懐かしい昭和の情景を追って

過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化しています。蒸気機関車、古い町並み、茅葺民家を投稿します。

能登半島の地形と地質

2024年01月20日 | 懐かしい物
能登半島の地形と地質
能登半島には茅葺き民家の撮影で2度行った。一度目は歩けていたので観光地にも立ち寄った。
京都方面から高速で石川に入れば長く砂浜の海岸線が続く。
能登の入口になぎさドライブイブウェーがある。観光バス 乗用車が砂浜を走る。
砂に土が混じり路面が固い。能登に入ると西、北の海岸は脆い茶色岩石の崖が続く。海底の堆積岩が隆起して崖を造っている。
岩石というよりハンマーで叩けば粉々に割れる。松本清張のゼロの焦点の舞台 ヤセの断崖も西海岸にある。
西海岸の道路は今回の大地震で崖崩れ、100箇所が通行止めになっている。
輪島の外れの海岸線に千枚田の棚田がある。
海を見下ろす水源もない過酷な地に棚田を築いている。
米への執念の土木遺産である。棚田を眺め能登には固い岩がない。
棚田には石垣積みと土の土手積みがある。
土手積みは加工がしやすく丸や楕円形で優しく美しい。固い岩のない所は各地にある。新潟や千葉の棚田


東の珠洲市などの東は富山湾沿いの内海で波も静かで牡蠣や
フグの養殖が盛ん。断崖は少ないが砂地で液状化し倒壊民家も多いようだ。鉄道も途中まではしっている。

能登半島の中は大きな川もないのに農村風景が続く。
農家は大きな家が多い詠んだ。。横に長い 互は黒の釉薬瓦がおおい。
黑い屋根の集落は映画やドラマに使われる。

地震で4メートルの隆起は凄い。
秋田県に象潟という名所がある。
芭蕉が奧の細道で 象潟や雨に西施が合歓の花と詠んだ。
芭蕉の頃は海辺の小島 
今は海から700メートル離れた田圃のなか。鉄道も国道も間に走る。


ユーラシア大陸から切り離され二つ割れ また合体して押し合いしている。破壊されては再建する歴史。
財政的に持ち応えるのか心配だ。



三苫薫と羽生結弦

2023年10月08日 | 日記
三苫薫と羽生結弦
三苫は大谷に次ぐ人気者 サッカーファンは海外サッカーに関心あり 羽生は結婚し話題になる。
この話題の人の苗字について書いてみる。 ファンの人には余計な事を書くなとお叱をうけそうだ。
私は鉄道ファン、古い町並み巡り、茅葺民家撮影を35年続けきた。
鉄道ファンは切符の.購入のため厚い駅の住所録を眺めていた。
茅葺民家は各地方の地図を暇があれば眺めていた。
駅名や地名、氏名に疑問が湧いてきた。


三苫の苫は苫小牧の苫です。
草冠なので植物です。 草で葺いた屋根を指します。 私の撮影している茅葺民家です。
唱歌に我は海の子があります。 一番に苫やこそ我が懐かしき住処なれがあります。
我は海も子は7番まであり大人になり身体を鍛え軍艦に乗り国のためになろうと戦前の歌です。
苫は質素な草葺きの民家をさします。 今の茅葺民家は金の掛かる贅沢な建物です。


羽生は唱歌に埴生の宿があります。
埴生は土壁で造られた質素な家をさします。
埴生は はぶ とも読みます。 国鉄時代に埴生は山陽線と筑豊線にありました。 山口の埴生駅は山陽新幹線開業で新下関に改名
土生と書き はぶ と読むところが各地にある。 土に関する仕事が想像できる。
羽生と書いても将棋の羽生さんは はぶと読む。
埼玉県に羽生市(はにゅう)の由来を調べると古墳や埴輪 土器の生産地
埼玉県も群馬寄りの行田や羽生には古墳が沢山ある。
群馬は特に多い。 古墳は奈良 大阪 岡山 島根 福岡だけでなく全国にあるようです。
埴輪や土器を作る豪族に土師氏があります。 土師(はじ)の地名や氏名が各地にあります。





