モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

初秋の鞍掛山。(2021年9月11日)

2021-09-24 | 岩手山と姫神山

(本頁は「三ツ石山でリンドウを見る。」の続きです。)

9月11日は午前中、三ツ石山に登ったが、午後から近くにある岩手山の支峰、鞍掛山に寄ってみた。

鞍掛山の標高は897mと低く、一時間半くらいで登ってしまうため、この山だけに登ることはまず無い。
今までは姫神山に登った後とか、平ヶ倉稜線経由で千沼ヶ原に行く前など、近くの他の山に登った前後に寄っていたが、
三ツ石山の後に来たのは今回が初めてだ。
低山ながらも、秋田ではなかなか見られない花もあるので、ついつい寄ってしまう。

鞍掛山山頂から岩手山を仰ぐ。



今回の非合法マップ



鞍掛山の散策路はよく整備されており、いつ来てもハイカーで賑わっている。

今日は土曜の午後なので家族連れがとても多かった。散策路を歩き出したらすぐに小さな男の子に遭遇。
4,5歳くらいだろうか。「迷子になっちゃった。」とハッキリ言いながらビービー泣いていた。
さいわいすぐ後からお母さんらしき人たちが現れたので、教えてあげたら後ろへ駆けて行った。
本物のお母さんではなかったが、この子の面倒は私たちが見ますとのこと。お言葉に甘えて登山を再開する。

鞍掛山の散策路



散策路沿いには花は少なかったが、いろいろなショウマ類が有った。

サラシナショウマの穂花



サラシナショウマ全体                           
ルイヨウショウマ。こちらの花は春、今は実。
 



オオバショウマは秋田ではほとんど見られない花だ。


オオバショウマの穂花



オオバショウマの特徴的な葉と草姿                            
ツルリンドウの実
 


以前、同時期に来た時はいろいろなキノコがいっぱい生えていたが、今回は何故かさっぱりだった。


不明種                                    
これはハナホウキタケ(有毒)だろうか。
 



山頂近くなると、ところどころ樹林が途切れ、小さな草花が咲いていた。


センブリ                                         
ウメバチソウ
 

アキノキリンソウ



オオナンバンギセルの残り花                                リンドウ

 


上右のリンドウは(東北の)高山に多いエゾオヤマリンドウとは別の種類だ。
太平洋側の岩手にはこのリンドウが比較的多い。


鞍掛山山頂から岩手山を望む。



鞍掛山山頂から姫神山を望む。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 三ツ石山でリンドウを見る。... | トップ | 初秋の早坂高原を駆ける。(2... »

コメントを投稿

岩手山と姫神山」カテゴリの最新記事