まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

百日告別

2017-05-29 22:46:13 | 台湾映画(は~わ行)
『九月に降る風』の林書宇トム・リン監督が、自身の妻の死を経て作った作品。 交通事故の現場から物語は始まる。多重事故で妊娠中の妻を亡くしたユーウェイ(石錦航シー・チンハン、五月天:石頭)と、料理人の婚約者を亡くしたシンミン(林嘉欣カリーナ・ラム)。ユーウェイの家に同僚や友人、親族が弔問に訪れるが、ユーウェイの心は悲しみを抱えたまま。クリスチャンの親戚が聖書の言葉や讃美歌を歌っても、空々しく聞こえ . . . 本文を読む
コメント

私の少女時代 Our Times 我的少女時代

2016-12-29 22:16:10 | 台湾映画(は~わ行)
高校生くらいの年代が主人公の青春映画といったら、台湾映画の右に出るものは今のところないのではないでしょうか。台湾で2015年興行収入第一位となり、大阪アジアン映画祭ではチケットが5分で完売と、大ヒットを記録した作品。 恋も仕事もうまくいかないOLの林真心(陳喬恩ジョー・チェン)、自分の部屋で大好きな劉徳華アンディ・ラウの曲を聴くと、90年代、高校生の時を思い出す。 平凡で目立たずドジッ娘でお . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

若葉のころ 5月一号

2016-07-02 23:16:42 | 台湾映画(は~わ行)
瑞々しい青春映画に秀作が連なる台湾から、またひとつ心を洗われる作品が届きました。 2013年、母(賈静雯アリッサ・チア)と祖母と3人で暮らしている女子高生のバイ(程予希ルゥルゥ・チェン)、親友のウェン(邵雨薇)といつも一緒だが、最近男子生徒のイエ(鄭暐達アンダーソン・チェン)が何かと声をかけてくる。母とバイがいつものように野良猫に餌をあげに行ったとき、母が車に撥ねられて意識不明の重体に。母がや . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

ハーバー・クライシス 都市壊滅 痞子英雄 黎明再起

2015-12-22 23:45:51 | 台湾映画(は~わ行)
台湾の人気テレビドラマの劇場版第2作、主演に趙又廷マーク・チャオと林更新ケニー・リン。 海港市(ハーバー・シティ)と本土を結ぶ橋やトンネル、高速道路で連続爆発事故が起きる。さらに犯人グループ「夜行者」は軍が極秘裏に購入したEMPミサイルを強奪し、さらにウィルス兵器で海港市の殲滅を狙っていた。インション(趙又廷)はチェンチェン(林更新)とコンビを組み、捜査を進めて犯人グループのボスに迫る。。。 . . . 本文を読む
コメント

郊遊<ピクニック>

2014-09-27 22:17:08 | 台湾映画(は~わ行)
台湾映画界の異才、蔡明亮ツァイ・ミンリャン監督の長編映画引退作。 台北の郊外に暮らす父親(李康生リー・カンション)と子供二人。父親は高速道路の下の道路でマンションの人間立看板となって日銭を稼いでいる。一家は貧しく子供たちは学校にも通っていないのだろう、巨大スーパーの食料品売り場の試食で空腹をごまかし、ドライブインのトイレにある洗面台をシャワー代わりにして手足や顔を洗う日々。スーパーの店員が変な . . . 本文を読む
コメント

光にふれる 逆光飛翔

2014-04-30 23:32:01 | 台湾映画(は~わ行)
王家衛ウォン・カーウァイがショートフィルムを見て感動し、プロデューサーを申し出たという作品。ヒロインには『陽陽』の張榕容サンドリーナ・ピンナ、聾唖の主人公をホアン・ユィシアン本人が演じています。 台北にある大学の音楽科に進学が決まったユィシアン、初めて親元を離れて学生寮に入ることになり最初こそ母親が一緒に来て生活の立ち上げをするけれど、それがひと段落してからは一人で大学生活を送ることになる。明 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

モンガに散る [舟孟][舟甲]

2010-12-26 11:08:44 | 台湾映画(は~わ行)
台湾映画に独特の清冽な青春活劇とノワールの素晴らしい融合で、娯楽性も高く新しい台湾映画の可能性を感じさせます。公開館は少ないけれど、絶対お薦めです! 1986年、台湾の戒厳令解除前夜の頃の物語。転校生のモスキート(趙又廷マーク・チャオ)は、弁当の鶏腿肉が原因で、クラスのボスでありヤクザの息子ドッグに狙われるが、たまたまモスキートに目をつけたモンク(阮經天イーサン・ルアン)によって、ドラゴン(鳳 . . . 本文を読む
コメント

ヤンヤン 陽陽

2009-10-28 23:18:30 | 台湾映画(は~わ行)
初めて東京国際映画祭に行ってみました。 陳伯霖(チェン・ボーリン)主演の『台北に降る雪』はすでにチケットが売切れだったので、同じ台湾のこの作品を鑑賞しました。『台北に降る雪』は、来年2月の日本公開が決まっているようなので、それまで待ちます。 監督は鄭有傑(チェン・ヨウチェ)で『一年之初』が最初は新宿バルト9、次いでシネマート新宿にて公開中。この作品、今年の台湾金馬奨では6部門にノミネートされ . . . 本文を読む
コメント