加瀬工務店のブログ 熱血!建築魂!

千葉・南房総地域(館山市・南房総市・鴨川市・鋸南町)で新築注文住宅を中心に、真面目で丁寧な家造りを目指しています。

屋根施工完了

2015-01-31 | 現場日誌

現場では屋根の仕上材施工が終わりました。
今回もお得意の?金属板葺きです。
今回は今までず~っと採用したかった 縦はぜ葺きです。
縦はぜ?なんのことかわからないですよね。
瓦棒葺きで等間隔で縦に入っている棒状の部材(名前の由来である瓦棒)
の芯材である木材がないもの。
瓦棒葺きがわからない??? 困りました(-_-;)
施工例の 高台の大屋根 を見てください。
瓦棒の防水性の高さはそのままに、縦の入る瓦棒が金属のみで収められる
ため、細身になるのでシャープな収まりになります。
また、瓦棒の芯材が腐る心配もないという利点があります。


色はお施主様の選択で濃いブルー(紺)です。

いつもの板金屋さんが施工していますので、より丁寧な施工です。
「いつものように、丁寧な仕事してくれてるねぇ。」と言うと、
「おめぇのオヤジがうっせったからよ。よそではこんなことしねぇよ。」
と房州弁で笑いながら答えてくれます。
先代が板金屋さんと、様々な経験から「こうやったらいいんじゃないか?」
「こんでいいっぺ?」などと話し合いをして、通常よりもひと手間かけた
細工を施しています。 
お施主さんには見えないんですけどね。隠れてしまうので、プロでも
わからないことでもありますが。
少しでも安く造るために、協力業者の低コストを強く要求する会社などでは、
施工者は削られたコストの中で少しでも手間を稼ごうと、こういうところで
簡素化(手抜きともいいます。)しているさなかに、他社ではやっていない
事なのに、わざわざ見えないところに手間やコストを掛ける。
何やってるんですかね。(T_T)

でも、それが私たちの思うお施主様のためなんですけどね。
ただ無駄に手間をかけているわけじゃなくて、意味があってやっているわけで。

安いものはそれなり。でも高ければいいってものでもない。

少しでもそう感じていただければ報われるのですが・・・


千葉・南房総 (株)加瀬工務店
T.K
http://www.kasekoumuten.com/

コメント

現場パトロール

2015-01-22 | 現場日誌

お久しぶりです。(^O^)
上棟以後、養生をしてなんとか仕事を始められるまでになったのですが、朝起きるとやっぱりなんか体が重い・・・。
重い体にムチを入れ、仕事に出ればなんとかこなしてくるものの、夜はやっぱり体が重い。(>_<)
元気に起きて仕事に出られるようになるまでなんだかんだで10日ほどかかってしまいました。

いつも思うのですが、健康ってありがたいですね。

ブログを見てご心配いただいた方々、ありがとうございました。
無事健康な生活を取り戻しております。m(_ _)m

そんな病み上がりなタイミングで現場パトロールがありました。
現場パトロールはその地域を管轄する土木事務所の建築担当者が、建築が正しく行われているかを確認するもののようです。たぶん。
一緒に管轄市町村の建築担当の方や、建築士の方も同行してきます。
ちなみに前回の現場でもパトロールが来たばかり。
建築業界生活20年弱になりますが、足場の安全パトロールなどは経験したことはあるものの、建築パトロールは初めての経験でした。
あれから約3ヶ月くらい?でまた経験。(-_-;)
こんなこともあるんですね。しかも担当が偶然にも同じ方々。
しかもおひと方は祖父の時代からお付き合いがある方。(^O^)

短期間で再会する偶然に笑いながら「あれ?加瀬さんの現場でしたか。」と。( ◠‿◠ )
お世話になっていますm(_ _)m
ひと通り現場を見て終了。御一行様は(笑)次の現場へ向かっていかれました。



小雨が降る中お疲れ様でした~っ (^0^)/

さすがにしばらくは当たらないかな??? 2度あることは・・・ (-_-;)



ひとつひとつ、ていねいに。

千葉・南房総 (株)加瀬工務店
T.K
http://www.kasekoumuten.com/

コメント

祝!上棟!

2015-01-13 | 現場日誌

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
m(_ _)m

年末年始はあっという間に時間が過ぎ、休みの最終日は消防団の出初式で終了。

出初仕事始めと同時に感じた体調不良・・・グッタリとした身体。
そんな滑り出し最悪な年明け早々ですが、上等の準備作業を行い上棟をいたしました。
年末に上棟する予定でしたので遅れてのスタートになります。

当日は雲一つない スッコーンッ ! と晴れた晴天に恵まれました。
体調不良の私は、薬を飲みぐったりしている体にムチを入れて上等作業へ。
さすがに足元が落ち着かない私は、いつも担当している桁の上を掛矢片手に歩き柱や桁を入れる作業ではなく、下で構造材の玉掛(たまがけと読み、クレーンで吊る材料を準備する仕事)を行いました。
これは建築業界生活十数年ではじめての事です。


おかげさまをもちまして、無事上棟作業を終えることができました。
良い家を建てるため完成まで頑張らさせていただきます。

で、私ですが家に帰り薬が切れるとグッタリ。
布団に篭りガタガタな週末を送りました・・・。
今だに体調不良です・・・。


ひとつひとつ、ていねいに。

千葉・南房総 (株)加瀬工務店
T.K
http://www.kasekoumuten.com/

コメント