まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

辻香織 レコ発ワンマンライヴ『ひまわり』

2011-11-27 23:20:05 | ライヴ
辻香織のNewアルバム『ひまわり』発売記念バースデーワンマンライヴ。 これまでとはずいぶん変わった趣で、ギターを弾いたのは弾き語りを入れてもわずか4曲!アコギファンとしては、辻香織がちょっと違う方向へ行ってしまったのかとちょっと心配。この日はキーボードも弾かずに、微妙な振りをつけて歌う姿はどう評価したらいいのか。サポートはプロデューサーでもある上田禎とギターの石崎光、石崎光はこの後別のライヴも . . . 本文を読む
コメント

不惑のアダージョ (試写会)

2011-11-26 22:59:35 | 日本映画(は~わ行)
アダージョ:音楽用語で「緩やかに」。更年期を迎えたキリスト教のシスター(芝草玲)が主役の物語。 上映前に井上都己監督とバレエで特別出演した西嶋千博と橘るみの舞台挨拶があって、撮影裏話などを聞くことができました。普段はバレエの稽古場でやっているような動きを演技としてやることに戸惑ったとか、2人が演技を合わせたのは撮影当日だったけど息はぴったり合っていたとか、井上監督が小さいころからずっとバレエを . . . 本文を読む
コメント (2)

1911 辛亥革命

2011-11-23 22:52:32 | 中国映画(あ~な行)
辛亥革命をジャッキー・チェン成龍が総監督として描く近代史大作。共演は孫文俳優のウィンストン・チャオ趙文宣、リー・ビンビン李冰冰、ジェイシー・チャン房祖名、ユイ・シャオチュン余少群など。 孫文は、黄興(成龍)ら同盟会の仲間とともにマレーシア・ペナン島にいた。清朝を打倒する革命を夢見る若者たちは黄興に率いられて広州蜂起に向かい、孫文は華僑から革命の資金援助を受けるべくアメリカへ向かう。 広州蜂起 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

シミズリエ バースデーワンマンライヴ It's my life

2011-11-18 23:16:44 | ライヴ
シミズリエ初のバースデーワンマンライヴ、当日は仕事が入ってましたが、何とかまにあいました。 しみりえのグランドピアノにギター笠間洋平、ドラム中村憲司、ベース田名綱大介のフルバンド編成で、テーマは「やりたい放題」、テーマ通りフルバンドでのロックあり、ピアノ弾き語りあり、アコースティックギターとのデュオあり、ギターを伴奏にピアニカと歌だけもあり、MCもかなり飛ばしてました。 冒頭にライヴタイトル . . . 本文を読む
コメント

ウィンターズ・ボーン WINTER'S BONE

2011-11-17 22:19:05 | その他の映画(あ~な行)
父が消えた。保釈金の担保として自宅と山を抵当に入れて。裁判に父が出頭しなければ、幼い弟と妹、それに病気の母を抱えたまま路頭に迷う羽目になる。家族を守る強い決意を持って、リー(ジェニファー・ローレンス)の父親探しが始まった。。。 舞台はミズーリ州の貧しい山間地帯。村では生活のために違法ドラッグを作っている。父はどうやら村の掟を破ったらしく、父の行方を尋ねても隣人たちの口は重い。 17歳で幼い弟 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

新少林寺/SHAOLIN(試写会) 新少林寺

2011-11-14 22:09:16 | 香港映画(あ~な行)
カンフー旋風を巻き起こした『少林寺』を舞台に、ベニー・チャン陳木勝が監督、主演にアンディ・ラウ劉徳華とニコラス・ツェー謝霆鋒を迎えたアクション大作。他の出演者はウー・ジン呉京やユイ・シャオチュン余少群、ファン・ビンビン范冰冰など。ジャッキー・チェン成龍は友情出演みたいな感じですが、おなじみのカンフーアクションもしっかり魅せてくれます。 中華民国初期、中国全土は無秩序な混乱に陥っていた。少林寺の . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (13)

密告・者 綫人

2011-11-12 22:04:44 | 香港映画(は~わ行)
昨年の東京フィルメックス以来2度目の鑑賞。もう少したくさんの劇場で公開されるかと思っていたけれど、これが香港映画をめぐる現実なのでしょう。 香港映画では、警察を舞台にした映画が一つのジャンルといってもいいほど確立していて、様々な警察の職場に驚かされます。『PTU』の機動隊や『天使の眼、野獣の街』の監視班、『インファナル・アフェア』の潜入捜査など。組織犯罪課も定番ですね。 この作品も警察が組織 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

ツレがうつになりまして。

2011-11-06 23:45:33 | 日本映画(あ~な行)
細川貂々の原作漫画の映画化。原作はかなり有名ですが、読んでません。他人事じゃないから、ということで観てきました。 売れない漫画家、晴子(宮崎あおい)のツレ、高橋幹男(堺雅人)は、外資系ソフト会社のカスタマーサポート担当として忙しく働いていたが、リストラで仕事の負荷が高まる中でクレーマーの客がいたりしてストレスで体に変調をきたす。 医者の診断はうつ病。晴子に「会社を辞めないと離婚するぞ」と脅さ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

運命の死化粧師 命運化妝師

2011-11-03 23:51:21 | 台湾映画(あ~な行)
東京国際映画祭アジアの風の出品作。上映前に連奕(リエン・イーチー)監督と、脚本の于尚民(ユィ・シャンミン)そして主演の謝欣穎(ニッキー・シエ)の舞台挨拶があり、上映後にはQ&Aがあるというよくわからない流れ。 葬儀のために死体に化粧を施す死化粧師を仕事にしているミンシウ(謝欣穎)。ある日、高校時代の音楽の先生だった女性(隋棠ソニア・スイ)が運ばれてきた。睡眠薬を飲んで自殺したとのことだったが . . . 本文を読む
コメント

October Song Book '11

2011-11-02 22:10:10 | ライヴ
豪華な出演者がそろった赤坂グラフィティ、1番手は11/5にバースデーワンマンライヴを控えるシミズリエです。ドラムの中村憲司さんとの2人編成。しみりえはキーボードの椅子に座っても立ってもあまり背が変わらないことに気づいてしまいました。暖かくて安心感のある歌声とキーボードはほっとします。 MCでの「しみりえのこれってどうなのコーナー」最近の定番なのかな?女性や男性一般を性別だけで括ることに対する憤 . . . 本文を読む
コメント