障害者用車を買い替える

2023年07月16日 | 日記
障害者用車を買い替える
今まで乗った車も椅子が外に出る障害者用の車で、乗り移りで何度も転落した。
男性を呼び複数で持ち上げてもらった。この車に乗るのが嫌になる。
病院は介護タクシーに依頼、花見や食事は市から福祉車両を無料で借りていた。
市には軽四とハイエ―スがあるが軽四でないとカーポートに当たる。
軽四も低床でなく家内が車椅子.を押すのがキツイ
介護タクシーも廃業が増えた。私は娯楽の外出はあきらめていたが、生きる以上楽しまないと息子や家内にいわれる。
75万位の軽四でいいと言ったが軽四は走らないし安全性に欠ける。運転は私がするので家内が決めて来た。
中古でも経費も掛かり下取りも大した事もなく。155万円した。
年金生活も車や家電 家の補修と次々と金が掛かる。
銀行利子がないので配当金がありがたい。配当金は生活費に使わず車や家電に貯めてきた。
今回は家内が半分だしてくれた。銀行も75歳になると20万を超えの引き下ろしは理由書がいるのだ。詐欺防止

バナナ

2023年07月02日 | グルメ
バナナ
介護施設で朝礼にて2分程度話をする。今日の月日と今日の話題を話す。
脳トレの一環で過去の記憶や出来事の話しをする。
介護スタッフから日めくりカレンダーにするので365日分の話題を考えてと言われた。
ブログのネタになるかと安請け合いする。
話題の項目は季節の草花50種 山菜10種 樹木30種 海藻10種 動物ペット 昆虫
果物40種 野菜50種 漬け物20種 味噌汁の具20種 好きな料理 好きな麺類 好きな缶詰 ラーメン屋
観光 行った神社 寺院50箇所 名瀑 世界遺産 花の名所 三大公園 名水 温泉
昭和の歌 映画 歌手50人 俳優50人 昭和のプロ野球選手30人 五輪メダリスト
昭和の事件 事故 災害 などなど

今回はその中からバナナをとりあげます。
我々の世代はバナナが高根の花 なかなか 食べられなかった。
戦前は台湾が日本の領土で安く、食べられたと大人から聞かされた。
我々が子供の頃は甘みに飢えた時代を過ごす。
それが昭和39年の農産物の自由化で豊になった。バナナと砂糖が安くなるのと高度成長もあり世の中が華やかになる。
砂糖や乳製品が安くなるとケーキやソフトクリームも出回った。
給料でひと房100円で買った。20本は有った。5本もたべたら飽きた。ソフトクリームが40円 ペプシが30円だった。
バナナは北緯25度から南緯25度の熱帯が産地、輸入先はフィリピンか多くエクアドルやメキシコなど。
生産量はインドと中国が多いが人口多く輸出より国内消費
バナナは緑のものしか輸入出来ない。それは病害虫の持ち込み防止と輸送中に熟れるため。   
フィリピンから船で輸送は5日かかる。船内は13℃の大型冷蔵庫で冷やし運ぶ 熟れるのを防ぐのと虫を弱らせる。
昔は猛毒の青酸ガスで燻蒸していた。バナナは何本食べると死ぬとか皮には猛毒が残るの都市伝説があった。
今は検査して病害虫がなければ青酸ガス燻蒸はしないそうだ。
日本の倉庫でも13℃に冷蔵して出荷に合わせ温度を上げ色付かせる。
バナナは突然変異で三倍体の種無しができた。増やすのは地下茎を3年育てる。実が生ると枯る。
クローンのため病気になると全滅する恐れがある。

絶倫というべき大谷翔平、藤井聡太

2023年06月11日 | 日記
絶倫というべき大谷翔平、藤井聡太
2人はスポーツと将棋のプロのより優れた人々の世界でも抜きに出ている。
まさに絶倫と称される存在である。
しかし、絶倫とは使いずらい言葉だ。今は精力絶倫に特化している。
中国から渡った言葉が大正時代以降に変質している。

こんな例を挙げれば身近にある。

風俗 今は性風俗の意味合いが強い。風俗営業  風俗店
本来の意味は風習や習俗の造語ではないか
私は風俗の写真を撮って来たと思う。

一味 強盗の一味といい意味では使われない。
本来は神社の氏子の事でその地域の一味一帯と呼んでいた。

貴様 喧嘩の時が軍歌に使われる。
本来は位の高いひとをそう呼んでいた。


お前 喧嘩の時が見下して使う事が多い。
時代劇では殿を呼ぶ時に御前様と読んでいて、それが妻が亭主を呼ぶ時にお前さん お前になったのか

変態 エッチの語源では昭和30年代から使われた。真面目なようで性的変質者をいう
本来は昆虫が  卵 幼虫 蛹 成虫に変わる様をいう。芋虫がきれいな黒アゲハに想像もできない様








茅葺民家 猫車

2023年06月05日 | 茅葺き民家
撮影場所 島根県大東町

母屋と納屋の二棟が並ぶ
島根県大東町民家
家に続く道は舗装されず曲線的である。
木の橋があり猫車を押す農家の女性が歩く。
素晴らしい昭和の風景だと感動して眺めていた。
感動は自分が走り回り発見したもの程、悦びは大きい。
平成まで茅葺民家を維持管理してくれた住民の方には敬服する。
神社仏閣といい日本には素晴らしい建造物が残る。
立ち並ぶ杉並木も長い時間を掛け作りあげた。建物と鎮守の森
外国の観光客も日本の素晴らしさに気付いている。

