。


上から見たらこんな感じ。グラスの外側を彫るため、内側から見ると、桜の花びらやつぼみがこちらに向かってふっくらと凸に見える、つまり”正しい”立体感になります。お酒を飲むときに内側から見てより綺麗に見えるよう彫る、というのも、また一興かと。



底の部分にも散る花びらを。ふんわりグラデでかわいらしく。


イメージどおりに仕上がりました。時間がかかった分、達成感もひとしおです。この作品だけは門外不出です。面倒すぎてもう2度と出来ないです。(^^;;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリエーターの皆さんにおすすめのルーペ(拡大鏡)

2018年03月17日 | ジュエリーよもやま話

クリエーターの皆さん、細かい手作業を拡大したいときにどんなグッズをお使いですか?

私自身、いろんなものを試してきましたが、とても満足しているのがコチラの商品です。



”メガネビュー”という、ヘッドルーペです。

右下は、最近始めたグルーデコのペンダントヘッド作品。0.5mm以下のストーンの扱いは、さすがに肉眼では厳しいのでルーペ必須です。

これは2012年に購入したものですが、いまだに愛用させていただいています。他のものに買い換える理由がないくらい気に入っています。

取り説の謳い文句。


特長をまとめますと、

・倍率が違うレンズがついていて、差し替えることができる。
 (標準タイプで、1.7x、2x、2.5x、私が買った”G4"タイプだと3xレンズもついてくる。)

・メガネと違い、頭に装着するので、長時間着用しても鼻柱に跡がついたりこめかみが痛くなったりしない。(おでこにはウレタンパットがついてます。)

・無段階調節ベルトで、どんな頭の形でもぴったり固定できる。(頭が巨大な人はムリかも)

・40gと軽いです。めがねより重いが、点でなく面(頭全体)で重量を支えているので装着感を感じさせない。

・レンズはアクリル製なので、落としても割れにくい。

・普段着用しているめがねの上から着用出来る。

・遠くを見たいときは、装着したまま、レンズを上にパタっと跳ね上げればよい。
(レンズの角度が調節できる)

・値段が手頃。レンズ3枚タイプで6600円、4枚タイプで7700円。
 (部屋の照明が暗い方のために、LEDライトつきタイプもあります。)

・そして5年使った私が言うから間違いないですが、耐久性も高いです。
 (ただ、おでこにあたるウレタンパッドは消耗品です。別途、購入が可能です)

欠点としては、見た目がイマイチ。(自分がつけた姿に笑えます)そして、ベルトで頭に固定するので、ヘアスタイルがぺしゃんこになります。でも、機能重視な方には、断然お勧めだと思います。

ちなみに今流行りのお洒落な拡大鏡、”ハ○キルーペ”は、好みの倍率を選んで買うタイプで、最大1.85倍までです。私の場合ですが、1mm以下の石留めやデコをするには最低2倍以上必要ですから、ハズキは厳しい。

メガネビューは、”ルーペハウス”さんという楽天のお店で買いました。
5年前とほとんどデザイン仕様は変わってませんので、完成されたロングラン商品なんですね。
http://www.loupe.co.jp/catalog/head/index.html


ちなみに、買って失敗した商品でまだ現存してるものがこちら。


この商品自体が悪いのではなく、用途を間違って買った私が悪いのです。これはおそらく、ロウ付けなど、位置を固定した物体を拡大するものだと思います。

手作業を拡大する場合は、メガネタイプのルーペが適していると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスタルビーズジュエリー講座の応用編

2018年03月04日 | ジュエリー作品&試作品

60日間投稿しないペナルティでトップに広告が表示されてしまい、世間から忘れられたようなブログになってしまいました。(笑)相変わらず、アクセサリー作りとサンドブラストは鋭意継続中なのですが、ブログ更新のほうはすっかりご無沙汰になってしまっておりました。私としたことが、不精でダメですね。

クリスタルビーズジュエリー講座修了後にお気に入りのレシピを使って作成した応用作品をアップしておきます。

2級の「プリンセスネックレス」。課題作品はこちら。 



そして、素材と色違いのアレンジ作品。チェコビーズです。


余ったビーズで作った、おそろいのピアス。


ファイヤーポリッシュとシードビーズのピコット部分は、テグスでつなぎ、Tピンを入れた大玉のビーズとはワイヤーのめがね留めで繋いでいます。そしてさらにリングも作りました。リングの立ち上がりの部分をファイヤーポリッシュで構成することで、シンプルながらも程よい華やかさが出せました。


今回、たまたま一目惚れして購入したチェコビーズ、雹(ひょう)のつぶのような形に、ブルーとアンバーと透きの繊細なグラデーションがかかっていて、ずっと眺めていたい魅惑的なビーズです。おもっちゃぽくならず、堂々とリングのセンターをはれています。


涼しげなセットジュエリーの完成です。撮影には間に合わせで、ベルベットのリボンを使用しましたが、夏向きには同色のシフォンかシルクのリボンを合わせるのがよいでしょうね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスタルビーズジュエリー講座 1級作品(3)

2017年10月08日 | ジュエリー作品&試作品

クリスタルビーズジュエリー講座1級、いよいよ終盤です。

きっかけ
2級作品(1) 2級作品(2) 
1級作品(1) 1級作品(2)

この講座で唯一、ワイヤーを使用した課題です。ワイヤー作品はこれまでいろいろと作ってきましたが、ワイヤーでリングを作るのは初めてです。

右側が提出課題、左側は復習のためにビーズを買い足して作った作品。


要領は、テグス編みとほぼ同じですが、ワイヤーなのでさらにしっかりとした安定感のアル作品が出来ます。編んでいくと自然と甲丸リングの形になりました。ワイヤーだと、成形後に気になるちょっとした歪みなども微調整でき、テグスよりも形良く仕上げることができます。


甲丸リング、なかなか迫力があります。 今度は、パールや天然石で作ってみようかな。

そして、いよいよ習得したさまざまな技法の総合復習となる、コース中で最も大型の作品に取り掛かります。テグス編み、ピン曲げ、ナイロンコートワイヤーのテクニックの組み合わせで、なかなか作り甲斐がありましたよ。

大珠を使ったロングのグラデーションネックレスです。首にかかる部分は革の編みコードなので、軽さとカジュアル感が加わり、また金属アレルギーの人でも安心して着用できます。


ビーズ1つ1つに菊座をかぶせた姿がどんぐりのようでかわいいですね。この季節にぴったりな色合いです。

いわゆる、Beaded Beads、ビーズでつくるパーツが入っています。メタリックなビーズで大きな輪をつくり、さらにチェーンでつなげて、全体のアクセントにしています。色だけでなく、いろいろなパーツを組み合わせるアイデアもとても勉強になります。

この作品のポイントは、ナイロンコートワイヤーの最後の端の始末でした。緩みなく、かつ引き締めすぎずがコツですが、重みが加わるロングネックレスになるとこれが意外に扱いが難しかったです。


最後のお題は、シャワー台を使った作品。シャワー台も馴染みのある金具ですが、綺麗に仕上げるコツをしっかり学びたいところです。

自習課題は、シャワー台付きのポストを使ったピアスです。

(チェーンのチャームは、私がつけ足しました。チェーン部分は本体から着脱可能の2Way仕様です。)


なかなか可愛くできました。(自画自賛)

最後の提出課題は、シャワーつきのリング金具を使った天然石の指輪でした。


セットに同梱されている天然石のさざれ、制作に必要なぎりぎりの数しか入っていませんでしたが、穴の位置が極端に端に寄っていたり、石が割れていたりと不良な石が混じっていて困難を極めました。

石が小さいので、ピン曲げも扱いづらい。(これは私の問題)

丸いドーム状に仕上がっているのが理想ですが、ちょっといびつになってしまいました。案の定、先生の採点も厳しかったです。一応不合格とはならなかったですが、後日、復習しなければと思います。

不安な気持ちのまま提出すること1ヶ月・・・・。待ちに待った最終課題の添削結果が戻ってきました。先生から指摘されたところはいくつかありましたが、いちおう最後の課題も合格し、1級も無事修了となりました。 

作品のチェックと採点、講評レポートの作成には相当時間をかけていただいており、丁寧に指導していただきました。自分では気づかなかった悪い癖やいい加減に作業していたところが明らかになり、確実にスキルアップしたように思います。

2級、1級で、だいたい6ヶ月ぐらいで修了しました。通信なので添削が往復する時間がかかりますが、戻ってくるまでの間は、練習課題や自習課題、自分で材料を買ってレシピを復習したり、色違いや素材違いでアレンジ作品を楽しんだりと、充実した時間を過ごせました。

以上で、クリスタルビーズジュエリー講座2級、1級の受講レポートを終わります。



◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ 

<後記>

数ヵ月後、英国のピアソン社が発行した、「Crystal Beads Artist Professional」という称号を冠する英語の立派な証書が送られてきました。「プロとして通用する技術を習得した証」と謳っていますが、”修了証”、といった程度のものでしょうか。

それでも、プロの方による厳しい基準に沿った実技課題の採点の結果、合格できたので、自分の中にさらなる自信がつきました。”お免状”をいただく機会なんて何十年ぶり。「よくがんばりました」と褒めてもらったようで、いくつになっても嬉しいものです。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスタルビーズジュエリー講座 1級作品(2)

2017年10月01日 | ジュエリー作品&試作品

ヒューマンアカデミーのクリスタルビーズジュエリー講座の作品紹介の続きです。

きっかけ
2級作品(1) 2級作品(2) 
1級作品(1)

次の課題作品は、ナイロンコートワイヤーを使ったネックレスです。

ナイロンコートワイヤーは私が普段からよく使う素材です。真珠屋のプロ向けの単発講座で扱い方を教わりました。ナイロンコートワイヤーは、テグスのように伸びず、しなやかなのにとても丈夫で切れにくいのですが、欠点は、芯は弾性の強い金属ワイヤーなので、折れ目がついてしまうと元に戻らないことです。なのでロングネックレスには不向きです。あと、テグスのように結ぶことができないので、端の始末はつぶし玉やボールチップを使って処理をする必要があります。


この作品は、弾性のあるナイロンコートワイヤーの特性を利用して、O字型のアクセントを施しています。糸ではこのようにきれいな輪の形を保てません。素材を生かしてデザインする、もしくはデザインに合った素材を選ぶことは大切なテクニックです。とても勉強になります。

スワロフスキー社認定の講座だけあって、美しいスワロパーツの魅力が存分に味わえます。

次は、チェーンとつぶし玉の課題。3本のチェーンにそれぞれ、ビーズが動かないようにつぶし玉で固定していきます。3連になっていますが、端でチェーンを1本に束ねています。

つぶし玉は一度潰すとやり直しができないので、とても緊張した作品です。(失敗すると、教材キットを買いなおさないといけない。笑) 

2Way使いができるネックレスです。チェーン部分は2対のマンテルで接続しており、マンテルをはずすとブレスレットとして使えます。今後も真似したい、ナイスなアイデアです。

作品紹介、あともう1回お付き合い下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスタルビーズジュエリー講座 1級作品(1)

2017年09月29日 | ジュエリー作品&試作品

ピンワークやテグスなど我流でやってきたアクセサリー技法をブラッシュアップしていこうと思い、初心に帰って謙虚な気持ちで通信教育をけることにしました。

クリスタルビーズジュエリー講座の2級を修了し、いよいよ1級へ進みます。ひきつづき気を引き締めて取り組んでまいります。。

2級課題その(1)
  2級課題その(2)

まず、1級コースの始めはピンワークの復習から。



この小さなピアス、両方で合計40本の9ピン、Tピンが使われています。

そして、練習課題に続いて、提出課題はいきなり大作がきました。これでもか!というほど沢山のピンワークがあります。

スワロフスキーの連爪チェーン、しかも2連使い。連爪専用のエンドパーや連結パーツを使って作っていきます。

個性的なドイツビーズを使った、大胆だけれども上品なデザイン。とても楽しかったです。

次の課題作品は、再びテグスワーク。
大きなスワロフスキーをセンターに使用したリングです。


テグスだけでなく、ピン曲げもあります。かなり難易度の高い作品でした。


しいたけの傘くらいある大きなトップは、私の小さな手にはまるで似合いませんでした。でも、せっかくの上質な素材なので、ペンダントトップかブローチに作り直ししようかなと思っています。

続く・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスタルビーズジュエリー講座 2級作品(2)

2017年09月21日 | ジュエリー作品&試作品

ヒューマンアカデミーのクリスタルビーズジュエリー講座で、アクセサリー技術の総ざらいをしました。個人的には納得のいく講座でしたので、迷っている人の背中を押して差し上げます。笑

2級作品その(1)はこちら


テグス作品の提出課題が続きます。 こちらは、「プリンセス・チョーカー」


交差編みや、ピコットの作り方を学びます。

テグスは多少伸縮するので、引き締めながら編まないと、後々、緩みがでて型崩れしますし、引き締めすぎても形がいびつになってしまいますので、実は扱いづらい素材です。

色味を抑えた、メタリックな素材の組み合わせが素敵です。この講座の監修/制作をされた鈴木夕子先生のデザインは、「渋カワイイ」をテーマにされています。

最後の提出課題は、テグスの基礎技術の総仕上げです。



テグスと侮るなかれ。この課題作品は、想像よりもはるかに難易度が高かったです。

アクセサリー制作においてはテグスが最適な材料となる場面が必ずあり、糸やワイヤーでは代替できないので、この機会に、我流を脱却して、プロの技術を身につけておいてよかったと思っています。

2級最後は、まさにテグスでないとできないビーズボールの制作で、しめくくります。


ビーズ12個で作るボールです。ビーズがちっちゃくて、しかも透明なので、テグスがどこを通っているのか良く見えず、とても苦労しました。

ビーズボールは、ピアスにしたり、ネックレスのパーツとして利用するなど、いろいろと応用が利くので、絶対覚えておきたいテクニックです。

後日談ですが、その後、なぜかビーズボールにハマりまして、30個、90個のビーズボールを作りまくったので、そのトピックもおいおい紹介したいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスタルビーズジュエリー講座 2級作品(1)

2017年09月18日 | ジュエリー作品&試作品

ヒューマンアカデミーの通信教育、”たのまな”の「クリスタルビーズジュエリーアーティスト」2級、1級講座で製作した作品をアップしておきます。  (前編:通信講座で、アクセサリー製作技術をスキルアップ

そろそろビーズ暦が長くなってきた私でも、大変ためになる講座でした。効率よく作業する段取りや綺麗に仕上げるコツなどは、独学で試行錯誤するよりも、プロに教わったほうが早道だと思いました。
アクセサリーの制作方法を通信教育で勉強してみたい人の参考になればと思います。

この講座では、練習課題、自習課題、提出課題から構成されておりますが、このブログでは練習課題はあえて掲載していません。たとえば練習課題とはこういうもの。(写真はテグス交差編みのレッスン)


まずは、【2級】作品から。最初の自習課題は、ピン曲げです。

お手本はこんな感じ↓ (ヒューマンアカデミーHPより転載)黒いビーズは上下がゴールドにペイント?されていて、菊座をかぶせたようでカワイイです。


このピアスは提出課題でないので手本どおりでなく、自分の好きな順番で並べました。シンプルながら使い勝手の良いピアスです。


ピン曲げの演習が続きます。まず、自習課題のブレスレットに続いて、提出課題のネックレスにとりかかります。おそろいで使えるというのが嬉しいです。

ピン曲げ、もう数え切れなくくらいやってるので、自分ではちゃんとできていたつもりでいたら、仕事がいい加減なところを何箇所か指摘されました。添削評価が大変懇切丁寧で、マンツーマン教育の感覚です。細部までチェックして、ダメなところは容赦なく指摘してもらえるので、私としては大変ありがたかったです。リアルな教室では、そこまちゃんと見てもらえないかなと。

この作品、さまざまな色、サイズ、テクスチャの組み合わせが素敵です。自分ではこのようなカラーの組み合わせは思いつかないので、デザインもとても勉強になります。

ピン曲げの次は、テグス。テグスはあいかわらず苦手・・・。汗

テグスの最初の提出課題は、可愛らしいラリエット。テグス1本で完成できる作品です。

テグスワークは、技術的には難しくありませんが、最大のポイントは、最後の始末だと思っています。今までは、かなり適当に処理していましたが、この講座で初めて正しい始末の仕方を覚えました。見た目だけでなく、耐久性の面で違ってくると思います。


ある作品を作っている時のエピソード。
作品がほぼ仕上がり、最後のテグスを始末しているとき、どうしても穴を通らなかったため、テグスの通り路を作ろうとしてまち針をビーズの穴に入れた瞬間、パッキーン。ビーズ割れた。やっちまった・・・。はい、最初からやり直し!!号泣。そうした痛い失敗を繰り返して、少しずつ前進していくんでしょうね。

ラリエットはかなり長いので、結んだり二重巻きにしたりしてさまざまな着け方が楽しめます。色違い、素材違いで欲しくなります。

テグスの自習作品は、ピンクサンゴのピンキーリングでした。

こちらのリング、気に入ってヘビロテしてたら、どこかに失くしてしまいました。たぶん、猫の仕業。猫サッカーして、家具の下にシュート。”猫あるある”パターン。大掃除したらきっと出てきます。笑

HPの写真を借用。 

ヒューマンアカデミーHPより転載)

