goo

梅雨に感じる見難さ


【40,920km+4,966km=45,886km】

ネットやブログの記事では、
ほとんど見かけないのに
買ってみて分かった不便な点は、
ワイパーの取付位置と拭き取るエリア。



80年代までの欧州車のように、
左ハンドル中心で考えられている設計だから
右ハンドルなのに、
左右逆の、左ハンドル用のワイパー
が装着されているので、
雨天時は、運転席の右側に
拭き残しが大きく残るのです。



↑右ハンドルでは助手席側になる
フロントウインドーの左端は
窓の終わる所まで、
綺麗にワイパーが拭けています。



しかし、右側の端は、
かなり大きく拭き残しがあり、
これが視野を大きく妨げます。
この問題は、2代目スマート(451)も
同じ問題を抱えているようです。
多分、雨の多いイギリス人も
同じことを思って居る事でしょう。



そういえば、ヤナセが正規輸入していた
初期中の初期のゴルフ1・右ハンドルは、
ワイパーの位置は大丈夫だったものの、
ブレーキのサーボが、左側に付いて居て、
ブレーキがぶっ壊れるかと思うほど強く踏んでも
効かなくて、焦った覚えがあります。
確か1975年式の前期までそうだった覚えが。
(間違っていたらごめんなさい)

その代わり、昭和51年排ガス規制前の
キャタライザー無し時代でしたので、
吹き上りが最高でした。
結局、ワーゲンネタに戻る僕。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ライトセンター 梅雨の晴れ間に »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。