まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

矢野絢子レコ発ライヴ 岸のない河のほとりで

2012-06-28 23:39:39 | ライヴ
8thアルバムのレコ発ライヴは、一曲一曲丁寧に、その曲を作った時の想いやレコーディングの情景などを語って、歌よりもMCの方が多く時間を取ったんじゃないかっていうくらいの珍しいライヴでした。 今回のアルバムのテーマは『共に生きる』。アルバムを一つ作るとそこからまた一歩前に踏み出せるそうで、前作『いちばん小さな海』から一歩踏み出した楽曲が集まりました。レコーディングも高知のホームグラウンド、歌小屋 . . . 本文を読む
コメント

星の大地に降る涙 地球ゴージャス公演vol.10

2012-06-24 23:38:10 | 演劇
DVDとはいえ、演劇をきちんと見るのは初めてです。舞台の映画化は、本谷由紀子作品の『腑抜けども、悲しみの愛をみせろ』と『乱暴と待機』、それに『今度は愛妻家』もそうか、素晴らしい作品が多いのだけど、ヒットした舞台が映画化されるんだから、いい作品ばかりになるのもうなずけます。そういう意味では、この作品もいいものなのかな? 岸谷五朗と寺脇康文の2人で構成する演劇プロデュースユニット、地球ゴージャスの . . . 本文を読む
コメント

My Favorite Time vol.6

2012-06-16 23:37:04 | ライヴ
伊藤サチコが自分の聴きたいアーティストをゲストに迎える自主企画、今回は仲良しの拝郷メイコと、ずっとタイミングが合わなかったという大柴広己が出演です。とても仲がいいという3人、ステージ上でもアンコーのセッション前のおしゃべりでも和気藹々といった空気に溢れてました。 めでたいことに満員御礼、Sold Outとなった会場に、まずは主催の伊藤サチコが出てきて挨拶、そこで当日フライヤーの誤字を謝罪しまし . . . 本文を読む
コメント

未来警察 未来警察

2012-06-10 13:34:33 | 香港映画(は~わ行)
アンディ・ラウ劉徳華主演、バリー・ウォン王晶監督脚本の未来おバカアクション。こういう映画にもしっかりと主演して、ワイヤーアクションを披露しているところが、劉徳華が本当に香港映画界を愛しているんだなあ、と胸が熱くなります。 2080年の(たぶん)香港、モー博士を暗殺しようと半分サイボーグの5人組が襲撃する。警備していたのは劉徳華率いる警察チームだったが、彼らの圧倒的な武力に劉徳華の妻、ファン・ビ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

ジェノサイド 高野和明著

2012-06-09 23:33:50 | 読んだ本
2012年本屋大賞第2位、そして直木賞候補にもなった本作品は、息詰まるサスペンス・アクション。日本とアメリカ、そしてアフリカのコンゴを舞台にストーリーが展開する。 薬学部の修士課程2年、古賀研人は、父の突然の死の後、不可解なメールに誘われて肺胞上皮細胞硬化症という不治の難病の治療薬開発に挑む。その薬を切望しているのが、民間軍事会社にいたイェーガー。息子がこの病気を発症し、この病気の権威がいるリ . . . 本文を読む
コメント

女ドラゴンと怒りの未亡人軍団 楊門女将之軍令如山

2012-06-03 23:02:50 | 中国映画(あ~な行)
ジャッキー・チェン成龍製作、セシリア・チャン張栢芝主演の歴史アクション、原作は京劇にもなっている中国の実話「楊門女将」。 宋の時代、皇帝に仕える楊一門は、西域の守備について西夏王朝と激闘を繰り広げていた。一族の男たちは相次いで戦いで命を落とし、残る男は当主の楊宗保(リッチー・レン任賢齊)と息子の文広が残るのみ。城内は未亡人となった楊家の女性たちと女兵であふれていた。尚武の気風の楊一門らしく、未 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (5)