goo

20210823国政報告

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京2020パラリンピックに向けて

 

 7月23日(金)から8月8日(日)まで、東京2020オリンピックが開催されました。新型コロナウイルス感染症により1年延期され、感染者数が増加する中で開催に対する様々なご意見がある中での開催でした。

 神戸市出身の阿部一二三選手(柔道男子66キロ級)と阿部詩選手(柔道女子52キロ級)による日本初めての男女の兄弟による金メダルの獲得をはじめ、日本選手は、金27、銀14、銅17の合計58と、史上最多のメダルを獲得しました。

 コロナによる影響で選手の皆さんは十分な練習・準備ができず、モチベーションの維持、延期されたタイミングへのコンディションのピーク調整等、ご苦労が多かったことと思います。しかし、様々な困難な状況に打ち勝って、オリンピックの舞台に立ち、持てる力をすべて出し切って競技をされました。選手の皆様の最後まであきらめない精神力、ここ一番の大舞台で全力を出すことを可能にするこれまでの努力がTVの画面から伝わり、スポーツの持つ力の大きさを、私は今回のオリンピックで改めて感じました。

 今回のオリンピックには史上最多の205の国・地域が参加し、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の下であるにもかかわらず、無事開催できたことに対して、諸外国から概ね高い評価を得られました。

 また、オリンピックトーチに東日本大震災の仮設住宅のアルミ建築廃材が使用され、資源循環型社会への配慮、聖火台の火もトーチの火も温室効果ガスの排出がゼロの水素ガスが使用され、地球温暖化対策への配慮がなされ、日本ならではの大会となったのではないでしょうか。

 24日(火)からは、東京2020パラリンピックが開催されます。パラアスリートの方々の活躍が楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナウイルス感染症、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置

 8月17日(火)の17時から、衆議院議院運営員会が開催され、政府からの説明を受け、質疑が行われました。その後、政府の新型コロナ対策本部が開催され、兵庫県を含む7府県を緊急事態宣言地域に追加し、東京都・大阪府等のこれまでの緊急事態宣言地域も含め、期限を9月12日(日)までとすること等について、菅総理から発表がなされました。

 東京で5,000人超、大阪で2,000人超、兵庫で1,000人超となり、新規感染者数は収束のめどがたたず、医療体制も限界となってきています。緊急事態措置も長期化しており、国民の皆様からも「いい加減にしてくれ」との厳しいお声を頂戴しております。

 日本国内の新型コロナウイルスは殆どがデルタ株に置き換わり、感染力が強まっております。これ以上の感染拡大を少しでも食い止めるため、不要不急の外出の抑制、人と人との接触を極力減らす等、ご理解ご協力をお願いします。

 ワクチン接種、新型コロナウイルスの終息、経済の再生、日常生活が一日も早く戻るよう、これからも全力を尽して参ります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

終戦記念日

 8月15日(日)に日本武道館で全国戦没者追悼式が開催されました。ご遺族を代表して柿原兵庫県遺族会会長が追悼の辞を述べられましたが、新型コロナのため、参列者が限定されており、私もTVを拝見しながら黙とうをささげました。

 現在の私たちの暮らし、繁栄は多くの方たちの犠牲の上に成り立っていることに改めて感謝し、世界の中の紛争はなくなりませんが、この私たちの平和で安定した生活が続くよう願います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第25回 I❤KOBEの会

 8月3日(火)に神戸市勤労会館で「第25回 I❤KOBEの会」を開催しました。

 今回は、久元神戸市長と「新型コロナウイルス対策と神戸市政の課題」について、対談を行いました。来賓の齋藤兵庫県知事のご挨拶の後、「新型コロナウイルス対策」「新型コロナウイルスによる経済への影響とこれからの神戸市政」「カーボンニュートラル、水素社会を目指して」の3点について、久元市長と私で対談を行いました。

 皆様にご興味を持っていただけるテーマでしたので、もっと時間が欲しい感じでしたが、あっという間に約40分の対談終了の時間がやって参りました。

 これからも齋藤知事、久元市長と国・県・市がしっかりと連携して、「神戸のために、兵庫のために、日本のために」頑張って参ります。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする