まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青い塩

2012-03-30 23:09:05 | 韓国映画(あ~な行)
ソン・ガンホとシン・セギョンの主演2人の存在感が光る作品。 伝説のヤクザとして恐れられていたドゥホン(ソン・ガンホ)は、裏稼業を引退してソウルから釜山に移ってレストランを開こうと料理教室に通う日々。席が隣合わせとなったセビン(シン・セギョン)と、年の差を越えて少しずつ話をするようになるが、セビンには別の目的があった。7000万の借金があるセビンは、妹と2人で借金を返済するために地元ヤクザから、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (14)

彼方の音色

2012-03-20 21:24:22 | ライヴ
伊藤サチコのパフォーマンスが圧巻でした!写真はヒメノアキラ。 スリーマンイベントライヴの1人目はヨシザワカヨコ、まだ大学生と若いシンガーソングライターです。ピアノとパーカッションをサポートに迎えて、本人はアコースティックギターを弾きながら歌います。路上で弾き語りも始めたようで、今日のお客さんも路上で出会った方が多いんだとか。 晴れ豆の客席は、テーブルも置いてあってゆったりとした椅子の配置でし . . . 本文を読む
コメント

ヤバい統計学 カイザー・ファング著

2012-03-19 23:39:20 | 読んだ本
タイトルからは、統計を悪用したり誤用したりしている事例を紹介、解説しているような印象を受けますが、内容は全く正反対で、現実の事象に統計学がいかに活用されているか、また統計学の限界などを実例をもとに紹介しています。 対象となる事例は、ディズニーランドのアトラクションの待ち時間、交通渋滞、クレジットカードのクレジットスコア、O157感染症の感染源の特定、大学入試SAT試験での公平性の確保、フロリダ . . . 本文を読む
コメント

父の初七日 父後七日

2012-03-17 23:11:07 | 台湾映画(あ~な行)
父親が亡くなってから葬儀までの七日間を、息子の大志と娘の阿梅の視点を軸に描いた作品。 台湾中部、彰化県の片田舎で行われる葬儀にまつわる風習が興味深い。道教スタイルなのだろうか、亡くなった父親と血縁にあたる道士が葬儀を取り仕切る。葬式の日程は吉凶で占い、紙銭を燃やしたり弔事用の頭巾を被ったり、道士の指示に従って泣いたり、弔問客の相手をしたりと、遺族にはやることがたくさんある。ほかにも泣き女やら地 . . . 本文を読む
コメント

マリリン 7日間の恋(試写会) MY WEEK WITH MARILYN

2012-03-13 22:53:24 | その他の映画(は~わ行)
アメリカで大ブレイクして、世界中の憧れの的となったマリリン・モンロー、演じるのはミシェル・ウィリアムズ。演劇の本場、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエから「王子と踊子」の出演オファーを受けてやってくる。映画業界に入ったばかりのコリン(エディ・レッドメイン)は第3助監督として現場に入るが、スタッフも共演者も、主演と監督を務めるオリヴィエさえも奔放なマリリンに振り回される。科白を間違い、現場に遅刻 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム(試写会) SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS

2012-03-11 21:07:39 | その他の映画(あ~な行)
武闘派探偵ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)の続編は、宿敵モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)との対決。と言っても前作は観てないし、原作もほんの少しのエピソードしか読んでないので、モリアーティ教授のことは詳しくは知りません。 冒頭からスリリングな何かを秘密に運ぶシーン、ここで早速ホームズが力強いアクションを見せてくれます。爆弾処理をしたのも束の間、狙われた医師は暗殺されて、運び屋となったホ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (34)

DISTANCE/ディスタンス

2012-03-10 22:41:37 | 日本映画(あ~な行)
是枝裕和監督の長編映画3作目、公開時にはリアルタイムで観ていないので初鑑賞。 カルト教団に入って大事件を起こし、亡くなった実行犯の遺族たちが年に一度、密かに命日を弔うために現地に集まる。3年目の今年もいつものように集まった4人の男女。山梨県の鉄道駅に集合し、車に相乗りして山奥に向かう。山奥の湖畔で弔いのひと時を過ごし帰ろうとすると、車が盗まれていた。同じようにバイクを盗まれた元信者(浅野忠信) . . . 本文を読む
コメント

一枚のハガキ

2012-03-03 22:40:10 | 日本映画(あ~な行)
99歳、日本最高齢の新藤兼人監督が最後の監督作と宣言した映画。 宿舎の掃除という任務を終えた100名の兵隊たちは、上官のくじ引きで次の任地が決まる。100人のうち、60人がフィリピンのマニラ陸戦隊に、残り40名もほとんどが戦地へ赴いたが、啓太(豊川悦司)は10名にも満たない宝塚での宿舎の清掃任務となった。 二段ベッドの上下に寝ていた森川定造と啓太は、くじ引きの後のある晩、話をする。定造に宛て . . . 本文を読む
コメント