まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラ・ラ・ランド LA LA LAND

2017-09-07 23:54:55 | その他の映画(は~わ行)

今年のアカデミー賞で史上最多タイの14部門にノミネート、監督賞や主演女優賞など6部門でオスカー像を獲得したミュージカル映画。

オープニング、渋滞のハイウェイで始まるダンスシーンがまず圧巻。そしてその渋滞が後半に回収される伏線になるなどストーリーの構成もばっちり。

女優を夢見て撮影スタジオ近くのカフェでバイトをして、オーディションに申し込む毎日を送るミア(エマ・ストーン)。クリスマスの夜、またオーディションに落ちて意気消沈し、ふらっと入ったバーでピアノを弾いていたセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。また別のパーティで、バンドで出演していたセバスチャンと再会したミアは、ハリウッドで夢を追う者同士として次第にお互い惹かれあうようになる。山の中腹で語り合い、タップダンスを踊るシーンはキラキラしていてかっこいい!ジャズバーの夢を語るセバスチャンもいい男です。そんな2人の生活に変化が。

セバスチャンが旧い友人と再会し彼らのバンドに参加したところ、時流もあり一躍大人気となる。レコーディングとツアーの毎日で、ミアとの暮らしもすれ違いが多くなる。一方ミアは女優への夢へ一発逆転を賭けて、一人芝居を企画する。自分で脚本を書いて演出し小さな劇場を貸し切って公演するが、観客は殆ど友人や知り合いばかりで一通り来ると後はガラガラ。珍しく来た一般客も帰り道には辛辣な言葉を吐き、それをたまたま聞いたミアはさらに落ち込む。

女優への夢に見切りをつけ、セバスチャンとの生活も諦めて実家へ戻ったミアの元に、セバスチャンが新たなオーディションの知らせを持ってくる。ミアの一人芝居を見た映画関係者が、直接オファーをしてきたのだ。

この映画でヒロインに抜擢されたミアは新進女優として注目を集め、フランスからキャスティングを受けてヨーロッパに渡る。数年後、世界的な女優となったミアがロスに帰ってくると。。。

アカデミー賞は、こうしたショービジネスを舞台とした作品が好きなのかな?『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』だったり『アーティスト』だったり、油断すると楽屋落ちになりそうなテーマだったりするイメージがあるけれど、そこはさすがオスカー作品、そんな空気は微塵も感じさせません。ディテールだったり日々の出来事だったりの何気ないところにリアリティが宿っていて、アカデミー会員たちの共感をより呼ぶのでしょう。

セバスチャンが売れたのは本意ではなかったかもしれないけれど夢のための資金が貯まり、ミアも夢を叶えてアメリカンドリームの体現、ハッピーとなったけれど一筋縄ではいかずちょっとほろ苦い展開が。ミアとセバスチャンの前に広がるもう一つの未来。あの場所でミアとセバスチャンはそれぞれ何を思ったのでしょう。

いろんな映画へのオマージュがたくさん散りばめられているんだろうけれど、分かったのは『赤い風船』だけでした。でも真っ赤な風船が出てきたときには、舞台はフランスだし「うわぁ」と感動ものでした。

さすが評判の高さならではの、心温まる映画でした。

公式サイトはこちら

4/2 TOHOシネマズ川崎
クリックで救える命がある。投資信託

コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 楊貴妃 Lady Of The Dynasty... | トップ | ゆれる旋律 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の映画(は~わ行)」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

ラ・ラ・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されてい......
ラ・ラ・ランド (花ごよみ)
監督はデイミアン・チャゼル。 ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン 主演のミュージカル映画。 女優志望のミア(エマ・ストーン)と ジャズピアニスト、セバスチャン(ライア......
ラ・ラ・ランド (風に吹かれて)
もう一つの物語で切なさ倍増 [E:weep] 公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland 監督: デイミアン・チャゼル  「セッション」 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス
ラ・ラ・ランド (♪HAVE A NICE DAY♪)
泣いちゃった・・・ 私は大好き!この作品 まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて 拍手したい気分 ミュージカルだから オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、......
ラ・ラ・ランド (セレンディピティ ダイアリー)
「セッション」のデミアン・チャゼル監督によるミュージカル、「ラ・ラ・ランド」(La La Land)を見ました。ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミア(エマ・ストーン)と、自分の店......
ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズ......
ラ・ラ・ランド ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイ......
映画「ラ・ラ・ランド」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに映画「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。
『ラ・ラ・ランド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、      ......
「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い......
「ラ・ラ・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はか......
『ラ・ラ・ランド』 (beatitude)
アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続......
ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えた......
ラ・ラ・ランド(2016)**LA LA LAND (銅版画制作の日々)
 夢をみていた MOVIX京都にてついに鑑賞!何と2時間越えの作品。もう何度もこの2人のダンスシーンは皆さん観ておられると思います。素晴らしいダンスでしたね。観ている私もこ......
「ラ・ラ・ランド」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La La Land」2016 USA夢を求めて人々が集まる街ロサンゼルス。女優志願のミアは映画スタジオのカフェで働きながらいくつものオーディションを受ける日々だが、いつもボツ。ある日、場......
【cinema】『ラ・ラ・ランド』 (・*・ etoile ・*・)
2017.2.24 『ラ・ラ・ランド』鑑賞@TOHOシネマズ日本橋 すごく見たくて試写会応募しまくったけどハズレ ライアン・ゴズリング登壇のジャパン・プレミアのチケット争奪にも玉砕💦 か......