まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤い星の生まれ 建党偉業

2011-10-31 21:37:35 | 中国映画(あ~な行)
東京国際映画祭にあわせて開催される、日本・中国映画週間で鑑賞。辛亥革命から中国共産党設立までを、中華オールスター総出演で描く中国共産党結党90周年記念映画。中華人民共和国建国60周年記念映画『建国大業』(見逃しましたが)に続くプロパガンダ映画第二弾かと思っていて、チャン・チェン張震のシスター姿を目当てに行ったのですが、意外と映画そのもので楽しめました。 大学のとき、ゼミの教授の専門が中国の政治 . . . 本文を読む
コメント

あの頃、君を追いかけた  那些年、我們一起追的女孩

2011-10-30 21:17:00 | 台湾映画(あ~な行)
東京国際映画祭、今年もアジアの風を観てきました。この作品は一番最初に売り切れたと監督挨拶のときに司会者が言っていたけれど、だったらもっと大きなスクリーンで上映すればいいのに、と台湾映画好きな私は思ってしまいます。 上映前にはギデンズ九把刀監督と主演の2人、コー・チェントン柯震東とミシェル・チェン陳妍希が登壇して舞台挨拶。挨拶の詳しい内容はこちら。上映前にネタばらしになってはいけないからか、映画 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

アントキノイノチ(試写会)

2011-10-29 22:08:56 | 日本映画(あ~な行)
遺品整理の仕事で出会った永島(岡田将生)とゆき(榮倉奈々)は、お互い心に傷を抱えていた。遺品整理の現場で片付けの作業をするうちに、徐々に親しくなっていく2人。ゆきは暴行された過去を話し、永島に関係を求めるが、永島は遠慮してしまう。それはきっと遺品整理の仕事についた経験の差で、自分の心の傷の癒され具合に差があったからだろう。 ゆきがふいに姿を消した後も遺品整理の仕事を続けて、徐々に自分の心のわだ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

アクシデント 意外

2011-10-28 23:34:37 | 香港映画(あ~な行)
ジョニー・トー杜[王其]峰製作、ソイ・チェン鄭保瑞監督のサスペンス・スリラー。 ルイス・クー古天楽率いる暗殺グループは、事故に見せかけて標的を仕留めることを専門にしている。ある依頼主から自分の老いた父親を殺害する依頼を受けた。古天楽たちは綿密な計画を立てて、雨の日にトロリーバスの架線を使って感電死を画策する。何度か雨が降らずに計画の中止を繰り返したが、ついに決行のときがきた。 無事に標的は仕 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (10)

TEDDY-PARTY.net 4th Anniversary 恵比寿天窓.switch編 3days 初日

2011-10-25 20:16:00 | ライヴ
5組のイベントライヴ、お目当ては松崎ナオといいくぼさおり。 1人目はきしのりこ。白いワンピースで登場してピアノ弾き語りです。昔はピアノを弾いていなかったらしく、お店の人に「ピアノ弾くの?」とびっくりされたと話していました。デビュー当初はよくここで歌っていたそうです。伸びやかな声でした。 2組目はTahnyaという、Vo&鉄琴のナヲとギターのヒラタさんのコンビ。不思議系のオーラに満ち満ちていたけ . . . 本文を読む
コメント

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(試写会) CAPTAIN AMERICA:THE FIRST AVENGER

2011-10-23 15:32:04 | その他の映画(あ~な行)
アメコミの世界を実写化したらこうなりました、みたいな何ともアメリカらしい映画でした。 第二次世界大戦下、ナチスドイツから逃れてアメリカにきたアースキン博士は、研究の成果として小柄で痩せぎすのスティーブ(クリス・エヴァンス)をムキムキの超人に変身させることに成功する。しかし、研究所にドイツのスパイが紛れ込んでいて博士は暗殺されてしまう。超人的な能力を発揮してスパイを追い詰めたスティーブは、その活 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳 精武風雲・陳真

2011-10-19 22:32:27 | 香港映画(は~わ行)
ブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳』をドニー・イェン甄子丹主演、アンドユー・ラウ劉偉強監督でリメイク!伝説のヒーローチェン・ジェン陳真が甦る! 第一次世界大戦、フランスに人夫として送られた陳真たちは、生きて中国に帰ろうとドイツ兵に向かって反撃するが、仲間の一人が犠牲となる。戦争が終わり中国に帰国した陳真は、フランスで犠牲になった仲間の名前で生活していた。当時の中国は日本を筆頭に列強各国に牛耳 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

カウボーイ&エイリアン(試写会) COWBOYS & ALIENS

2011-10-15 22:03:14 | その他の映画(あ~な行)
エイリアンが攻めてきて人類が迎え撃つ、というよくある話ですが、迎え撃つ人間側がカウボーイと盗賊、そしてアメリカ先住民という普通に考えたら宇宙人にかないっこないような面々です。戦闘シーンでも身体能力や武器で圧倒的に宇宙人が勝っていて、人間が最後に勝つのはまあ当然なんですが、よく勝ったなあと。 記憶を失い砂漠の荒野に倒れていたジェイク(ダニエル・クレイグ)は、手首に不思議な機械を着けていた。町で一 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (24)

朱花(はねづ)の月

2011-10-12 23:51:56 | 日本映画(は~わ行)
万葉集の恋の歌から着想を得て。 大和三山(天香具山、畝傍山、耳成山)を望む集落に住む数少ない若者であるてっちゃんとかよこの夫婦、そしてかよこの幼馴染で木彫師をしている拓未、この3人の静かな三角関係が、大和三山の和歌を模して描かれる。 河瀬監督らしい、少し止まってじっと自然を凝視するカメラワークとはっとするような緑の色使いはやっぱり自分好みです。かよこが布を染めるときの紅や、遺跡の排水溝に照り . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

スピーク(試写会) THE SPEAK

2011-10-09 22:05:12 | その他の映画(あ~な行)
廃墟のホテルでドキュメンタリーの撮影を試みるシェリーは、その夜人智を超えた世界を見る。 試写会でもなければ絶対に観ないホラー系ですが、ハンディカメラが回りっぱなしで、そのカメラの視点からの映像が全てなので臨場感ある画面でした。 試写状に「スペシャルゲストによるトークショーあり」とあったので、だれかと思っていたら、何と自称映画評論家の前衆院議員杉村太蔵くんでした。まったくの予想外。普通は試写会 . . . 本文を読む
コメント

スイミースイミーnight

2011-10-05 21:39:49 | ライヴ
タイナカ彩智と熊木杏里の2マンライヴ、熊木杏里は年初の東京国際フォーラム以来で、久しぶりです。 タイナカ彩智は初めてで、熊木杏里がゲストで出たUstreamの番組『Azabu-Lab』で見て「細い人だなあ」というのが第一印象でした。抜けるような高音の声が魅力的です。ギターのソン・ルイをサポートに迎えて、のびのびと歌っている感じ、ピアノとアコギのハーモニーは美しくて聞き惚れてしまいました。 タ . . . 本文を読む
コメント

女と銃と荒野の麺屋(試写会) 三槍拍案驚奇

2011-10-04 21:28:19 | 中国映画(あ~な行)
『サンザシの樹の下で』で真っ直ぐに淡い純愛を描いたチャン・イーモウ張藝謀監督が、コーエン兄弟のデビュー作『ブラッド・シンプル』を舞台を中国に変えてリメイクした作品です。毎度のことながらオリジナルは未見なので、どの程度コーエン兄弟の味わいが残っているのかわかりません。 西域の荒野にある麺屋、そこでペルシャ商人から銃を買った店主の妻だが、この銃がきっかけで危ういながらも保たれていた、麺屋の日常が崩 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

親愛なるきみへ (試写会) DEAR JOHN

2011-10-01 22:21:29 | その他の映画(あ~な行)
王道のうっとりするようなラブストーリー、男は大変だけどね。 2週間の休暇で父親のもとへ帰っていたジョン(チャニング・デイタム)は、大学の休暇で別荘に来ていたサヴァナ(アマンダ・セイフライド)と知り合い、お互い恋に落ちる。 1年後には除隊してサヴァナのもとへ帰ってくると約束して軍へ戻るジョンは、任地を転々としながらもサヴァナとの熱い文通が続いていた。しかし、もうすぐ任期明けというときに、あの事 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (13)