鉄道模型とテルマエの部屋

懐かしい電車と模型と銭湯と

秋保電車の3Dプリントキットを組む その1

2020-01-16 22:01:00 | 工作記録 津田沼第二工場



初めて3Dプリントのキットを組んでいるのですが、勝手が違って難しいですね。
がんちゃんずが3年くらい前にJNMAで頒布していたもの。車体は箱状になっていて、別成形の前面と屋上のランボードを接着すればよいという、手間いらずのキットなので楽勝だと思いきや。
3Dプリントのキットにある筋や窓まわりやドアにある粉状のものを取り除くのにエラく時間がかかりました。いわゆるプラキットで作業をする時よりやや粗めの#320が使い易かったです。



ヘッドライトはモールドを削って、真鍮パイプに置き換えました。同様にテールランプも0.8ミリの穴を開口しておきます。
コメント