つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

HDDをSSDに換装

2020年04月12日 | Weblog
私は、「ドキュメント」や「ピクチャ」などのフォルダについてはWindowsが備えている「ファイル履歴」機能で常時バックアップを取っているが、それとは別に月に1度程度はWindowsを含むPC全体のシステムイメージを外付けのハードディスクドライブ(HDD)にバックアップしてきた。
ところが、3月半ばに実施したシステムイメージバックアップの最後に「バックアップに失敗しました」という表示が現れて驚いた。


HDDに何らかのトラブルが生じたことは容易に想像できたので、HDDの診断ソフトとして有名な「CrystalDiskInfo」を思い出してインストールしてみた。(以前使っていたPCにはインストールしていた)
すると診断の結果は「注意」で、その理由は「代替処理済みのセクタ数」が0ではないということらしかった。

使用時間は1万1千時間余りであったが、調べてみるとHDDの平均寿命は約1万時間とのことなので、特に異常とは言えないようである。

色々調べた結果、HDDには不良セクタが生じた場合に備えて予め代替え処理するクラスタが用意されているので、不良が生じてもそれが閾値を超えなければ直ちに大きなトラブルに直結することはないが、不良クラスタが連続して発生する状態は危険なので、その場合はHDDの交換を考えた方が良さそうという結論になった。
とは言ってもHDDの交換はかなりハードルが高いので暫くは様子を見ることにしたのだが、数日ごとにCrystalDisukInfoから警告が発せられ、データを見るとその度に不良クラスタの数が増えていること分かり不安が募るばかりであった。



そこでHDDを交換することは決めたのだが、自分でやるか業者に頼むか迷った結果、安全第一で専門家に依頼することにした。幸い近くにスマホやパソコンの修理などを謳う業者の店舗があるので、そこに依頼することにした。
またこの際、単なるHDDの交換ではなくSolid State Drive(SSD)に換装することにした。
勿論、クラスタ不良が発生する前のシステムイメージも残っているので、そっくり復元することも可能ではあったが、業者と相談の上でこの機会にWindows10をクリーンインストールして、事実上「新しいパソコン」状態にすることにした。

下図は交換後のCrystalDiskInfoのデータである。


下の写真の左は取り出したHDD、右は交換したSSDである。

PCの購入時にはRAW画像や、動画ファイルなどが増えることを想定して3TBのHDDを用意したのだが、その後の現実の使用状況を考慮してSSDは1TBのものにした。

新品同様のパソコンを自分好みに仕上げるにはかなりの時間と労力を要したが、新型コロナウイルスの蔓延で外出の自粛を要請されている昨今においては格好の暇つぶしになったうえ、PCの起動時間をはじめ、全てにおいて軽快になった動作などでSSDの威力を十分実感することもできたので、結果的には良い判断をしたと思っている。
なお、費用は全てで約6万円であった。少し勿体ない気もするが、想定の範囲内には収まった。
コメント (6)

デジタル・コンサートホール無料開放

2020年03月18日 | Weblog
昨日、共産党の小池書記局長がTwitterに以下のような投稿をしているのを見付けた。
「新型コロナ対策でベルリン・フィルハーモニー・ホールは閉鎖されたが、ファンのためにデジタル・コンサートホールを無料開放。画質も音質もよし。(以下略)」
ベルリンフィルのデジタルコンサートホールについては、以前から自宅のインターネット対応TVでも観られることは知っていたが、TVのスピーカーでは音質面で到底満足できないので、敢えて有料で契約する気にはならなかった。
そこでベルリンフィルのHPに行ってみると確かに「3月中に申し込めば1ヶ月間無料」と分かったので、早速アカウント登録して視聴してみた。
ページが全て日本語で用意されているのは素晴らしい!



