まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

百円の恋

2017-02-10 23:07:05 | 日本映画(は~わ行)

安藤サクラが日本アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品。

30歳を超えても実家で引きこもり同然のニートな生活を送っている一子(安藤サクラ)。子供を連れて出戻ってきた妹の二三子と大喧嘩し、一人暮らしを始めることになる。毎日買い物に行っていた24時間営業の100円コンビニで深夜バイトをを始めるが、いつも無駄口ばかり叩いているちょっと気持ち悪い系の野間や、毎晩賞味期限切れの焼うどん弁当を取りに来るおばさん(根岸季衣)など、ロクでもない人ばかりが集まるお店。そこでバナナマンと呼ばれていたボクサーの狩野(新井浩文)と出会う。

アパートから100円コンビニへの通り道にあるボクシングジムに狩野は所属していて、一子は気になっていた。狩野からデートに誘われ、軽トラで動物園に行くなど何となくいい雰囲気になってきたとき狩野の最後の試合があり、ずうずうしい野間となぜか一緒に応援しに行く。狩野は負けて、中華料理屋で3人で飯を食べている時、野間が一子のことを「俺の女だ」と言ったため、狩野は怒って帰って野間は一子をホテルに連れ込みレイプしてしまう。

狩野とまた会った一子は野間のことは誤解だと伝え、2人は何となく同棲することに。狩野は屋台を曳いている豆腐売りの仕事につくが、一緒に働いていた女性の方へ行き一子の部屋から去ってしまう。1人になった一子は本気でボクシングに打ち込み、プロテストに合格して試合を望むが。。。

主演女優賞を受賞するだけあって、安藤サクラがいい!後半、本格的にボクシングを始めてからの、100円コンビニのバックヤードやランニング中、狩野と公園で会った後のシャドーは本気で格好良かったし、試合の本気っぷりも震えてきました。前半のダラダラしてた頃と、後半のボクシングシーンの体形の差も凄い!前半のだらしない感じを出せるのが、さすが女優って感じで、撮影シーンが順撮りではなく日によってはだらしない体形とボクシングシーンが続く時もあったというけど、平気でそのくらいの体形調整はしていたっていうのが生まれながらの女優というか、女優という生き物なんだなあと。

一子も含めて主要な登場人物にダメな人が多いなあ。同じ匂いに集まってくるのでしょうか。野間は論外としても、試合に負けて悔しいと泣きながらも狩野と一緒に会場から去る一子の気持ちがいまいち分かりません。狩野は豆腐売りの女のところに転がり込んだように、どこかしら女性を惹きつける魅力があるのでしょうか。

ボクシングを頑張ったから、と急に勤勉になるものでもないけれど、学校でいじめられているらしい甥っ子にボクシングを教えたり、両親とも少し和解したり、どん底から少し這い上がりつつある一子の姿に、明るい兆しを感じました。

公式サイトはこちら

12/29 キネカ大森
クリックで救える命がある。投資信託

コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 恋人たち | トップ | ローグ・ワン/スター・ウォ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画(は~わ行)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

百円の恋 (映画的・絵画的・音楽的)
 『百円の恋』をテアトル新宿で見ました。 (1)『0.5ミリ』で大活躍した安藤サクラの主演作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)は、出戻りの妹・二三子(早織)の......
百円の恋 (映画好きパパの鑑賞日記)
 安藤サクラつながりでみた本作も彼女の演技にやられました。しかし、ストーリーに余計なものをいれて、話の流れを壊す邦画の悪癖は本作でもあり、根岸季衣のシーンは大部分をカ......
『百円の恋』+(?)=百八円の恋 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  斉藤一子(いちこ)は死んでいた。  黒澤明監督の名作『生きる』になぞらえれば、「彼女には生きた時間がない。つまり彼女は生きているとはいえないからで......
百円の恋 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
32歳のパッとしない女性がボクサーとの出会いから、毎日をサバイブしながら恋愛とボクシングに目覚めていく姿を、安藤サクラが演じた人間ドラマ。実家を出て100円ショップで深夜労......
ショートレビュー「百円の恋・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
100円玉のリアル。 今年の日本映画は、安藤サクライヤーだ。 先月公開されたばかりの「0.5ミリ」に続いて、ネガティブダウナー系女子の目覚めを演じ、圧倒的な存在感で物語を引っ......
Hungry,Angry~『百円の恋』 (真紅のthinkingdays)
 32歳実家暮らし、無職。部屋に籠ってゲーム三昧、深夜に百円ショップで買い 物。自堕落な生活を続けていた齊藤一子(安藤サクラ)は、ある日息子を連れて 出戻った妹と取っ組......
『百円の恋』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 武正晴 出演: 安藤サクラ 、新井浩文 鑑賞劇場: テアトル新宿 映画『百円の恋』 公式サイトはこちら。 実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻っ......