まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

修羅の剣士 三少爺的剣

2017-10-27 21:40:10 | 香港映画(あ~な行)
人気武侠小説を徐克ツイ・ハークプロデュース、爾冬陞イー・トンシン監督で映画化!何でも1977年に爾冬陞主演で一度映画化されてるらしく、爾冬陞が主演をするほどの俳優だったんだっていうのがびっくり。 凄腕の剣士、燕十三は伝説の男、第三の師との対決を夢見ていたが、総本山に行くとすでに第三の師はいない、と告げられ、肩を落として立ち去る。実は第三の師は剣を捨て出奔していて、今は偽名を名乗って妓楼で働いて . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

トンネル 闇に鎖された男

2017-10-23 22:21:35 | 韓国映画(あ~な行)
ハ・ジョンウ主演、ペ・ドゥナが妻役で共演したシチュエーション・サンスペンス。狭いところに閉じ込められる、という系統としては『127時間』や『[リミット]』と似ています。 高速道路を走るジョンス(ハ・ジョンウ)、トンネルに差し掛かり途中まで行ったところでボロボロと天井から土砂が落ちてくる。少しスピードを落としていたら、いきなりドドドドッと大規模な崩落が。事故の衝撃で気を失ったジョンスが目覚めると . . . 本文を読む
コメント

台北ストーリー 青梅竹馬

2017-10-20 22:58:20 | 台湾映画(あ~な行)
今は亡き台湾の名匠、楊德昌エドワード・ヤンの長編2作目。主演にはこれまた高名な映画監督で、製作と脚本も担当した盟友侯孝賢ホウ・シャオシエン。呉念眞ウー・ニエンチェンも出演してたり、馬友友ヨーヨー・マや杜篤之トゥー・ドゥーチが音楽を担当するなど、台湾映画界の親密な関係が分かります。 新しい部屋を探しているようなシーンで始まり、だんだんと登場人物の関係性が分かってくる。アリョン(侯孝賢)とアジンは . . . 本文を読む
コメント

グレートウォール 長城

2017-10-16 21:33:09 | 中国映画(あ~な行)
中国の巨匠張芸謀チャン・イーモウが、マット・デイモンを主演に迎えて万里の長城を舞台にした米中合作。劉徳華アンディ・ラウ、景甜ジン・ティエン、彭于晏エディ・ポンなど中華圏スターも顔を揃えています。 宇宙から見える唯一の人工建造物と言われる万里の長城は、北方の異民族「匈奴」を防ぐために造られたというのが定説だが、この作品では「饕餮」という60年に一度現れる怪物を防ぐものとなっています。 一攫千金 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

ジャッキー ファーストレディ最後の使命 JACKIE

2017-10-11 22:46:28 | その他の映画(あ~な行)
アメリカ合衆国第35代大統領、ジョン.F.ケネディの妻、ジャクリーン・ケネディが大統領の暗殺後、どのように振る舞ったかが描かれる。ジャクリーンに扮するのはナタリー・ポートマン。 ダラスでのパレード中に狙撃されたケネディ大統領。ジャクリーンは血だらけの大統領の頭を抱えて病院へ、そしてパレードで着ていた血だらけの服のまま大統領専用機、エア・フォース・ワンでワシントンへ戻る。機内ではジャクリーンが悲 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

イップ・マン 継承 葉問3

2017-10-07 21:50:25 | 香港映画(あ~な行)
甄子丹ドニー・イェン主演のイップ・マンシリーズ第3弾!今度の敵はマイク・タイソン、だけどラスボスかと思ったら前半の中ボスでした。 香港で詠春拳の道場を営む葉問イップ・マン(甄子丹)、息子が通う小学校が地上げ屋に狙われているため、門弟たちと無償で警固に当たる。しかしマイク・タイソンの傘下にある地上げ屋が学校の土地を狙い放火、さらに子供たちを誘拐して土地の引き渡しを迫る。 葉問は門弟たちと敵の本 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

サラエヴォの銃声  SMRT U SARAJEVU

2017-10-01 21:15:40 | その他の映画(あ~な行)
第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件から100周年、サラエボでは1984年のオリンピック以来、激しいユーゴ内戦を経た後の一大イベントの準備が進んでいた。 由緒あるホテルヨーロッパの屋上では、大学教授やサラエボ事件関係者の子孫へのインタビューが収録され、レストランでは大勢の賓客を迎える準備で大忙し。しかしホテルの従業員は未払い賃金の支払いを求めてストライキを計画中。そして警察はテロリスト . . . 本文を読む
コメント