加瀬工務店のブログ 熱血!建築魂!

千葉・南房総地域(館山市・南房総市・鴨川市・鋸南町)で新築注文住宅を中心に、真面目で丁寧な家造りを目指しています。

リフォーム現場 システムバスルーム設置完了

2007-10-22 | 現場日誌

最近、朝が寒いと感じるようになりましたね。
今日からTシャツと上着のあいだにトレーナーを着始めました。
寒がりなんですが、汗っかきの私は、仕事をし始めると汗をかく
ので、まだ厚着は不要だったのですが、さすがに1枚追加です。 

週末にシステムバスルームの設置が完了しました。

071022









今回の採用商品はタカラスタンダード。
デザインではシンプル系が多いので、特別目を引く点はありま
せんが、フレーム式架台による安定性や、高品位ホーローを
採用した高い清掃性や、すべりにくくゴシゴシこすって洗える磁
器タイルの床、断熱サンドイッチパネル採用による高い断熱性
が特徴です。

実用性の高さなどから、年配の方が良く好まれる製品です。
実用性を重視する方は、ご覧になることをお勧めします。

コメント

リフォーム現場 シスバスのベース生コン打ち

2007-10-17 | 現場日誌

システムバスルームの重量を支えるための基礎になる、
ベースコンクリートの打ち込みが無事終了しました。
打ち込み前に、排水管の移動をしようと配管を掘りだして
みると、思ったよりも配管がゴチャゴチャなことに気づき、
急遽基礎から入った部分から全面変更をしたため、打ち
込み直前までバタバタと排水管をいじっていたので、間に
合わないのではないかと、かなり焦りました。(>_<)
しかも、借りてきた塩ビ管用の接着剤のフタの閉め忘れ
で、傾けた際に接着剤が流出・・・。
窓の高い浴室内でそんなことが起これば・・・
軽度の中毒症状でしょうか、頭がしばらく痛かったです。(*_*)

071017_1





その後は頭痛と闘いながら、配管リフォームです。
床下に潜ってはいずり回ったり、出てきたりを繰り返して、
大半の作業を無事終えました。
錆に悩まされやすい鉄管から、最新の樹脂配管へ。
これで配管の錆などとはお別れできるはずです!
新築後、20~30年くらい経ったお宅で、最近水の勢い
がなくなった、シャワーの勢いがない、などの症状が出て
いる方は、大規模リフォームと一緒に給水給湯配管の
リフォームをお勧めします。

071017_2



コメント

リフォーム現場 浴室解体完了

2007-10-17 | 現場日誌

浴室の改装工事を行っています。
今までの浴室を解体、システムバスルームを設置するための
下地を造って行きます。

昨日解体がほぼ終わりました。
特に木材が腐食された場所などもなく、状態が良好なので躯体側
の補修は不要ですが、ここのお風呂は窓まわりが特殊になってい
るので、サッシの設置が手間がかかりそうです。

給排水配管の切り替えをしてから、コンクリート打ちをしていきます。

071017

コメント

大多喜へ行って来ました。

2007-10-14 | 日常

私事ですが、まもなく3*歳の誕生日を迎えます。
誕生日間近のお休みと言うことで、奥様のご招待で(笑)
御食事に行って来ました。
実は、家はあまり外食をしない家庭なので、外食は外出時
か、何かの節目(誕生日やお祝い事など)がほとんどです。

行ったお店は、大多喜の ろばた焼 童子(わらべ) です。
http://www.waiwai-warabe.jp/

大多喜とは行ってもかなり勝浦寄りの山中なので、家から
だと約1時間ちょっとで着きました。
お店手前の広い道からお店までの道は、狭くて対向車との
交差が不可能なほどです。
そんな細道のある竹林の中を抜けていくと、雀のお宿のよ
うな???純和風の雰囲気を持ったお店があります。

今回食べた炉端焼きのコースは、1人¥4.200-也
牛肉・サザエ・川魚・ホタテ・つくね棒・椎茸・ピーマン
お通し・焼きおにぎり・味噌汁 と言う内容でした。

つくね棒を大根おろし醤油で食べるのが美味しかったです。
これからは、つくね棒はタレではなくこれかも(笑)

半個室タイプの、落ち着いた和の趣のある部屋で、窓の外
の竹林の庭を見ながら約2時間くらいかけて、のんびり会話
をしながら楽しむ食事はとても満足できた時間でした。

071014_1071014_2_2071014_3   









ただし、お部屋が半個室型なので、 ゆったりしたい人には、
お客さんの数次第では、けして静かな空間ではないようなの
でご注意を。

けしてお安くはないですが、雰囲気も良いのでお勧めなお店
だと思います。 記念日などのお食事にいかがですか?

P.S 建築屋的には、お店は全体的に雰囲気良く造られてい
    ますが、テーブルの出幅が少ないために、座りにくい
    堀込み型のテーブルが少し気になりました。

加瀬工務店 T.K

コメント

リフォーム現場 フローリング施工

2007-10-10 | 現場日誌

リフォーム中の現場で床板を貼りました。
貼った材料は、無垢系の長さ方向のみを集成したサクラです。
無垢材に近いため、古くなって剥がれたりしにくいのが特徴です。
床下の点検口を兼ねた床下収納庫も取り付けて、現在壁や
カウンターなどの造作に入っています。

071010

コメント

リフォーム現場 給水配管リフォーム

2007-10-04 | 現場日誌

キッチン&ダイニングのリフォームを行っています。
このお宅は三十数年前に建築された建物なので給水管は
鉄管が使われています。
着工前に、配管をリフォームについてお話はしておいたの
ですが、床を壊したらわずかですが、漏水を発見しました。
ご主人と確認をして、配管リフォームが決定しました。

25~30年経った鉄管は継手などから、錆が出て配管を
腐らせていきます。 

私の家も、築後35年くらいになりますが、配管が錆びて
2階のトイレ用の配管の継ぎ手が錆びて、少し水滴がたれ
落ちて天井を汚してしまう状態でした。
ここ10年くらいは、お湯の勢いは衰え、シャワーも力がな
い状態に。 水もお世辞にも余裕がある状態とは言えませ
んでした。
2年ほど前に床の張り替えをしたときに、すべて新配管に
変更したので、水は出過ぎなくらいの勢いがあり、お湯も
ボイラーの位置が遠いので、大満足とは言えませんが、
以前に比べれば大幅に改善されています。
床をはがさない場所もあったので、すごく大変でした。

「シャワーの勢いが無くなったなぁ。」「お湯を貯めるのに
時間がかかるようになった。」などの症状が出ている家や、
施工後20年を超えた時点での、リフォームなどでは配管
のリフォームも検討項目に入れておくと良いと思います。
床の張り替えなどと一緒に施工すれば、施工費の節約が
出来ますよ。

071003_1





錆びた配管。外すときに折れました・・・。

071003_2









樹脂配管で錆の心配は無くなります。

加瀬工務店 T.K

コメント