goo

新型コロナワクチンに関する政府からの情報

新型コロナワクチンに関する政府からの情報をお伝えします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

緊急事態宣言

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、医療提供体制・公衆衛生体制がひっ迫しているため、1月7日に首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言が発令され、13日に兵庫県を含む2府5県を対象に緊急事態宣言が発令されました。

 しかし、国民の皆様からは政府からの対応に様々な不満が表明されています。

 緊急事態宣言は発令する前に、まず政府が基本的対処方針等諮問委員会を開催して発令内容についてご了解を得た後に、政府から国会に事前報告がなされます。国会では衆議院と参議院の議院運営委員会で政府からの説明後、各党から質疑がなされます。その後、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が開催されて、決定され、本部長である総理大臣から発表されます。

 緊急事態宣言発令の効果と通常国会で改正が予定されている新型インフルエンザ特別措置法について、その内容が十分に理解されていないのではないかと思いますので、以下に簡単にまとめてみました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

衆議院議院運営委員会

 1月13日に兵庫県を含む2府5県を対象に緊急事態宣言が発令された際に、私は衆議院議院運営委員会で質問を行いました。私の発言は以下の通りです。

 「まず、新型コロナウイルス感染症によって命を落とされた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また最前線でご尽力頂いております医療関係者をはじめとする多くの皆様方に心より感謝申し上げます。私事でありますが、愚息が勤務する都内の大手病院では昨日は新型コロナの救急患者5名を受け入れることができなかったと愚息が嘆くような状況になっております。

 さて、今朝の衆議院内閣委員会でもご指摘がなされた通り、新型コロナウイルス感染症対策について、国民から政府の対応に不満が表明されています。都道府県からの要請がなければ政府は動けないのでしょうか?

 緊急事態宣言を先週7日に1都3県を対象に発令したばかりですが、何故今日2府5県を対象に追加発令するのでしょうか?

 昨年も4月7日に7都府県に発令された緊急事態宣言を16日に全国に拡大しておりますが、都道府県からの要請がなくても、政府が感染拡大の状況を把握しながら、先手先手で判断すべきだったのではないでしょうか?

 発令が遅いと批判されていた緊急事態宣言ですが、発令の具体的な内容については国民の皆様に良く理解をされていないのではないでしょうか?

 政府は昨年末まで、緊急事態宣言を発令しなくても都道府県側の対応で新型コロナウイルス対策を十分に講じることができると説明していたのではないでしょうか?

 緊急事態宣言を発令することによって、どのような効果が発生するのでしょうか?

 次期通常国会に提出する予定の新型インフルエンザ特別措置法を改正しなければ、罰則も含め、強制的な手段をとることができないのではないのでしょうか?

 私も含め、国民の皆様にはそのような違い等について良くご理解頂けるような状況になっていないのではないでしょうか?

 今後の新型コロナウイルス感染症の増加を防ぎ、新たな変異種への対応、ワクチンの接種、重傷者、死亡者をなくす対策、医療体制崩壊を阻止する対策をどのように考えているのかも含め、政府側から、国民の皆様に誤解があればそれを解消するわかりやすい説明が求められていると考えますが、ご答弁をお願いします。」と質問しました。

 西村担当大臣からは「ご指摘をふまえ、新型コロナウイルス感染症の状況を見ながら、適時適切に対応して参ります。」との趣旨の答弁がなされましたので、再度、「国民の皆様が納得する分かりやすい説明を行うこと」を求め、質疑を終えました。

 兵庫県、神戸市、医療関係者他多くの方々からのご意見・ご要望を伺いながら、これからも、新型コロナウイルス感染症の終息に向けて全力を尽くして参ります。

※詳しくは衆議院インターネット審議中継をご覧下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