まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒメアノ~ル(試写会)

2016-07-17 23:00:48 | 日本映画(は~わ行)

漫画『稲中卓球部』で有名な古谷実の漫画原作を映画化。古谷実はほかに園子温が監督した『ヒミズ』も描いていると知って、ちょっとびっくり。

清掃会社でアルバイトをしている岡田(濱田岳)は、会社の先輩安藤(ムロツヨシ)が憧れるアベユカ(佐津川愛美)をストーカーから守る役になる。そのストーカーは、岡田の高校の同級生、森田(森田剛)だった。ユカは好みのタイプである岡田に一目惚れ、岡田とユカは安藤に隠れて付き合うことになる。

岡田とユカが付き合っている間、森田は次々と凶行に及んでいた。岡田とユカの交際を知って絶交を宣言した安藤も森田の凶弾に倒れ、ついに森田は岡田のアパートでユカに襲い掛かる。。。

濱田岳の演技がうまいなあ。ごくごく普通でちょっとダメっぽい岡田の雰囲気がうまく出ています。ムロツヨシのちょっと変態がかった演技も規格外で目を引くものがありました。やさぐれた森田剛は、目つきや痩せこけた頬を強調した表情など、本当にヤバい感じでこれまた強烈な印象を与えます。

テンポのいいストーリー展開はきっと原作の良さなのでしょう。ただ原作ではもう少しメインキャラクターが多いみたいだけど、映画用として尺の中に収めつつストーリー感を持たせるために、大胆に切り取ってうまく脚本にしたなと思います。

安藤の言動が笑いの元になっているけれど、ムロツヨシが演じていることでおかしさが倍増していて独特の雰囲気ができています。そうした日常生活というか、普通の生活に森田が現れることで、いとも簡単に凄惨な殺人現場になってしまう、その落差も見どころのひとつ。

和草と婚約者にしろ、井上さん一家にしろ、ユカのアパートの隣人にしろ、いつもと変わらない今日という日を過ごしていたはずなのに、何の前触れもなく殺される、そうした日常生活が突然断ち切られる怖さをぞくぞく感じます。

監督の吉田恵輔は初めて見ましたが、今後が期待できます。古谷実の原作のパワーも大きいでしょうから、これからも映画化される作品がありそうです。

公式サイトはこちら

9/25 秋葉原アキバシアター
クリックで救える命がある。投資信託

コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 月光 | トップ | シチズンフォー スノーデン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい作品でしたね (ここなつ)
2016-07-19 15:26:09
こんにちは。TBをありがとうございました。
この作品、凄く衝撃的な作品でした。強烈でしたよね…森田剛の殺人鬼ぶりも、そこに至るまでの岡田との高校生活も…。
ここなつさんへ (まてぃ)
2016-07-31 23:28:18
コメントありがとうございます。
何気ない日常生活と、凄惨な殺人シーンとが並列的に描かれているのが、なんとも衝撃的でした。
俳優はみんな良かったですね。

コメントを投稿

日本映画(は~わ行)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

「ヒメアノ~ル」☆最後に大粒の涙一つ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そし...
ヒメアノ~ル (映画好きパパの鑑賞日記)
 前半はラブコメ、後半は緊迫した暴力映画となる問題作。森田剛がアイドルとは思えない、狂気の連続殺人犯を演じているうえ、ラストの着地が素晴らしく、見終わった後も強い印象が...
ヒメアノ~ル (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒメアノ~ル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)吉田恵輔監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、岡田(濱田岳)が用具を使...
「ヒメアノ〜ル」 (ここなつ映画レビュー)
ある種のジャパニーズホラー。いや、これがホラーでなくてなんなのだろう?サスペンスなどと軽々しい表現は使いたくない。でも、最初は普通の邦画という気持ちで鑑賞していた。濱田...
ヒメアノ~ル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/05/28公開 日本 R15+ 99分監督:吉田恵輔出演:森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ めんどくさいから殺していい? STORY:普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー...
ヒメアノ~ル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。ビル清掃会社のパートタイマーの青年と同僚が織り成す至って普通の日々と、欲望のままに殺...
『ヒメアノ~ル』 (beatitude)
「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)。同僚の安藤(ムロツヨシ)に、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキュ...