つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

Apple Watch

2015年03月11日 | Weblog
昨日のテレビにアップルウォッチのニュースが流れていたが、腕時計型のウエアラブル端末にそれほど関心があるわけではなかったので、あまり気には留めていなかった。
ところが夕食を済ませて何の気なしに手許のiPhone6を開いてみたら、「Apple Watch」のアイコンが出現していた。それをタップしたら右の画面になった。

この画面では「こんにちは」だが、昨夜は「こんばんは」だった。
勿論アップルウォッチがあるわけではないのでiPhoneとのペアリングはできないが、「コンテンツ」をタップするとプロモーションビデオが現れ、テレビニュースでは分からなかった詳しい情報が得られた(但し外観のみ)。






充電は器具を時計の裏面にマグネットで吸着させて電磁誘導で行う方式と思われるが、今朝の新聞記事によるとバッテリーの持ち時間は最大でも18時間ということなので、毎日充電が必要ということだろう。


最大の関心事は〝何ができるのか”ということだが、アイコンを見る限り、電話、メール、カメラなどを含め、iPhonの機能に近いように思える。ただ、これらがウォッチ単体でできるのか、iPhoneと連携しなければできないのか、肝心な点が分からない。


内部を説明する画面では「スピーカー」という説明があったので、マイクもあって通話ができるのかもしれない。

アップルらしくデザインには徹底的にこだわっているようで、本体は勿論、時計バンドも細部まで美しく仕上げられている(ように見える)。


本体は大別して3つのグレードに分かれ、新聞記事によれば価格は最低42,800円~最高2,180,000円だとか。標準モデルが66,800円からというのは、かなり高いという印象である。

私はこれを欲しいとは思わないが、これがどれくらい売れるかという点には大いに興味がある。先行するソニーやサムスンなどの昨年実績は計512万台らしいが、アップルは強気で既に500万台以上生産しているとか。携帯音楽プレーヤー(ウォークマン)のように、後発のアップルが一気に逆転するのかどうか……。 発売は4月24日。

内部構造が分かる画像はごく僅かしかなかったが、これだけの機能(と言っても詳しいことは分からないのだが)をこの大きさに集積した技術力には、元近い分野にいた技術屋の端くれとしては驚嘆するのみである。
コメント (3)