下はデジタル・コンサートホールの基本情報。
TV、パソコン、タブレット、スマホで視聴できることが分かる。


通常の月額視聴料とチケット代は以下の通り。


アーカイブには膨大な演奏が保存されておりジャンル別に検索できるようになっている。
指揮者にはカラヤンなど歴代の首席指揮者の他、約80名の客演指揮者の名前が載っていた。
日本人としては小澤征爾と佐渡裕の名前が見える。


下の画像は昨年12月に亡くなったマリス・ヤンソンスの指揮風景である。



私はこれを23インチのパソコンモニターとUSB-DACを介した外付けスピーカーで視聴しているのだが、なかなか快適ではある。
ただ、PCオーディオとしては安価な構成の上、年齢的に自分の可聴音域が狭くなっているので、どの程度「良い音」が出ているかは正直のところ分からないのだが、気分的には今のところ自己満足している。
1ヶ月は無料で楽しめるので、コロナウイルス騒ぎであまり外出できない昨今の時間つぶしには都合が良い。
それほどのクラシックフアンでもないので、有料契約することは多分ないだろう。

今日の朝日新聞によれば、日本のオーケストラは公演中止の続出でどこも経営的にますます苦しくなっているとか。
中にはネット配信に活路を見出そうとしている楽団もあるらしいが、ヨーロッパにはべルリンフィルの他にも既に多くのオーケストラがかなり以前からYouTubeなどで無料の映像を配信しているので、余程頑張らないと厳しいのではないかと思う。頑張ってほしいのだが。。。



















コメント (2)

2020年 年頭のご挨拶

2020年01月01日 | Weblog


株の世界では、ねずみ年の格言は “ねずみ繁栄” だとか。
でも12年前の2008年はリーマンショック、更にその12年前1996年は「失われた20年」の序盤だそうですから、当てにはなりません。(それ以前は割と当たっていたようですが)
将来、「あのオリンピックが最後の徒花(あだばな)だった」と言われなければ良いのですが。。。
コメント (2)

ドラレコの写り込み防止

2019年09月18日 | Weblog
遅ればせながら車にドライブレコーダーを取り付けた。
ドラレコを取り付ける目的は、一般的には事故や煽り運転などに遭遇した際に自分に有利な証拠を残すことだと思うが、自分の過失を示す不利な証拠となることもあり得る。そのため、そうならないように運転に慎重になるという効果もあるらしい。

取り付けたドライブレコーダーはCOMTECのZDR-026で、前方/後方2カメラのものである。

パソコンで再生動画を確認してみると、ダッシュボードや両サイドのピラーがフロントガラスに写り込んでしまうのが気になった。
この場合、運転時に偏光サングラスを使用すればほぼ気にならなくなるのだが、ドラレコの再生画像にはバッチリ写ってしまう。
普通のカメラには反射光を防止する目的で偏光フィルターが用意されているので、ドラレコ用にもあるのかと思ったが一部を除いてオプションにも用意されていない。

そこで自作してみることにした。
Amazonで探してみると、子供向けの実験材料として80mm角の「偏光版」(偏光フィルム)2枚セットが528円で売られていることが分かった。

性能的な不安はあったが、早速入手してフィルムを2枚重ねにして角度を変えてみたり、フィルムを通して液晶モニターの画面を見たりしてみるとかなりの性能があるように感じられた。
そこでドラレコのレンズの前にフィルムをテープで仮止めして映像を確認すると、十分とは言い難いが効果はありそうなので、とにかく試作してみることにした。

ドラレコのレンズ部分を見ると僅か1~1.5mmではあるが単純な円筒部分があることが分かったので、この部分に厚紙で作った「フィルムホルダー(紙枠)」を嵌めることにした。本当は円筒の直径と同じ内径の丸穴を開ければ良いのだが丸い穴開けは難しいので4角形の穴にした。(写真左)
同じものを5枚作り、マジックインクで黒く塗り、5枚重ねの一番前と2番目の間に偏光フィルム(写真中)を挟み全部接着したものが試作した偏光フィルター(写真右)である。

これをカメラに取り付けたところが下の写真である。

全くスマートとは言い難いが、実用的にはドラレコのモニター画面を見ながら偏光フィルターを回転させることもできるので、後は効果次第ということになる。(車内外からフィルターは殆ど見えない)

下の写真はフィルターなしとフィルターありの映像を比較したものである。

二つの静止画像を比較してみると、確かに効果はあるのだがやや期待外れでもあった。
ダッシュボードの反射については十分抑えられているが、両サイドのピラーの写り込み防止効果はイマイチという感じである。

今後の検討課題としては
1.今の装着方法では振動などでそのうち脱落することは確実。取り敢えず輪ゴムで固定することは可能だが最後の手段は接着か?
2.天候や太陽光の角度による効果の違いの検証と、最適なフィルターの回転位置の確認
3.フィルターの固定方法が未定なのでやや大きく(40mm角)作ったが、最終的に接着するなら、もう少し小さくするか?
などである。

なお、ネットの記事などを見ると、ピラーの写り込みを無くすにはピラーを黒くすることらしいが、今のところそこまでやるつもりはない。
コメント

相模原北公園のバラ

2019年05月26日 | Weblog
何かのTV番組でバラが満開という放送を見て、ならば北公園もと思って一昨日行ってみた。
或る程度予想はしたが、公園は勿論、近くの施設の駐車場は全て満車。やむなく散歩コースにある“穴場”に路駐した。
バラは毎年のように撮っているが、帰宅して出来映えを見ては毎年進歩の無いことにがっかりする。
腕も磨かず、同じカメラで撮っているのだから、当たり前のことではあるのだが・・・
人工池の周りの花壇には大勢の人がいたが、特別有名な場所でもないので、カメラマンは少ない。

この写真は、Microsoftが無償で提供している「Image Composite Editor」というパノラマ合成ソフトを初めて使用し、3枚の写真を合成したものだが、良くできており繋ぎ目は全く分からない。



花は咲き始めで蕾も多く、まだ傷んだ花が殆ど無いので、写真撮影には絶好であった。






青空にバラが映える。
今回はPLフィルターを取り付けて撮ったので、もう少し空が青く写るかと思ったがそれほどでもなかった。


陽射しが強いため、明るい部分と暗い部分のコントラストは強烈。本当はこんなに大きな差はないのだが、写真ではこうなる。


深紅は暑苦しい色だが、バラには似合う。


一昨日はまだ蕾も多かったが、今日はもっと咲いているだろう。
コメント (2)

北公園の様子

2019年01月24日 | Weblog
粗大ごみ受け入れ施設に粗大ごみを運んだついでに、近くの北公園に寄ってみた。
白梅は満開に近い樹もあったが、紅梅は花の多い樹でも1/4程度で未開花の樹も多い。


蝋梅は綺麗に咲いていた。スマホのカメラも随分良くなったことを実感するが、背景のぼかしはこれが限度か。
最近の2カメラ、3カメラのスマホはもっと綺麗に撮れるらしいが、未経験。


数日前に行ったときも、昨年9月末の台風24号による倒木などのため雑木林は立ち入り禁止になっていたが、ようやく倒木の搬出作業が始まっていた。春が来るまでには雑木林にも入れるようになることを願っている。
コメント

相模原の日食

2019年01月06日 | Weblog
今日は日食。
朝の空は曇っていて日食観察は諦めていたのだが、9時半ころには雲の切れ間から薄日が差すようになった。
ものは試しと、20年近く前、人の視線や紫外線をカットする目的で車の窓ガラスに貼ったフィルムの残りを丸く切り、それを3~4枚重ねてカメラのレンズとフィルターの間に挟んで太陽を撮影してみた。
初めは薄雲を通した日食しか見られなかったが、最も太陽が欠けるという10時過ぎには短時間ながら雲が切れる時間があり、何とか撮影することができた。

このときの撮影条件は以下の通り。
       
EXIFデータの撮影時刻は10時11分となっているが、後で確認したところ、カメラの時計が約3分進んでいたので、実際の撮影時刻は10時8分頃になる。最も太陽が欠ける時刻は東京で10時6分ということなので、ほぼそれに近いと思われる。
なお、太陽が赤く写っているのは、「ダークブラウン」というタイプのフィルムを通して撮影したため。また、画像処理で周囲とのコントラストは強めてある。
コメント

2019年 年頭のご挨拶

2019年01月01日 | Weblog


日本は妙な方向へ猪突猛進しているようで不安です。
コメント (2)

八王子甲州街道の黄葉

2018年11月20日 | Weblog
西八王子駅~高尾駅まで、甲州街道を歩いてイチョウの黄葉を見てきた。

40年近く前にこの近くに住んでいたので、懐かしかった。
昨日の天気予報では今日は快晴の筈であったのに、陽射しや青空に恵まれず本当に残念!

西八王子付近は車が多いが、歩道橋は格好の撮影ポイントになる。


黄葉の程度は樹によってマチマチだが、総じて「見ごろ」と言って良いレベル。


西八と高尾の中間あたりまで来ると車も減って写真を撮りやすくなる。


多摩御陵の入り口にある都立陵南公園の樹々も綺麗に色づいているのだが、光が射さないので写真的には物足りない。何よりも青空でないのは致命的。


高尾駅が近くなってようやく僅かに陽が差したが、遅過ぎた。


今日はこれ以上待ってもダメと諦めて帰宅した。
コメント (2)

台風の爪痕

2018年10月08日 | Weblog
24号台風が相模原に最も影響を与えたのは9月30日の深夜。
あれから1週間以上経つが、近くにはまだ台風が残した爪痕があった。
久しぶりに北公園に行ってみたら、公園の約半分を占める雑木林の一帯は立ち入り禁止となっていた。


近くでは、途中から折れた樹が遊歩道に覆い被さっているのが見えた。


別の入口の直ぐ近くでは、根元から倒れた樹が歩道を塞いでいた。


何れもそれほど太い樹ではないので、遊歩道の修復はさほど難しい作業ではないと思うが、津久井方面では大きな被害もあったらしいので、市としては公園の復旧は優先度が低いということなのだろう。

コメント

長崎・福岡でGoogleマップのタイムラインを試した

2018年06月04日 | Weblog
長年使ってきたGoogleマップに「タイムライン」という機能があることを知ったのは僅か2ヶ月前のこと。
Windows10にも最近のアップデートで同名の機能が追加されたし、LINEなどにもタイムラインがある。
「タイムライン」はネット上のIT用語辞典などには載っているが、手許にある(古い)英和辞書には載っていないので、比較的新しい用語なのであろう。何かを時系列に並べたものを意味するのだと思う。
先週、長崎と福岡へ旅行してきたので、Googleマップのタイムラインを試してみた。
タイムラインを使うには、持ち歩くスマホと自宅のパソコンに数ヶ所の設定をする必要があるが、中々面白い機能だと思った。但し、後述するように個人情報保護の点からは注意が必要であろう。

下の図は、長崎から福岡へ移動した日のタイムラインである。
図の左側にはこの日の移動手段や距離・時間などが表示される。途中で撮った写真をGoogleフォトに保存していれば、撮った場所ごとに写真のサムネイル画像が示されるので、これをクリックすれば写真を見ることができる。


図の右側には移動した経路が地図上に表示される。上の図の地図は長崎から福岡までを示しているが、下の図はこの地図の長崎部分と福岡部分を拡大したものである。

この地図と左側に表示されるタイムラインを見れば、例えばこの日(5月29日)は、8:56にホテルからタクシーで鍋冠山へ向かい、写真を撮った後600m歩いてグラバー園に行ったこと、その後出島和蘭商館跡に立ち寄り、長崎駅から福岡まで移動し、15:37に福岡のホテルに着いたことが分かる。
更に福岡のホテルを16:33に出て那珂川沿いを歩き、櫛田神社に寄ってから繁華街を通って17:30にホテルへ戻ったことが読み取れる。
但し、最初の表示には間違いや表示が不十分な点もあり、編集機能を使ってそれらを修正・追記する必要があったので、まだ完璧なタイムラインとは言えないのは事実である。但し、施設名などの修正は候補名から選択するものが多いので容易であった。

タイムラインの地図のメニューから「元データを表示」という項を選択すると下図のような画面が開く。
   
この図に表示されている赤い丸印は、GPSの位置データがGoogleに送信された地点を表している。そしてこの点をマウスでポイントするとその地点を通過した時刻が表示される(図の左下部参照)。データが送信される地点(時刻)の間隔は一定ではなく、どのように決められるのかは分からない。2,3週間前に近所を散歩してテストした際の間隔は2~4分程度であったが、今回電車で移動中のデータを見ると10分を超える場合もあった。(なお、飛行機内ではGPSを切っているので、当然ながら飛行機で移動中のデータは無い)
赤い丸印の間は直線で結ばれているので、地図に示される移動線は実際に通った道路や線路などとは一致しない。従って移動距離も正確ではなく実際より短くなる筈である。

Googleの説明によれば、タイムラインが他人に公開されることはないということである。しかしながら、データがGoogleに送信され、それが蓄積されることは間違いない。自分のスマホやPCの記録は簡単に消去できるが、Googleに蓄積されたデータを個人が消去できるかどうかについてはまだ確認していない。
タイムランを残さないように設定する(タイムライン機能を解除する)ことは容易にできるので、もしデータが送信されることに不安を覚えるならばタイムラインは使用すべきではないし、不要であれば機能を解除しておくなどの注意は必要であろう。

=================================================
今回の旅行は天候に恵まれたとは言えず、長崎に着いたその日に例年より8日も早く九州北部の梅雨入りが発表されるという間の悪さであった。ただ、傘が必要になった時間は3日間合わせても1時間足らずであったのは幸いと言うべきか。青空の下で綺麗な写真が撮れなかったのは残念ではあるが。。。

眼鏡橋の近くには、カメレオンという名のピンクの大きな花のアジサイが咲いていた。私は初めて見たが長崎では多くの場所で眼にした。


稲佐山公園へ長崎の夜景を見に行ったときも、ケーブルカーを降りたときは雨や霧に見舞われて何も見えなかったのだが、10分後には雲の合間から月も見えてまずまずの写真が撮れた。


福岡では初めに大宰府天満宮へ行ったが、思ったよりこじんまりとした神社であった。ただ、ここも中国人観光客が多く、独特の甲高い大声には閉口した。


<付記>
たった今、これを書き終わったところにGoogleからメールが届いた。内容は、
「あなたの 5 月の思い出
Google マップのタイムラインでは、過去に訪れた場所をチェックできます。この 1 か月を振り返り、最近の旅行や訪問地での思い出をたどりましょう。」
という記載に続いて多くのURLが表示されている。
これをクリックするとそれぞれのタイムラインが立ち上がるらしい。
親切と言えなくもないが、自分の行動を全てGoogleに把握されていることをあらためて思い知らされた気分になった。

コメント (2)

八王子兵衛川沿いの桜

2018年03月28日 | Weblog
毎年この時期になると、横浜線の電車が八王子みなみ野駅付近を通過するときに、少し離れた所に桜並木らしい景色が見える。
Google Mapの航空写真を見ると、横浜線と並行する兵衛川沿いの約2kmの道に街路樹が植えられていることが分る。
そこで、今年は初めて八王子みなみ野で電車を降りて、隣の片倉までこの道を歩いてみた。
植えられている桜は比較的若い樹のように思われたが、見事な桜並木であった。ただ、樹によっては満開一歩手前という感じがした。


大部分は川の片側に植えられているが、所々両岸に植えられ、なかなかの風景であった。
有名な花見スポットではないためか、通る車は少なく、整備された歩道を歩く人もまばらであった。


桜のことはよく知らないが、多分ソメイヨシノであろう。



国道16号と交差する近くに片倉駅があり、更に少し歩くと何度も行ったことのある片倉城跡公園があるので、立ち寄ってみた。
この公園の一部を成すような形で桜が植えられている広場があるのだが、ここの桜は満開で、家族連れやグループが樹の下で寛ぐ姿が見られた。


この広場には艶やかな紅色の桜が咲いていた。色を見れば「緋桜」と言いたいのだが、本当の名前は知らない。

コメント (3)

Excelのトラブルとマイクロソフト コミュニティ

2018年02月08日 | Weblog
パソコンに大小のトラブルが生じたとき、その現象を現す数個のキーワードでネット検索すると適切な解決策が見つかることを何度も経験してる。
多くの検索結果の中には「マイクロソフトコミュニティ」への質問/回答の記事が含まれることが多いのだが、これまで私にとってマイクロソフトコミュニティ関係の記事が問題解決に役立った経験は殆どなかった。


しかし、昨年5,6月ころから、Excelの最初の計算が遅い、数式を含んだファイルの起動時間が長い、セルを選択すると「応答なし」になり回復まで時間がかかる、などのトラブルに悩まされるようになった。それらの遅延時間は何れも10秒~20秒程度であり、しかも起動時や初回の計算だけでそれ以降は普通に使えたので、我慢しながら使っていた。勿論、その間何度も解決策を探してネット検索を繰り返したが、有効な解決策は見付けられなかった。
そこで昨年8月、思い切って初めてマイクロソフトコミュニティに投稿してみた。


翌日マイクロソフトの社員(?)から返信があり、そのアドバイスで一旦は解決したかに思えたが、1~2日後には問題が再発し、結局元通りになってしまった。
昨年末に再度投稿し、問題が未解決であることを訴えたのだが、暫くは何の反応もなく、半ば諦めかけていたところ、突然今年1月下旬から「私のPCにも同じ問題が生じた」という趣旨の投稿が相次ぎ、多くの情報が飛び交うようになった。
それらの情報を総合すると、私を悩ませた現象は全てのExcelに生じるのではなく、Office2016 Home and Business PremiumやOffice365にのみに生じるらしいことが分かった。
そしてついにマイクロソフトの社員から、「マイくロソフトもこの問題を把握しており、2月6日のアップデートで修正予定です」という情報がもたらされた。

時差を考えて昨日7日のWindows Updateに期待したのだが、アップデート後も何も変わらずがっかりした。今朝も同様だったのだが、Office Updateが可能になっていることに気付き、早速実行した。


アップデート完了後にテストしたところ、問題は解消していた。
その後、マイクロソフトが運営している「Sway]のページには、「本現象は2/8のアップデートにて改善されました」という表示がなされていた。


まだ100%安心したわけではないが、今回はコミュニティへの投稿が大いに役立ったことは間違いなく、私のマイクソフトコミュニティに対する見方も大きく変わった。

なお参考までに付記すると、このアップデートの前後のExcelのバージョン(ビルド)は以下の通りである。
  前:バージョン1801(ビルド9001.2138) 
  後:バージョン1801(ビルド9001.2144)


コメント

リニア新幹線関連工事

2018年01月13日 | Weblog
(1年くらい前から?)私の散歩コースでも(リニア)中央新幹線に関連した二つの工事が始まっている。

一つは「神奈川県駅隣接工事のための準備工事」


この場所は国道16号に面しており、以前は「餃子の王将」があった場所である。

この工事は「隣接工事のための準備工事」で、外見的には大工事には見えないが、駅やその先のトンネル掘進工事のための立坑工事ということなので、まさに橋本地区の工事の「入口」ということなのであろう。但し、3月に終わるのは「土留め工事」というから、準備工事のそのまた準備ということか。

もう一つは「相原高校新築工事」

相原高校はJR橋本駅南口の真正面にあるため、この高校に無縁の地域住民にとっては駅南側のインフラ整備を願う上での障害になっていた。
新幹線駅がこの場所にできることになったため、2kmほど離れた旧・職業能力開発大学校跡地に移転することになり、半年ほど前から工事が始まっている。
相原高校は、畜産科学・食品科学・環境緑地・総合ビジネスの4学科からなり、歴史も特色もある高校だと聞く。完成予想図を見ると「牛舎」や「豚舎」などが見える。恐らくは何かと制約があった駅前を離れることによって、更なる発展が期待されるのではないだろうか。


まだ建物工事は始まったばかりのようにも見えるが、移転は来年春だそうである。

この写真には写っていないが、建物工事現場の前には広大な敷地が確保されており、そちらの整備も進んでいた。

------------------------------------------------------
旧・職業能力開発大学校跡地の残り半分には、現在橋本駅近くにある協同病院が移転するらしいのだが、こちらの工事はまだ始まっていない。
相原高校と協同病院が移転したら、駅からのアクセス道路の整備が重要なのだが、果たして間に合うのか心配している。
因みに、今予想されるアクセス道路は我が家のすぐ近くを通っている。便利になるか、環境悪化に悩まされるか、大きな関心事である。
コメント

年頭のご挨拶

2018年01月01日 | Weblog

色々な意味で今年が平穏無事であることを祈りつつ、新しい年を迎えました。

木目込み人形による年頭のご挨拶も一回りしてしまいました。
芸のない話ですが、同じ干支人形で2巡目に入ります。

因みに下は12年前の画像です。
           
コメント (2)