まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きみに微笑む雨 好雨時節

2009-11-29 12:19:15 | 韓国映画(あ~な行)
『八月のクリスマス』の名匠ホ・ジノ監督が大地震から一年後の中国四川省、成都を舞台に描くラブ・ストーリー。 韓国から成都に出張してきたドンハ(チョン・ウソン)は、かつて漢詩を学んでいたこともあり、出張の合間に名所の杜甫草堂に立ち寄る。そこで聞こえてきた懐かしい声は、アメリカでかつて一緒に学んだメイ(高圓圓:カオ・ユアンユアン)で、二人は10年ぶりにばったりと会う。その日一緒に夕食をとった二人だっ . . . 本文を読む
コメント

千年の祈り A THOUSAND YEARS OF GOOD PRAYERS

2009-11-27 00:00:00 | その他の映画(あ~な行)
静かな映画。 アメリカで暮らす一人娘のもとを北京からたずねてきた父親の姿が描かれる。アメリカナイズされた娘に対して、中華鍋を購入して高齢者大学で覚えた手料理を準備する父親。しかし久しぶりに会ったというのに夕食中の二人の間に会話はあまりない。 娘の宜藍は中国人の男性と離婚して、今は大学の図書館で司書をしている。昼間、時間をもてあます父親は近所の公園でペルシャ人のおばあさんと知り合いになる。おば . . . 本文を読む
コメント

がんばらない生き方 池田清彦著

2009-11-22 09:38:17 | 読んだ本
がんばらない生き方 生きづらい世の中を、ほどほどに楽しく生きるためのちょっとしたヒントが52個、語られている。いわゆる「カツマー的生きかた」で勝間和代と論戦を演じた香山リカの主張にも一部通じるものがあって、力を抜いて生きてもいいんだ、と選択肢を提供してくれる。 自分としては、病気になったこともあるし、まだ自分のミッションが明確に見えていないし、まず何よりもプライベートの充実が大事だし、ということ . . . 本文を読む
コメント

THE WAVE ウェイブ DIE WELLE

2009-11-20 00:00:00 | その他の映画(あ~な行)
エス[es]と同じく、実際の心理実験を元にした衝撃的な映画。 高校の授業で「独裁」の実習を受け持つことになった体育教師のライナーは、生徒たちに独裁制の特徴を答えさせて、それを実践していくことで実習を進めていく。リーダーである先生を「ベンガー様」と呼ぶ、発言するときは挙手して立つ、制服は白シャツ、集団の名前とロゴマークを決めて、独自の敬礼を作る、といったルールを決めると、生徒たちは次第にひとつの . . . 本文を読む
コメント

熊木杏里 Autumn Tour 2009 はなよりほかに

2009-11-17 00:00:00 | ライヴ
はなよりほかに 5月の東京グローブ座以来、半年ぶりの熊木杏里ライブは、新アルバム記念ライブ!去年の「ひとヒナタ」ツアーに引き続き会場は東京国際フォーラムホールCです。 ここ最近の熊木杏里はもう完全にスターの仲間入りをした感じで、新譜を出せば音楽雑誌にインタビュー記事が載るし、おっきくなったなあ、と改めて思いました。 ライブはまずバンドメンバーが定位置について、熊木杏里が最後に登場して『未来写 . . . 本文を読む
コメント

沈まぬ太陽

2009-11-09 21:58:06 | 日本映画(あ~な行)
山崎豊子原作の超大作、なんと202分で途中休憩あり!途中休憩が入るのは『アラビアのロレンス』以来です。 原作はずいぶん前に読み始めたものの、病気で読むのがつらくなって第一巻の途中で止まったままなので、御巣鷹山編や会長室編は初めて知るストーリーでした。 当然ですが、主人公の恩地元(渡辺謙)を中心に物語は進みます。冒頭から事故に遭うフライトの場面を持ってきますが、予感はびしばし感じるわけで、体育 . . . 本文を読む
コメント

一年之初‐いちねんのはじめ‐

2009-11-02 00:00:00 | 台湾映画(あ~な行)
『ヤンヤン』の鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督の長編デビュー作で、第19回(2006年)東京国際映画祭でも好評だったそうな。 12月31日、大晦日の夜から新年1月1日の朝にかけて、いくつかの物語が交錯していく。映画の撮影チーム、裏稼業につく密入国の男、クスリで気分を盛り上げるカップル、空港で誰かを待ち続けるバタフライ、ヤクザのボス。それぞれが少しずつ繋がっている。 映画の撮影隊が止めた車はヤク . . . 本文を読む
コメント