マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

日本の支配者はどこから?

2021年11月14日 09時50分16秒 | 歴史の翻訳

読者の方からハプログループに関するコメントがありました。

Y染色体を調べることで人類の移動の実態が分かるという優れものです。ただし男系に限るためすべてが分かるわけではないし、また調査した数量(人員?)に依存するため絶対的なものではなく、ある程度の傾向が分かるということでしょう。

しかし、私が調べているのは支配者たちのことであり、一般的?な日本人、まあ普通に日本に暮らしている人々の出自にはそれほど興味はありません。ただ言語学的にウラルアルタイ語系に属している以上、ウラル・アルタイ地方からやってきた人々が全土に広がったのだろうと。しかしどう見ても南方系の人も、まさにモンゴロイドの見本みたいな人も、あるいはペルシャ系のエキゾッチクな美形、ロシア系、半島系・・・まあ、日本は人種の坩堝なのですよ。

まず、今はブログごと消えてしまったのですが「集団ストーカー」さんがとても素晴らしい記事を書いていまして、その中にドルイドの大航海時代の地図があります。以下にそれを載せますが、その前に煩悩さんの記事から日本へやってきたイスラエル族の分類を引用します。

********** 引用ここから**********

「大陸の地殻変動により現在とは陸地の状態が大分異なっていたようです。この日本列島到着第一陣は、現在の中国、ロシア方面を産地とする黒曜石を矢じりの材料として日本に持ち込み、青森の十三湊を拠点として、日本全国に交易していたようです。縄文時代の武器の元締めで、仙台辺りに都を築いていたようです。そしてBC7世紀のアッシリアを出た北イスラエル族が、シルクロード、朝鮮半島を経て、遥かに遅れて第2陣として日本列島に到着し、出雲に都を作ったと言われています。これが地祇系です。第3陣は紀元1世紀にローマを出た南イスラエル海洋族が、稲作と天孫降臨伝説を日本列島にもたらしたとされている訳です。しかし第1陣の別動隊は地中海方面に向かいサルディーニャを中継基地にしていたとの事で、第2,3陣の祖にもなってしまいます。日本列島での古代文明区分では、1,2陣が縄文族、3陣が弥生族となり反目になります。

■天神系・・・アラスカから日本に入った流れ【第1弾】
■天孫系・・・ダビデの父エッサイからの南イスラエルの流れ【第3弾】
■地祇系・・・アッシリアを出で朝鮮半島を経た北イスラエルの流れ【第2弾】

************************

白状すると、実は私は長いこと勘違いをしていまして、第一陣を地祇(ちぎ)だと思っていました。ある時S氏から指摘されましたが「まあ、大した違いではないから訂正する必要もないだろう。」と言われ訂正せぬままここまで来ました。実際、第一陣と第二陣は密接で、実際のところこちらを北朝、天孫族を南朝としてもそれほど間違いではないというのが現状のようです。

要は天神族はレビ族で、レビ族の系図を調べれば当然エフライムも権利が出てくるということで仲が良いのでしょう。

さて、集団ストーカーさんの描いたドルイド第一次大航海時代の地図です。要は船で川という川をすべて遡っていったわけでロシアのエニセイ川をさかのぼりそこから草原の道を通りバイカル湖から沿海州へ着く。そこからまた北海道や青森に至る。これが最古のドルイドと日本とのかかわりと考えます。

第一次はBC4000から5000年ぐらいと考えられます。つまり氷河時代を終え再び活発に活動を開始したころでしょう。つまりユダヤ教も一神教もない時代ですから自然崇拝のドルイド神官が指導していた時代と考えられます。

これは第三次航海の図になりますが、これはBC4000と記されやはりまだイスラエル王国も存在しない時代です。ここは地中海からペルシャ地域の侵略を表わしています。

重要なのは古代デーン人が地中海のサルディニアからクレタを経てエジプト、イラクに入る経路が描かれていることで、この神官たちは第一次のドルイドと同族で最終的に日本でこんにちはとなる落ちがあるわけです。

さて、最後にWIKIからハプログループの地図を載せます。

これを見ると人類の移動の実態はわかりますが、これがすべてではないこともわかります。歴史の解明はそれほど簡単ではないということですね。

ただ、ハプロの地図を眺めるとバイカル湖やギリシャが世界の中心みたいになっています。言ってみれば渋谷の交差点状態ではないですか。

さて、今週はこれらの地図を眺め皆さんも支配者の気分になって世界征服の計画でも立ててみてください。

今からフルーツケーキとマドレーヌを作らなければならないので今日はここまでです。

 

 

 

 

コメント (16)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 格の違い | トップ | 東京へ行きました。 »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒデ)
2021-11-14 13:53:55
先だっては念願のカレーうどんが食べれ、マヨさんに御会い出来て良かったです。ありがとうございました。今回の記事を見るに、如何に他ブログや書籍が駒である有象無象に誘導されているか分かります。盾としての表だっての支配者に右往左往と躍らされ、真の支配者は裏のまま世界を操る。ハロウィンや悪魔崇拝等でドルイドは主に知られていますが、この流れで行くと神と言う概念が如何に怪しく宗教と言うものが人身を掌握するにとても便利なツールか分かります。次回はケーキを食べに伺いたいなぁ。
ヒデさんへ (マヨ)
2021-11-14 14:17:07
突然の訪問に驚きました。仕事中でしたのでろくにお相手ができませんでしたがお会いできてよかったです。
宗教というものの本質が最近はようやく知られるようになりましたが、同調圧力やマスコミの洗脳を見ると人間というのがもともとが弱いものだとわかります。
Unknown (いろは)
2021-11-15 10:17:43
記事にしていただきありがとうございます。