テグス&ビーズのエタニティリング、超簡単ですが、天然石やメタルビーズを使うとなかなか良い感じのものができます。パール、ターコイズ、ラピス、オニキスで作ってもいいですね。

今日はこの辺で。まだまだ続きます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

通信講座で、アクセサリー製作技術をスキルアップ

2017年09月16日 | ジュエリー作品&試作品

以前、ユーキャンさんのビーズジュエリーを受講しましたが、とても良い内容でしたが、趣味講座の域を超えず、物足りなさを感じていました。

今回は、ヒューマンアカデミーさんの、「クリスタルビーズジュエリーアーティスト講座」の受講しました。



すべての課題を終了し終わった感想としては、”やって正解”でした。



1級コースの作品。(クリスタルビーズジュエリー講座HPから転載)使用されている材料のクオリティが良く、ブティックで売っているレベルの作品に仕上がりました。

そして、添削評価はかなり厳しく感じられました。いくつものチェック項目があり、3段階で評価されます。かなり細かい部分までチェックされ、悪い点を丁寧に指摘していただけます。ゆえに、毎回の課題は緊張感を持って真剣勝負で取り組み、なんとか1級を修了できました。

受講料はけして安くないですが、真剣にアクセサリー技法を習得したい方には内容にそれだけの投資価値はあり、お勧めの講座と思いました。通信教育は自分のペースで進められますし、マンツーマンで教えてもらえる感覚で、私はなかなか悪くないものだと思ってます。

ちなみにデコやネイルなどの他の講座もそうですが、アーティストやクリエーター系の民間の認定資格は取得することそのものにはあまり意味はないかと思います。それでも、その道のプロに一定レベルを満たしたというお墨付きをいただいた、ということで自分のスキルに対する自信はつきます。

”受講記念”に、以降の投稿で作品をアップしておきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤サンゴとパールのラリエット

2017年08月19日 | ジュエリー作品&試作品


久々のアクセサリー、"連モノ”制作です。

夏ですので、「水」から生まれた素材たちで作ってみました。

赤サンゴのチップと淡水パールのカジュアルな雰囲気のラリエットです。


留め具がなく、肩にかけて好みの箇所で交差するだけですので、着脱がラクチン!


さんごのチップは割れやすいので、できるだけ肉厚で穴が中心に通っている石を1つ1つ吟味しながらパーツを作っていきます。また、石と石の間にできるだけ隙間ができないよう、石同士の組み合わせも注意を払う必要があります。

さざれチップの穴が小さすぎて手持ちの9ピンが穴を通らなかったので、ワイヤーでめがね留めにしました。

トップのパールも、Tピンのかわりに、ワイヤーを使っています。Tピンのエンドに相当する部分は、ワイヤーの端をくるくると渦巻き状に始末すればストッパーになりますし、見た目もかわいいく、ニュアンスのある作品に仕上がりますよ。

さて、話しが変わりますが、夏は、汗や脂で汚れやすいのでネックレスの着用を敬遠する人もいますね。

アクセサリーの金属やストーンのくすみや変色の原因の多くは、着用後にすぐに汚れを落とさないことです。汗や脂、化粧品の成分が酸化や化学変化を起して、素材を劣化させます。帰宅後、どんなに疲れていても、アクセサリーの汚れ落としだけはすぐにやってあげてくださいね。

私は、帰宅してからハンドソープで手を洗うついでに、アクセサリーもささっと洗ってしまいます。よほど水に弱い素材でなければ、そんなに神経質にならなくても、たいてい大丈夫。ソープの泡でふわっと包んで、ごしごしせずに優しく洗い、よく流水で流して、キッチンペーパーなどですばやく水気をとって乾かしてあげましょう。

「洗って大丈夫なの?」と心配して何もしないより、洗ってあげたほうがアクセサリーは長持ちしてくれるでしょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初”ニトリ”で、猫、Nクール・デビュー。 【猫の暑さ対策・続編】

2017年08月14日 | ねこの話

お盆シーズン真っ盛りにもかかわらず、関東地方は30度を下回る涼しさで、おまけに今週はずっと雨マーク。過ごしやすいのは大変ありがたいのですが、この連休中は、梅を干そうと思って外出の予定を全く入れなかったので、予定が狂ってちょっとガッカリ。

最近、家の近くに、ニトリができました。出来て数ヶ月間はものすごい混んでいたので近づきも出来ず、そのうち存在すら忘れてしまっておりましたが、急に思い出してぶらぶら行ってみることにしました。人生初ニトリです。(笑)

広い店内をぐるりと見回したものの、さして欲しいものはなく、今回の”戦利品”は、「Nクール・スーパー」(”スーパー”ですよ!笑)の枕パッド1枚。CMを見て気になっていた商品です。触るとひんやりする、接触冷感という機能が売りです。売り場で触ってみると、ほんとだ!冷たくて気持ちいい!

・・・というわけで、1枚だけ買ってみて、ネコさんの敷物として試してみることにしました。

猫タワーにパッドをのせてみましたら、すぐに乗ってきて、チェック開始。

前足の裏をぴったりパッドにくっつけてますね。「なんかコレ、気持ちいいにゃ!」


あごものせてリラックス。「ふむふむ。いい感じにゃ!」

姿勢を変え、後ろ足もくっつけてヒンヤリ感を満喫しています。「これ、もらっとくにゃ。」


そのうち寝てしまいました。(そして前足のニクキュウをしっかりパッドにつけている。)

ねねさんはとても神経質な猫で、少しでも違和感や嫌な感じがすると”猫またぎ”するのですが、この枕パッドは、ねねさんの厳しい審査をパスしたようです。

Nクール素材のペット用クッション(マットの周囲に土手があるもの)もあり、猫バカな私は一瞬、心が動きました。でも気まぐれな猫のこと、全く乗らないかもしれないし、夏しか出番がないので場所ふさぎになるからと、やめときました。枕パッドにしといて正解。

長毛のトモには、AMAZONで一番売れていたペット用のクールジェルマットを買ったのですが、全然”クール”じゃなかったです。一応、乗ってはくれたものの、すぐに降りてしまいました。猫が乗っていた場所を触ってみると、すごく熱くなってる。猫の体温とおんなじ。布のクッションはここまで熱くはならない。

ジェルマット、軽率な買い物でした。人間用の商品で調べてみると、寝ている場所が熱くなると寝返りを打つことでその箇所を離れ、その間にその場所のジェルが放熱し、今寝てる場所が熱くなると、また寝返りして元の場所に戻る、の繰り返しらしい。”不快感で強制的に寝返りさせられるので眠りが浅くなる”、”ビニール製だから通気性ゼロで、汗の逃げ場もないので蒸れる”といったネガティブなコメントが多数。要するにあまり健康によくなさそうです。よく吟味してから買うんだった。失敗したー。

とはいえ、買ったばかりのものをむざむざと捨てるのはいかにも悔しい。また一知恵絞ってみます。

アイスノン・ソフトタイプをタオルで巻いて、マットのはしっこに置いてみました。(写真↓の青いのがジェルマット)アイスノンの冷たさをジェルに常時”供給”し続ける作戦です。(前出の、アルミボード+保冷剤と同じ原理)


すると、トモくん、マットの上で長い時間を過ごすようになりました。作戦成功かも!




時折、アイスノンにアゴと前足を乗せて、なんとも気もちよさげに寝ております。


ケージの1階にも、暑さ対策してます。先日紹介しました、アルミ製ボード+保冷剤入りマット。保冷剤入りマットの上は冷たすぎて乗りません。保冷剤マットからアルミボードに伝わる冷たさがトモにはちょうどいいみたいです。

猫たちがエアコンの利いている部屋にいてくれたら、こんなに苦労しなくて済むのですが・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイビーのガラスのタンブラー (緑バージョン)

2017年08月13日 | ガラス工芸


アイビー柄のオリジナル・デザインでタンブラーを作りました。

この模様、すでに瑠璃のグラスで作ったことがあります。

アイビーのグラス(ブルー)

季節柄、緑のバージョンも作ってみたくなりました。

うん、この緑色、いい感じ。 みるからに「ツタ!」って感じ。笑



ぐるっと一周、模様が入ってます。タンブラーの形状に合わせて、デザイン画を描いているので
ぴったりおさまってます。



前回の作品から”ひとひねり”しました。飛んでいる(?)ちっちゃい葉っぱ、あえてサンドをかけずに透明のままにして、アクセントにしています。・・・なので葉っぱから向こう側が透けてみえてます。


このグラスは、上部の色ガラス層がかなり薄いです。全体的に同じように彫ったのですが、上から下に自然とグラデーションになりました。

底の部分にも、葉っぱがいます。(グラスを持つ私の手のひらの指紋が透けて見えてる。笑)


さーて、冷たいビールが待っていますよ!(^^)



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加