つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

Windows10のメニュー

2015年08月01日 | Weblog
一昨日Windows8.1から10にアップグレードしたパソコンはほぼ順調に動くことを確認したので、少しずつ細部の確認を行っている。

デスクトップ左下のWindowsロゴマークをクリックするとスタートメニューが現れるが、同時に「エクスプローラー」・「設定」・「電源」・「すべてのアプリ」の文字が現れるので、「すべてのアプリ」を選択すると、スタートメニューの左側に、パソコンにインストールされている全てのアプリが、数字・アルファベットおよび50音順に表示される。



シャットダウン、再起動などは「電源」から行うが、PCの電源ボタンにシャットダウンの機能を割り当てれば、再起動以外にはこれは使わなくて済むので私はそうしている。


「設定」を選択すると各種の設定を行う画面になる。コントロールパネルから探すより便利かもしれない。


デスクトップの右下、通知トレイにある「アクションセンター」(ポイントすると通知の有無が表示される)を選択すると、ここでも前述の設定(すべての設定)を含むその他の設定ボタン(タイル)が現れる。


この中に「タブレットモード」があるので、これを選択するとWindows8.1と同様のタイルスタイルのスタート画面になる。

左下には電源ボタンとすべてのアプリを表示するボタンがある。

このあたりに、パソコンとタブレット・スマホを統合するための工夫が感じられる。
コメント