確かにハプログループは大まかな移動を把握するだけで決め手にはなりません。特にロマは女系でつなげていくようですから。ですから親から子へと口伝で伝えていく伝統が事実なら言語を追って行く方が確実かもしれません。日本語の中に印欧語の影響がみられるという説を述べている方もいます。

この先もこういう研究の積み重ねで事実が明らかになっていくのではないでしょうか。

それからコメントで日本と倭国について反対に書いてしまったようですから訂正します。ウバイド=倭人が私は理解できなかったのですが、ハプログループOは日本にも倭国にもついていたと考えて腑に落ちました。

ドルイドの航海の地図ですがハプログループQかもしれません。フェニキア人はハプログループQを持っていたそうです。アメリカ先住民を虐殺したのが同じハプログループQだったという可能性もあるかもしれませんね。
いろはさんへ (マヨ)
2021-11-15 18:45:41
色々教えていただき、ありがとうございます。被差別民としてのロマ人の悲惨さはユダヤ人の比ではないのですが、なんらかの役割を果たすためあえて差別を受け入れているという側面もある気がします。差別されるというのはかえって血を守るには都合もいいですね。アーリアの純潔を守っているのはロマだったりして・・・。
Unknown (3388)
2021-11-15 19:39:49
お忙しい中、コメント対応してくださりありがとうございます。
ネット上で真偽不明なのですが、「鰐族=レビ族」という情報があります。そこで自分で調べてみたところ、まず、鰐族というのがわかりませんでした。
そこで、「和邇氏」を調べてみたところ、鰐氏とも表記するそうです。そして、和邇氏=春日氏、小野氏。
春日氏といえば、春日神社。とくれば、春日大社。そして京都の吉田神社。
また別に和邇氏=浅間神社。「富士氏」で出てきます。
ここから、自給さんの「日本雛形論の虚構2」の記事の中のS氏のコメントを引用します。

実際に、こうした様々な主張を繰り広げ、日本国内での勢力争いをする必然性が在る人々の間では、結局3段階に分かれて日本に、イスラエル族が到達していたという話になっています。また更に紀元前6~7世紀を遡り、紀元前15世紀~8世紀に活躍したフェニキア人を、イスラエル人の出地とする派閥、このフェニキア人の出地を紀元前5500~3800年のウバイド文化、紀元前3500~3100年のウルク期、紀元前3100~2900年のジェムデト・ナスル期に相当するシュメール人に求める派閥も存在します。この文化の中心地ウルがアブラハムの出地とするタガ-マ州ハラン=高天原ですね。ノアの箱舟のアララト山の麓です。更に、このシュメールをバルト海沿岸に1万年前に発症した種族の一枝に過ぎないとする派閥も存在します。ついでに附け足せば、ムー大陸、富士山信仰組が1万年前から日本は世界の中心としています。

「和邇氏」が第1陣でしょうか?

そして、第2陣の出雲とは、これもネット情報なのですが、「日置族」というくくりがあるようですがいかがでしょうか?
スルーしていただいても全然結構です。
3388さんへ (マヨ)
2021-11-15 19:58:41
残念ですが私にはわかりません。ていうか、調べたことがありません。ただ河内王朝というのが存在したことを知り、和爾氏は調べる予定はあります。日置氏にはまだ到達していません。私は今、アッシリアにいますので・・・。
Unknown (ヒデ)
2021-11-16 02:00:37
鰐は鬼に通ず。鬼と言えば王仁、で吉田と来れば、あの派閥にヒットしますね。ヤバイヤバイお察し。日置と言えば日置領、カムイ伝に出てくる架空の土地ではあるが、徳川が実は身分の低い出だと言う秘密を保持していたという約所。なかなか興味深い。まぁ話し半分って事で、参考までに。パブロは関連してYap遺伝子がどうのと選民意識や同祖論に引っ張られないようにしないとね。
ヒデさんへ (マヨ)
2021-11-16 19:26:41
カムイ伝?死んじゃいましたね、学生時代によく読みました。え?ヒデさん、そんな歳じゃないよね。
Unknown (ヒデ)
2021-11-16 23:26:09
約所❌役所⭕夜中にコメントしたのでボケてましたね。20年は下ります。子供の頃にアニメのカムイ外伝にはまりまして、そこからですね。忍者格好いいって思ってたら真田は実はペリシテ人だったかな?の話しを読んで、その頃から日本の覇権をめぐる戦いが活発だったとは面白い。それ以前から統一をめぐる戦いはあったのでしょうが、戦国時代はわかりやすいですね。かえって明治維新の方が時代が近いのにドロドロしていてリアルに天皇を含めて隠されている事柄が多く、どの血統が真なのか良くわかりません。マヨさんも知っていても書けないと思いますが。天皇はロマ人と言う事ですが、何代からですかねぇ、神武からでしょうか?
Unknown (ヒデ)
2021-11-17 00:17:27
兄弟揃ってお亡くなりになったので第3部はないかなぁ。漫画、アニメ、小説等映画も含めて、真実の暴露や洗脳、作り話の中に混ぜてあるみたいですから玉石混淆ですね。マヨさんが暇潰しに見た007は日本の現状らしいとか、たまたまにしては鋭いですよね。

コメントを投稿

歴史の翻訳」カテゴリの最新記事