goo

盛山正仁の本<森林を活かす都市の木造化推進法>

 本日、私にとって22冊目の著書となります『森林を活かす都市の木造化推進法』を上梓致しました。

 この本は、2050年カーボンニュートラルを目指す政府の方針に対して、「建築の分野で貢献するためには何をなすべきか」、「日本の林業を持続可能なものにするにはどうすれば良いか」、「林業と建設業との有機的な連携を図るにはどうすれば良いか」等の問題意識を背景に昨年6月に成立させた議員立法「森林を活かす都市の木造化推進法」の解説です。

 本書は、法律の解説だけではなく、林業・建設業のこれまでの歩み、これから取り組むべき課題等についても、記述しております。また、有識者の先生方による二つの座談会を掲載することにより、読みやすく、課題を浮き彫りにすることができたのではないかと考えております。

 法案の国会審議の最中から話題になっておりましたが、新型コロナウイルス問題からいち早く経済が回復した米国の住宅需要によるウッドショックで、昨年3月以降木材供給が不足し、価格が高騰・高止まりしております。

 さらに、本年2月24日にロシアがウウライナに対する侵略を開始したことにより、自由・民主主義・法の支配が脅かされる事態となり、日本を含む各国はロシアに対する経済制裁を発動しております。この戦争の勃発は石油や小麦等の資源価格を高騰させ、世界経済全体に大きな影響を及ぼしております。また、ロシアが世界全体の木材輸出量の21%を占めていることから、木材の供給不足・価格高騰に拍車がかかっており、今後の動向が注視されております。

 本書により、森林を活かす都市の木造化の実現に向けての現状と課題等について、少しでもご理解が深まることを願っております。

 新型コロナウイルス感染症対策、戦争の終結と世界平和の実現、世界と日本経済の再生、2050年カーボンニュートラルの実現を目指して全力を尽くして参ります。

 森林を活かす都市の木造化にご関心をお持ちの皆様には是非お手に取ってご覧頂きたく存じます。『森林を活かす都市の木造化推進法』(大成出版社)は書店でもお求めいただけますが、盛山事務所でも販売しております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 20220514国政報告 20220715国政報告 »