つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

Windows8.1をWindows10へアップグレードした

2015年07月30日 | Weblog
昨日からWindows7、8、8.1をWindows 10へ無償でアップグレードするサービスが始まったので、早速1台のパソコン(Windows8.1)で試してみた。


新OSの提供は7月29日開始と鳴り物入りで宣伝されていたが、予想通りソフトの配信は「順次(最大数週間後)」ということなので、実際に自分のパソコンがいつアップグレードできるかは分からない。

一方、Microsoftの公式サイトでは昨日から「上級者向け」という位置付けでWindows10の配信を始めた。
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

アップグレードを予約し「準備OK」の通知が届く前でも自己責任でアップグレードできることが分かったので、メインユースではないパソコンでWindows8.1からWindows10へのアップグレードを試みた。

前記のサイトへアクセスすると下のページが開く。


インストールメディアを作れば、正規版のWindows7、8、8.1がインストールされている他のPCのアップグレードにも使えるが、今回は「このPCを今すぐアップグレードする」を選んだ。


ソフトのダウンロード、その検証、ライセンス条項への同意などを経て、約50分後に「インストールする準備ができました」と表示され、インストールが始まった。


その後数回の再起動を繰り返し、始めてから約3時間で、初めに示したような新しいデスクトップが現れた。
最後の段階で「通常よりも少し時間がかかっていますが間もなく準備が完了します」という表示が現れて少しドキドキしたが、最後まで何も問題は起こらなかった。

話題になったスタートメニューの復活は以下のようなものである。

WindowsマークをクリックするとWindows8、8.1と同じタイルが表示される。スクロールすればすべてのプログラムが現れるが、マウスを使う場合は文字の方が使い易いような気がする。タッチスクリーンの場合は指でスクロールしタイルを選択するので、この大きさが必要なのであろう。

インターネットブラウザは「Microsoft Edge」がデフォルトになった。

但し、Internet Explorer 11も搭載されているので、Microsoft Edgeで何か問題が生じた場合はIntrnet Explorer 11を使うことになるであろう。(Google Chromeなどについては未確認)

現在はWindows10へのアップグレード終わり基本動作の確認が終わった段階なので、これから詳細な検証が必要であるが、取り敢えずホッとした。
メインに使用しているWindows7のパソコンをどうするかはこれからゆっくり検討するつもりである。
コメント (2)

Apple Music

2015年07月04日 | Weblog
今月1日にアップルのiOSが8.4にアップデートされ、同時に音楽のストリーミングサービス「Apple Music」が始まった。1ヶ月980円で3000万曲の音楽が聴き放題になるという。
3ヶ月間は無料だというので早速iPhoneで試してみたが、なかなか面白い。意外に古い曲もありそうなので、高齢者にとっても利用価値はありそうである。

最初の入り口がいかにもアップルらしい。
先ず好みのジャンルを選ぶのだが、円の大きさを変えて関心の度合いを伝え、興味のないジャンルは消してしまう。続いて具体的に示されるアーティストに対しても同様の操作を行って、いくつかの好みのアーティストを登録する。

これらの設定が終わると「For You」画面に変わり、利用者の好みの傾向に基づいてアップルが推奨する多くのアーティストが表示される。アルバムを選択することも、直接楽曲を選択することもできる。

アーティストやアルバムを選択すると楽曲のリストが示される。
このサービスの素晴らしいのは、「オフラインで再生可能にする」を選択すると楽曲やアルバムを自分の端末にダウンロードできることである。従って、WiFi環境の無い場所でもデータ通信回線を使うことなくダウンロードした音楽を聴くことができる。いつもWiFi環境で聴くならダウンロードせずにアルバムや曲をリストに登録するだけで良いので、メモリーを無駄に占用することもない。

聴きたい曲は推奨されるものから選択するだけでなく、検索ウインドウにアーティスト名や曲名をインプットして探すこともできる。
下図は「Trio Los Panchos」をキーワードにして探した結果である。

試みに「1960年代」とインプットして探したところ結構関心のある曲が見つかったので、割に古い曲もストックされている模様。
クラシックはほぼ希望のものが見つかるようである。「Chopin(ショパン)」で検索して見つかったアルバムの中に100曲を収めたものがあったので、早速ダウンロードした。(下/左)
一方、歌謡曲は少ない。「布施明」や「尾崎紀世彦」などはあるが、「石原裕次郎」や「山口百恵」は見つからなかった。著作権者との契約上の問題であろうか。
「テレサ・テン」で探したところ、いくつかのアルバムが見つかった。下/中・右に示すアルバムは全て「日文」と書いてあり日本語で歌っているが、題名は中国語(台湾語?)である。日本語と同じ表記のものもあるが、題名を見ても日本語の題名の見当がつかないものも多い。このアルバムには実に75曲もの歌が収録されており、私が初めて聴く曲も多かった。この中にある「償還」が「つぐない」だと知ったときは可笑しかったが成程と思った。
他のアルバムでは日本の曲も中国語で歌っているようである。

自分が聴いたことのある曲ばかりでなく、アップルが推奨してくる曲が気に入ったら「ハートマーク」をクリックして“気に入った”ことを登録すると、その後はそれらも参考にして更に新しい曲を奨めてくるらしいので、自分の好みの幅も広がっていくことになる。
他にも面白い機能がいろいろありそうである。

取り敢えず無償の3ヶ月間使ってみて、毎月980円の価値があるかどうか判断しようと思う。
コメント