goo

マツダ ロードスター(NC) 石焼き芋仕様


タイトルを読んで「ええっー」と驚く人と、
「ネットニュースで見た」と思う方が居るだろう。



横浜には色々な人や車が居るけれど、
さすがにネットニュースで見た時は、
ありがちな「パフォーマンス」だろうと思っていたが、
通勤路で見かけた時には、大変驚きました。



装備は至って簡単で、トランク上部に取り付けられた
トランクキャリアの上に、窯が乗っかっているので、
いつでも外せるのがミソ。
そう、車検対応なのだ!







バンパーの後ろは、トーイングヒッチに付けられた鉄製の籠。
SUVやミニバンならともかく、日本でこれを付けて走るロードスターは
少ないだろう。
この日は、燃料である薪が置いてありました。

テールライトの代わりに追突防止で付けられている
赤いリボン型LEDは、imuto製のポータブルチャージャーの電源で発光
させています。電気配線も楽ですね。

リアがかなり沈んでいるので、聞いてみると、
焼き芋窯本体の重さが20kg程度あり、それに薪を積んでいるので
推定30kg以上。
スプリングには苦労をかけているそうで、最近はバンプラバー
のような物をスプリングに噛ませているそうです。



助手席の上には芋などの段ボール箱が。



「見て下さい、この大きさ!」
と出して下さったのは温める前の芋。
「紅はるか」という品種を使っているそうです。



全く弄られていないフロント周り。
そうこの車は、ほぼドノーマルなのだ!



注目度は抜群で、直ぐに人が集まって来ます。
お得意様だけでなく、雑誌を見た兵庫県の方が、
わざわざこの車に会いに来ていました。
観光地ならではの光景です。

取材時(4月8日)は、まだ仕入れた大量の芋が残っているので
「4月は売り捌かなくては~(汗)」
とおっしゃっていましたが、どうやら順調に販売されているようです。
しかし、夏に向けて焼き芋ではないイモ商品も考えれているそうで
楽しみな1台(屋台?)です。

将来の展望を伺うと
「ロードスターカフェをするのが夢です。
隣にレンタルピットがあれば、最高ですね!
それまではこの車と頑張ります」
応援したくなっちゃうなぁ。



この車の出没状況は、公式ツイッターで配信されていますので、
チェックされてはいかがでしょうか?
えるろこ ロド芋

因みに僕は、仕事で移動中だったので、
30分後の焼き上がりを待てず、後ろ髪を引かれながら退散。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 花と共に LEDフォグラン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。