goo

リアVWエンブレム交換


【88,900km+134,080km=222,980km】



5月上旬、ガレージでポロンと落ちてしまった
リア中央のフォルクスワーゲンロゴエンブレム。
とりあえず両面テープで補強して通勤。
同時にVGJへ注文を入れました。



日本在庫が無い為、ドイツ本国オーダーですが、
なんとクラシックパーツ扱いではなく
通常の純正パーツルートで
カッセル倉庫から豊橋経由で来ました。





黒いゴムパッキンリングと
メッキのエンブレムで作られている
2重構造です。



ボディーに装着するグロメットは、
懐かしい191品番。そう、マニアならご存知
19系ゴルフという意味ですので、
ゴルフ2の部品を表します。



実際にゴルフ2や、パサート、ポロ
シロッコ2のエンブレム取付に
使われていた製品です。
南米だと空冷ビートルでも使われていました。



マニアックな事を書けば、
長らく黒い部品でしたが、耐久性が異常に悪く
ブルーは対策備品になっている証です。
今の人はブルーしか見たことが無いと思います。



調子に乗ってもう少し書くと、
1989年以降のフォルクスワーゲンの多くが、
センターに大きなフォルクスワーゲンロゴエンブレムが
装着されるようになりました。
商用車でも、T3系車両は、1988年式以降で、
センターエンブレムが追加され、
内部事情に詳しい方なら、フォルクスワーゲン社全体が
コストダウンをスタートした時代でもあります。



我がカラヴェルに戻りましょう。



じつはコレ、何らかの理由で
過去にスプラングさんで外した際に、
折れてしまい、両面テープで貼られていました。



折れてハマったままのエンブレムの先端と
硬くハマったグロメット。
これを丁寧に工具で外して行きます。
作業がめんどくさくて中に押し込むと、
内装を外さないと取れなくなるので注意です。
ゴルフ2は簡単ですが、シロッコ2などは
かなり注意が必要です。
ちゃんと取らないと、カーブを曲がる度に
音がする(笑)



無事に取れました。



かなり甘い付き方をするので、
強力両面テープで補強して



貼り付けます。



完成!



新旧を比較。
オートサービスヤマダさんで毎回
磨いて貰っているものの
やはり22年物は、年季が入っていて、
それはそれで味のある鈍い輝きになっています。

<パーツ詳細>
701 853 601 F DRR
リアエンブレム
6050円(税込)

191 853 615 A
グロメツト
341円(税込)

(※価格は正規輸入品。2021年6月10日調べ)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 雲海より上に 新型ゴルフ8 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。