まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル 鐘馗伏魔:雪妖魔灵

2016-01-30 19:18:03 | 中国映画(は~わ行)
唐の時代、妖魔を倒す職に就く鐘馗(陳坤チェン・クン)は、天界の張仙人の下で千年に一度の妖魔の転生から滬都を守っていた。魔界の魔晶石を手に入れ封印したのだ。魔界からは魔晶石を取り返して転生を果たそうと、雪晴(李冰冰リー・ビンビン)が踊り子に変化した妖魔を率いて滬都に入る。 鐘馗は妖魔と対決すべく、魔扇によって自らの中の魔を解放して変化する術を張仙人から授けられる。鐘馗はかつて愛した女性、雪児と瓜 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

ベテラン

2016-01-23 23:53:14 | 韓国映画(は~わ行)
ファン・ジョンミン演じるベテラン刑事が財閥の御曹司の悪事を痛快に暴く。 広域捜査チームに所属するベテラン刑事、ドチョル(ファン・ジョンミン)はロシア人の高級車密輸グループを逮捕するなど捜査の腕も一流。捜査に協力したことがあるトラック運転手の自殺未遂事件で、ドチョルは独自に捜査を進め、運転手を雇っていた事務所の親会社、シンジン物産とそのオーナー、チョ・テオ(ユ・アイン)が怪しいとにらむ。裏から表 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

樅ノ木は残った 山本周五郎著

2016-01-16 22:16:29 | 読んだ本
   山本周五郎賞という文学賞の名前にもなっている山本周五郎の代表作のひとつ。江戸時代の三大お家騒動のひとつ、伊達騒動の内幕を、原田甲斐を悪役としてきた従来の解釈に真っ向から反対する義の人として描く。 仙台62万石の家督を継いだ伊達綱宗は、放蕩を理由に幕府から謹慎を命ぜられる。その夜、綱宗の近習4名が「上意討ち」を口実に襲われ、仙台藩は大騒動となった。綱宗謹慎の陰には、老中酒井雅樂頭と綱宗の叔父 . . . 本文を読む
コメント

2015年 日本インターネット映画大賞 外国映画部門

2016-01-13 21:46:11 | 映画雑感
続いて外国映画部門。シネマート六本木が閉館して、中華圏映画の鑑賞数というか公開数が激減しました。新宿武蔵野館も耐震工事で一時閉館するし、中華映画ファンにとってかなり厳しい状況が続きます。。。 今年観た外国映画は33本、第二次世界大戦終結から70年、世界的にも戦争をテーマにした作品が多かった気がします。 [作品賞投票ルール(抄)] ◾選出作品は3作品以上10作品まで ◾ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

2015年 日本インターネット映画大賞 日本映画部門

2016-01-11 21:26:28 | 映画雑感
今年も昨年1年の映画を振り返ります。2015年に観た日本映画はドキュメンタリー含めて7作品でした。。。 [作品賞投票ルール(抄)] ◾選出作品は3作品以上10作品まで ◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品 ◾持ち点合計は30点 ◾1作品に投票できる最大点数は10点まで ◾各部門賞に投票できるのは個人のみ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

伊藤サチコ、存分に弾き語るワンマン。vol.8 伊藤サチコSSW講座

2016-01-09 22:36:41 | ライヴ
以前サンジャックがあった場所が、新オーナーのもとアートリオンと名を変えてから初めて訪れました。ピアノが窓側に移動してたのが一番の違いかな。 「伊藤サチコ、存分に弾き語るワンマンvol.8」の昼の部は、伊藤サチコが講師となって楽曲の製作の秘密を全て明らかにするシンガーソングライター講座。スケッチブックにフリップみたいに準備してきて、やる気満々です。 花瓶に活けられた綺麗な花と、道端に一本だけ辛 . . . 本文を読む
コメント

闇に香る嘘 下村敦史著

2016-01-06 23:45:31 | 読んだ本
第60回江戸川乱歩賞受賞作。主人公が69歳の全盲の視覚障碍者というかなり珍しい設定で、テーマも中国残留孤児という重いもの。 主人公の村上和久は、腎臓病を患い人工透析を続けている孫娘のために、実家の岩手で母親と暮らす兄、竜彦に生体腎移植を依頼するが、ドナー検査さえにべもなく拒否されてしまう。それをきっかけに兄が偽装中国残留孤児ではないかと疑い始めた村上は、戦中に満州開拓団で一緒だった人たちを訪ね . . . 本文を読む
コメント

アシンメトリー 飛鳥井千砂著

2016-01-05 22:59:09 | 読んだ本
『アンタイトル』の著者の作品。結婚をめぐり4人の主人公それぞれの想いが交錯する、これまた結婚したい自分にとっては気になるテーマ。 真面目で自分には華がない、と思っている朋美は同年代の友人たちが次々と結婚していくことに、焦りにも似た感情を抱いていた。そんな折、結婚には全く興味がないと思っていた友人の紗雪が幼馴染でカフェの店長をしている治樹と結婚するという。紗雪と治樹の結婚パーティで、朋美は貴人と . . . 本文を読む
コメント

全力スマッシュ 全力扣殺

2016-01-03 22:19:11 | 香港映画(あ~な行)
香港映画でないとできない、と思わせるおバカな感じが脱力した笑いを誘います。こういうのを作る製作陣もある意味すごいし、出演する鄭伊健イーキン・チェンや何超儀ジョシー・ホーもすごいなあ。そもそもバドミントンって香港で映画にするほど人気があるのでしょうか。あまり絵になりそうなシーンや盛り上がるシーンが無さそうな気がします。 大会はすごくショーアップされるし、シャトルがネットを越えるところはスローモー . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (5)