まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊藤サチコ、存分に弾き語るワンマンvol.9〜おめでとうARTRION〜

2016-07-31 23:02:52 | ライヴ
今年初めての伊藤サチコのライヴ、存分に弾き語るワンマンは西荻窪ARTRION3周年おめでとう企画。前日はhuenicaライヴで静岡県三島にいて、今朝東京に来たそう。huenicaであれだけライヴツアーを回っているのもすごいなあ。 会場はいつもながらとてもアットホームな雰囲気で、ライヴ前にサッちゃんが口をもぐもぐさせていると思ったらのど飴を舐めてました。 夏の歌、そして当日はいい天気だったけど最 . . . 本文を読む
コメント

シチズンフォー スノーデンの暴露 CITIZENFOUR

2016-07-30 23:34:03 | ドキュメンタリー(あ~な行)
アメリカ政府が世界中の通信を傍受している、と暴露したスノーデン事件、ニュースになったことくらい知っているけれど、ただ恐いというだけでそれがどういう意味を持っているのか、とは考えていなかった。 アメリカ国家安全保障局NSAのシニアSEだったエドワード・スノーデンが、世界中を盗聴するアメリカの情報収集の証拠を接触相手となった映画監督のローラ・ポイトラスを仲介にしてマスコミにリークし、イギリスガーデ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ヒメアノ~ル(試写会)

2016-07-17 23:00:48 | 日本映画(は~わ行)
漫画『稲中卓球部』で有名な古谷実の漫画原作を映画化。古谷実はほかに園子温が監督した『ヒミズ』も描いていると知って、ちょっとびっくり。 清掃会社でアルバイトをしている岡田(濱田岳)は、会社の先輩安藤(ムロツヨシ)が憧れるアベユカ(佐津川愛美)をストーカーから守る役になる。そのストーカーは、岡田の高校の同級生、森田(森田剛)だった。ユカは好みのタイプである岡田に一目惚れ、岡田とユカは安藤に隠れて付 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (7)

月光

2016-07-15 23:46:23 | 日本映画(あ~な行)
性犯罪被害者のその後の苦悩を描く、観ていて苦しくなった作品。 カオリ(佐藤乃梨)は自室でピアノ教室を開いている。ホールでの演奏会が終わった後、生徒ユウ(石橋宇輪)の父親から「話がある」と言われ、一緒に車に乗った先で襲われてしまう。その忌まわしい体験から、道を歩いていたり近くのベンチに男性が座ったり、車にのってシートベルトを締めたりするだけで、パニック発作が起きてしまう。 そんなカオリの元に、 . . . 本文を読む
コメント

ディストラクション・ベイビーズ

2016-07-10 22:13:55 | 日本映画(あ~な行)
柳楽優弥に菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎といった若手実力派俳優たちが出演しています。柳楽優弥の演技が好評だったので観てきました。 愛媛の小さな造船工場の2階に2人で住んでいる兄(柳楽優弥)と弟、将太(村上虹郎)。しかしある日を境に兄は姿を消した。しばらくすると、松山の繁華街で強そうな相手に喧嘩をふっかける男が出た。数人のヤクザ相手にも一歩も引かない彼に、高校生の裕也(菅田将暉)は興奮し、行動を共 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

若葉のころ 5月一号

2016-07-02 23:16:42 | 台湾映画(は~わ行)
瑞々しい青春映画に秀作が連なる台湾から、またひとつ心を洗われる作品が届きました。 2013年、母(賈静雯アリッサ・チア)と祖母と3人で暮らしている女子高生のバイ(程予希ルゥルゥ・チェン)、親友のウェン(邵雨薇)といつも一緒だが、最近男子生徒のイエ(鄭暐達アンダーソン・チェン)が何かと声をかけてくる。母とバイがいつものように野良猫に餌をあげに行ったとき、母が車に撥ねられて意識不明の重体に。母がや . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)