2020.6.2 県議会本会議質疑

2020-06-02 07:47:36 | 日記
5/28に行った私の県議会本会議質疑の模様が、県議会ホームページにアップされています。

新型コロナウイルス感染下での
① 学校の再開、休校の全県一斉化の問題点について
② 群馬の雇用を守るためのセーフティーネットをいかにして作っていくのか
③ 高校スポーツ、文化部活動の代替県大会開催の必要性について
④ 山本県政の政策決定、合意のあり方の課題について

質疑の中で言うべきことを言い、執行部から真摯な答弁をいただきました。
新型コロナウイルス下での厳しい経済、社会状況への支援策をさらに求めていきます。
 
(こちらをクリックしていただくと県議会HP 角倉邦良質疑一覧へ行きます。ご覧になりたい質疑を選んで右の再生ボタンを押してください)

2020.6.1 民主主義を!

2020-06-01 12:50:53 | 日記
北東アジアの民主主義の政治リーダーの韓国大統領と台湾総統の二人。自伝を読みつつ二人の民主主義への思いと人生の中で如何に民主主義が血肉化されたかがわかる。コロナウイルス感染の世界は民主主義こそが命を守る最大の力となることをコロナウイルス感染拡大を抑えこんだ韓国、台湾のリーダーが立証したのではないか。

コロナウイルス後の世界も民主主義の成長と進化が、その行く末を決める。貧富の格差是正、グローバル化の抑制、再生エネルギー拡大分散、食料自給拡大、気候変動を止める。

民主主義を、そのためには民主主義を多様多種に実践を積み重ねていくしかない。昨日は立憲民主党群馬県連合定期大会、自治体議員立憲ネットワーク代表世話人オンライン会議、選挙戦略会議、やるしかない6月が始まる。

2020.5.31 多比良神社

2020-05-31 22:48:57 | 日記
地域探訪。地元吉井町の多比良(たいら)地区を歩く。古代からの繋がりは多比良と神保地区が二大地域です。この二つの地域を歩くと温故知新という言葉が思い浮かびます。多比良神社の構えも個性的な出で立ちで歴史を感じます。多比良台地に、如何に浸透していくのか青空を仰ぎ見ながら実践中です。

2020.5.30 夏を待つ高崎城南球場

2020-05-30 19:46:29 | 日記
高崎城南球場が夏を待っている。夏の甲子園大会と予選が中止になりましたが高崎城南球場では球場管理者の皆さんがグランド、芝生、スタンドをしっかり整備し続けてくれています。

城南球場の外野の芝生は、これまで球場使用頻度が高く養生が大変でした。外野の芝生の状況が悪くイレギュラーバウンドで公式戦でサヨナラ逆転負けを喫した高校球児が涙することもありました。しかしコロナウイルス感染拡大で球場利用が停止され芝生の養生がされて城南球場は最高のコンディションだと管理者の方々が話してくれました。

私にとっても城南球場は思い出の球場です。高校3年の最後の夏の大会初戦が城南球場で伊勢崎工業と対戦した我が富岡高校は8回にまさかの逆転負け、涙もでない敗戦でした。秋は3位で関東大会、春はベスト4で、夏に城南球場で終わりを迎えるとは思ってもいませんでした。試合後、自宅に帰って1人涙したのは先輩達が作ってきた12大会連続ベスト8以上の記録を断ち切ってしまったことに責任を感じました。

夏を待つ城南球場。高校球児を待つ城南球場。何とか代替県大会を開催して最後の夏の3年生に闘いの舞台を与えるために頑張ります。

2020.5.29 群馬県高校部活動の代替県大会検討

2020-05-29 12:08:38 | 日記
コロナウイルス感染拡大で高校部活動の全国大会中止となっています。高校野球を始めとしてスポーツ、文化部活動に参加する生徒、選手に衝撃を与えています。

昨日の群馬県議会本会議質疑で代替県大会の必要性を私から訴えさせてもらいました。山本一太群馬県知事からは「何らかの活躍する機会を与えられないか知恵を絞っていきたい。代替大会については教育委員会や関係大会で意見交換しているが実施のタイミングややり方を工夫して実現を考えてもらいたい」という代替大会検討という前向きな答弁をいただきました。

コロナウイルス感染予防の徹底しつつ何とか代替大会を開催されるように力を尽くしていきます。