それにしても現在は茅葺民家を尋ね歩くのもやりにくい時代だ。
老人を食い物にした詐欺事件や昼間から複数の男による強盗事件



日本茅葺紀行 NO,582 岩手県一関市の民家

2023年05月30日 | 日本茅葺紀行
田植のあと 東北も茅葺きはさすがに減った。岩手 青森は遠い。

茅葺き民家を撮り始めて5月1日で丸30年になる。
しかし、ここ2年間は出掛けていない。
コロナもあったが、車椅子から車の椅子に移る時に転倒して怖くなった。
茅葺きを撮るきっかけは40歳後半になり子共に手がかからなくなった。
その頃、岡山に住み始めて20年になるが知らない所が沢山あった。
夫婦で田舎を巡っていた。まだ茅葺が残るに気付く。
今撮らないと一生悔い残る。一方、今更遅いと心の葛藤
ある。岡山には岡山文庫というのがある。それに岡山の民家がある。
著者は民俗学の研究をされ昭和28年から撮影していた。
平成から始めては遅すぎる。5番煎じもいいところ。
日本には60の手習い、思い立った吉日という言葉がある。
いつからやっても遅くない。
毎年達成可能な目標を立てた。岡山県の市町村を全て回る。
2年間で岡山県では500軒撮影する。
それから中国地方、近畿に足を伸ばす。
神戸や大阪、広島市、京都郊外に茅葺民家が残っていたのは感動である。
行動から得られた成果でもある。
30年掛けて北海道 沖縄を除く45都府県を走り4000軒の茅葺を撮影。
15年前から難病で歩けず家内に車の運転や介助ゃってもらい撮影する。
定年後、楽しい旅行をさせてやれず家内に申し訳ない。

定年後 過去から撮っていた膨大なネガの電子化でやる事は沢山あった。



ニラ 韮

2023年05月07日 | 日記
ニラ(韮)
ニラはニラレバ、ギョ―ザ、もつ鍋に欠かせない。
猫のひたいの畑にも生えている。種と宿根で増えていく。
水仙と間違い食べ中毒事故がよく起きる。
禅宗の寺院の山門には葷酒山門に入るを許さずと書いてある。
匂いの強い精の付く野菜や肉、酒は修行の妨げになるので禁じられた。
葷(くん)は匂いの強く精のつく野菜 ニンニク ニラ ネギ たまねぎを指すのであろう。
表向きは厳しい修行の身だがたまには酒を般若湯と呼び肉は山鯨と呼び食した。
ニラは4月から9月は葉が伸び刈り取れば食べられる。
9月には花が咲き種子をつけ冬の間は枯れる。
モツ鍋のように冬場に需要が多いのに露地では枯れてない。
ハウス栽培で加温して育てているのだろう。
岡山の特産品に黄ニラがある。光を遮蔽して黄色いニラにする。
軟らかく生で食べられる。寿司の具や卵とじにする。
白いアスパラや白いエノキダケと同様に太陽に当てず作る。






蒸気機関車  名寄駅構内

2023年04月27日 | 蒸気機関車
宗谷本線 名寄駅構内
日曜日の朝 小さな旅を見ていた.宗谷本線の名寄より北のサロベツ原野の駅は利用者が少なく廃駅になるという。
映像の駅も利用は高校生が一人 名寄の高校に通う、彼が卒業すると廃駅となる。
宗谷本線もいつ廃止になるか分からない。
高校生の家は酪農で牛を飼っている。小さな旅もコロナで移動ができず コロナ前の再放送を流していた。
酪農はロシアのウクライナ侵攻で穀物の高騰で経営は厳しくなる。
牛は草だけだと一日25リットルの牛乳が搾れる.濃厚飼料 (とうもろこし)などをやると40リットルまで増やせる。
サロベツ原野は酪農主体で廃業する農家が多い。
牛は毎年子供を産まさないと乳がでない。牛は大人になれば乳はでてくると思っている人が多い。妊娠しないと乳はでない。
若い女性に言ったら ウソ―と言われた。てめーの乳でるかとはセクハラセクハラで言えず。
名寄で撮影のあと名寄線で遠軽に向かう。名寄線もオーホツク沿線の路線ももう廃線になる。



秋のみかんと春のみかん

2023年04月20日 | 日記
秋のみかんと春のみかん
みかんは秋に採れる物と年を越し春まで収穫できるものがある。
柑橘類は収穫までに時間が掛かる。5月6月に花が咲き収穫まで10ケ月掛かるものもある。
年を越す柑橘類は晩柑と呼ばれる。
葡萄や桃や梅、さくらんぼは4ケ月で出来る。

秋に採れるものは温州ミカン スダチ、カボス, 柚子
春に採れる物は八朔 甘夏 デコポン ぼんかん レモン ボンタン
冬を越す柑橘は皮が厚く寒さと乾燥に耐える。
柑橘類は寒さに弱い。今の所に住み40数年も大寒波が来てマイナス8.6℃まで 低下 寒波は1週間居座る。
この時 植えてあった温州ミカンの葉は枯れた。春になり新芽はでたが花芽はつかず。

温州ミカンは 中国の温州から渡ったと俗説があるが、DNAの調査では熊本の八代あたりが発祥と言われている。
温州ミカンはバナナと同様 種子がなく皮を剥けば食べられる。
種子が無いので江戸時代には縁起でないと忌み嫌われた。
グレープフルーツ輸入を巡りミカン農家が猛反対、あれか何十年なるがグレープフルーツは日本の文化に浸透せず。
春のみかんではデポポンに人気がある。清見とポンカンを掛け合わせた。
熊本の松橋インターから不知火海沿いの道の駅に手デコポン発祥の地と石碑がたっている。
デコポンの商標は不知火海周辺産しか使えないそうだ。
韓国は苗を持ち出し済州島の特産にしている。








秋のみかんと春のみかん
みかんは秋に採れる物と年を越し春まで収穫できるものがある。
柑橘類は収穫までに時間が掛かる。5月6月に花が咲き収穫まで10ケ月掛かるものもある。
年を越す柑橘類は晩柑と呼ばれる。
葡萄や桃や梅、さくらんぼは4ケ月で出来る。
秋に採れるものは温州ミカン スダチ、カボス, 柚子
春に採れる物は八朔 甘夏 デコポン ぼんかん レモン ボンタン
冬を越す柑橘は皮が厚く寒さと乾燥に耐える。
柑橘類は寒さに弱い。今の所に住み40数年も大寒波が来てマイナス8.6℃まで 低下 寒波は1週間居座る。
この時 植えてあった温州ミカンの葉は枯れた。春になり新芽はでたが花芽はつかず。


温州ミカンは 中国の温州から渡ったと俗説があるが、DNAの調査では熊本の八代あたりが発祥と言われている。
温州ミカンはバナナと同様 種子がなく皮を剥けば食べられる。
種子が無いので江戸時代には縁起でないと忌み嫌われた。
グレープフルーツ輸入を巡りミカン農家が猛反対、あれか何十年なるがグレープフルーツは日本の文化に浸透せず。
春のみかんではデポポンに人気がある。清見とポンカンを掛け合わせた。
熊本の松橋インターから不知火海沿いの道の駅に手デコポン発祥の地と石碑がたっている。
デコポンの商標は不知火海周辺産しか使えないそうだ。
韓国は苗を持ち出し済州島の特産にしている。
































秋のみかんと春のみかん
みかんは秋に採れる物と年を越し春まで収穫できるものがある。
柑橘類は収穫までに時間が掛かる。5月6月に花が咲き収穫まで10ケ月掛かるものもある。
年を越す柑橘類は晩柑と呼ばれる。
葡萄や桃や梅、さくらんぼは4ケ月で出来る。
秋に採れるものは温州ミカン スダチ、カボス, 柚子
春に採れる物は八朔 甘夏 デコポン ぼんかん レモン ボンタン
冬を越す柑橘は皮が厚く寒さと乾燥に耐える。
柑橘類は寒さに弱い。今の所に住み40数年も大寒波が来てマイナス8.6℃まで 低下 寒波は1週間居座る。
この時 植えてあった温州ミカンの葉は枯れた。春になり新芽はでたが花芽はつかず。

温州ミカンは 中国の温州から渡ったと俗説があるが、DNAの調査では熊本の八代あたりが発祥と言われている。
温州ミカンはバナナと同様 種子がなく皮を剥けば食べられる。
種子が無いので江戸時代には縁起でないと忌み嫌われた。
グレープフルーツ輸入を巡りミカン農家が猛反対、あれか何十年なるがグレープフルーツは日本の文化に浸透せず。
春のみかんではデポポンに人気がある。清見とポンカンを掛け合わせた。
熊本の松橋インターから不知火海沿いの道の駅に手デコポン発祥の地と石碑がたっている。
デコポンの商標は不知火海周辺産しか使えないそうだ。
韓国は苗を持ち出し済州島の特産にしている。