加瀬工務店のブログ 熱血!建築魂!

千葉・南房総地域(館山市・南房総市・鴨川市・鋸南町)で新築注文住宅を中心に、真面目で丁寧な家造りを目指しています。

おまちかね!入浴シーン(^_-)

2012-11-26 | 日常

皆さんお待たせいたしました~っ!(え?待ってない???)
加瀬工務店ブログ初のお色気サービスで~す!

20121127ただし・・・
大海原を眺めながら風呂に入る野郎3人の ですけどね。
(^o^)

社会人になってから知り合い、十数年の付き合いになる友人が房総を離れることになったので、送別会をしました。
せっかくなので泊まりでと思いたち、一緒の付き合いがある親友と相談。
部屋食でまったり&貸し切り風呂でのんびり。という条件で探すことになり、すぐに思いついたのが鴨川の 磯の宿 そとぼう でした。
実は高校の同級生がやっている宿で、たまに通るたびに止まっている車が多いのを見て「がんばってるなぁ。」と思っていました。
残念ながら地元なので泊まることは難しいかなと思っていたのですが、まさかこんなかたちで泊まることになるとは・・・(^_^)
同級生も気づいてくれたらしく、フロントに伝えると「やっぱりそうでしたか。お話ししていたんですよ。」と言ってもらえたのが嬉しかったですね。
おかげさまで楽しいひとときを過ごせました。
いろいろありがとう! m(_ _)m

夕暮れ時に大海原を眺めながらの入浴。寒かった・・・(>_<)
夕食は海の幸たくさんで大満足!
酒を飲みながら十数年の思い出を。
最後にはみんなで記念撮影。
寂しいけど楽しかったな。

お互い自分の道でがんばって、これからも良い付き合いができれば良いなと思います。
みんながんばろう! p(^o^)q

P.S
磯の宿 そとぼう ですが昨日を最後にリニューアル工事に入ったそうです。
絶景露天風呂に入りたい方は来年の秋までお預けですのでご注意を。

 

南房総 (株)加瀬工務店
T.K

http://www.kasekoumuten.com/

コメント

床下に潜って・・・

2012-11-25 | 現場日誌

バタバタした日々を過ごしていてブログ書けていませんね。
よく見ていただいている皆様、すみません m(_ _)m
たまには?更新しないと仕事してるのか??? なんて言われちゃいますね。

館山の現場で床下に潜って配管の改修をしていました。
20121124以前、お味噌汁が いや違う、茶色い水が出てしまっていたお宅の配管改修です。
施工前に配管の再確認をすると、地面に面して配管されていた部分の配管は以前よりも少し進んだようで水がにじんでいる状態。
少しさわったらポロポロポロッ・・・
あと少しで配管が(-_-;)
そりゃ茶色い水も出ますよね。(*_*)

新配管は樹脂管なので錆びに関する心配はほぼありません。
配管も室内はすべて床下から配管。
床下の配管作業は床下にシートを貼って潜り込み、床上の人と連携しながら行っていきます。今回も私が配管担当です。(写真2枚目 配管中!)
切り替えの一番の難所と予想していたキッチン裏の配管も何とか完了!(写真3枚目)
外壁に面する配管は壁を大きく壊さないで済む事や、この後のメンテナンス事も考えて外部から直接入れるようにしました。 (写真4枚目)
保温もきちっと行い、固定金具もステンレスで安心です。
見えてしまうのは仕方がないので、いかに綺麗に配管するか考えて配管しました。
どうですか?

生活しながらの配管リフォームは配管によって難易度が変わります。
今回の配管は既存と新規の切り替え時に一気にやらなならないのが大変でした。
朝からはじめて17時過ぎ頃に配管切り替えが終わり、通水テストをしたら見えない部分の既存配管が予想外のやり方で、切った配管が生きていることが発覚・・・
想定はしていましたが当たってしまうと焦ります(^_^;)
配管の処理をして作業が終了したのが21時・・・(*_*)
施主様には説明をしてありましたが、遅くなってしまってご不便をおかけしました。
m(_ _)m

これでお湯は最大限出るようになりましたし、水も茶色になる心配はありません。
お施主様の「遅くまで済みませんねぇ。おかげさまで出が良くなってよかった。」と喜んでくれたのが救いです。(^_^;)

帰りは二人で牛丼屋に寄って晩餐を(笑)

水回りで残るのは古くなった給湯器のみになりました。
これは時期を見て交換をする予定です。



給水給湯配管のリフォームしませんか?

南房総 (株)加瀬工務店
T.K

http://www.kasekoumuten.com/

コメント

木製フェンス設置工事

2012-11-06 | 現場日誌

庭に木製フェンスを設置する工事をしました。
庭の一部を囲って、愛犬の遊び場を確保するためのフェンスです。

20121105_2今回は将来的に撤去することも考えて、基礎は設けずに地面に直接柱を埋める方法です。
太陽や雨風に毎日さらされるので耐久性の良い木で作ります。
今回は柱も板材も杉材の赤身。
木の白い部分は腐りやすいので赤身中心の材を使います。
ホームセンターなどの安いけど腐りやすい木とは違いますよ~っ。(^_^;)
写真1枚目の右側は 黒 などと言われるもので赤身の中でもさらに強いと言われています。
比較的軽い杉材ですが、黒は結構重いです。
地面に直接埋めるのでバーナーで炙って炭化させた上に防虫剤を塗布しました。
高さが1.5m弱あるので深めに掘って設置。
板材などの取り付けも独自の工夫を施しながら設置することで、手間はかかるのですが、少しでも腐りにくいようにしています。

今回は庭を仕切るフェンスなのでドアも設置。
ドアの面材(板材)は少し粗めに貼ることで場所をわかりやすくしてみました。

木製のフェンスはお金がそれなりにかかりますが、端正で綺麗ですね。
庭に植えられた木などと相まって良い感じだと思います。
木製フェンス、いかがですか?

 
ワンちゃんが快適に過ごしてくれると嬉しいのですが。
(^_^)


 
千葉・南房総 (株)加瀬工務店
T.K

http://www.kasekoumuten.com

 

コメント