緑のカーテンのある暮らし

楽しくて、快適で、おいしくて、地球にも優しい緑のカーテン。我が家と学校の緑のカーテンの生長をお知らせします。

今年も緑のカーテン③摘心

2020-05-19 17:29:27 | 緑のカーテン作り方のポイント

ゴーヤーの苗を植えてから2週間。
親づるがどんどん伸びて、ベランダの手すりの高さに届きました。
ここで忘れてはならないのが摘心です。
緑のカーテンが成功するか、残念なことになるか、運命の分かれ道。
それぐらい大切な作業です。

やり方は簡単。
最初に伸びてきた親づるの先端を、

 

「ごめんね」とプチッ。手で摘み取ります。

摘心によって、ゴーヤーは、

「おっ!子づる、孫づるをいっぱい出せってことだね!合点承知!」

と張り切り、伸びてきたつるの途中から、どんどこ新しいつるが出てくるのです。

そうするとね、葉っぱがいっぱい茂って見事な緑のカーテンになり、

孫づるにたくさん実がつくのです。

下の写真は、2011年7月14日に撮影した音楽室の緑のカーテン。

この数日後に「はなまるマーケット」の取材がありましたが、

「都内のどこを探しても、ここほど実がたくさんなっているゴーヤーはありません!」

と懇願され、番組内でお料理するためのゴーヤーを十数本提供しました。

とても簡単だけれど、するとしないとで緑のカーテンの成功に大きく影響する摘心。

みなさま、お忘れなく。

 

 

 

コメント (3)

高島第五小学校で苗を植えました

2020-05-19 17:22:12 | 学校

5月12日、高島第五小学校で緑のカーテンの苗の植え付けを行いました。

教職員も分散での出勤のため、この日は私を含め5名での作業。

子どもたちがいればあっという間の植え付けも、少人数だとなかなか時間がかかります。

 

苗に言葉をかけながら植えた後は、しっかり水やり。

 

いつもなら、ネットの向こうに見える校庭では、

たくさんの子どもたちが駆け回っていますが、今はだれもいません。

ゴーヤーとヘチマとキュウリ。
子どもたちが学校に戻ってくる日を楽しみに、どんどん成長してね。

コメント

高島第五小学校でネット張り

2020-05-09 11:38:23 | 学校

5月7日、高島第五小学校で緑のカーテンのネットを張りました。
花壇から4階ベランダの天井まで届く緑のカーテン。
ネットをしっかり張ることがとても重要です。

 

まずは、ネットの下の部分に金属の棒を通していきます。
葉が茂って風を受けるとかなりの負荷がかかるので、十分な強度の棒を使っています。

ネットのはじっこを、屋外用結束バンドで棒にしっかり固定。

さらにネットを通した棒を、花壇の金具にしっかり固定。

プランターの穴にもしっかり固定。

下の部分の固定が終わったら、4階から降ろしたロープのカラビナをつけて、

4階まで引き上げて、丈夫なロープで固定。これがなかなか大変な作業です。

重要任務を終えた4階ベランダ班。

そして、地上班。

ネット張りの後、先に届いてしまったキュウリの苗をプランターに植え付けました。

花壇から4階ベランダまでピンと張られた2枚の大きなネット。

もちろん、このネットは特注です。

緑のカーテンに役立つ素晴らしい自動灌水プランターを開発した、

株式会社マップさんに作っていただきました。

緑のカーテン作りでは、ネットをしっかり張ることも成功のための重要なポイントです。

高島第五小学校の緑のカーテン大作戦、これで準備完了。

12日に教職員で苗の植え付けを行い、子どもたちが学校に戻ってくる日まで、

お世話を続けます。

コメント

今年も緑のカーテン②苗の植え付け

2020-05-04 11:46:05 | 緑のカーテン作り方のポイント

さあ、いよいよ苗の植え付けです。

栄養状態のよい土で育った苗には、双葉がしっかりついています。
購入する際には、元気な双葉がついているものを選びます。

まずは、植える場所に苗のポットを置いてみます。

大きなプランターでも、苗は2つまで。

数を増やしてしまうと、プランターの中の限られた栄養と水を分け合うことになるので、

それぞれの苗があまり大きくなりません。

私が試してみた経験からは、1株よりも2株の方がよく育ちました。

ライバルがいるほうが、生きようとする力が湧いてくるのではないかと考えています。

それに1株だけだと、万が一それが枯れてしまったり成長がいまいちだった時、

緑のカーテンとしては残念なことになります。

保険の意味でも、2株をお勧めします。

プランターが小さい場合は1株で。

ポッとの大きさの印をおおまかに土につけます。

その印より少し大きめに穴を掘り、ポットを置いて大きさがそれでよいか確かめます。

ここからが大切。

ポットの中の土の状態を確認します。

乾いていると、ポットから苗を出す時に土がバラバラと崩れてしまいます。

土が崩れて落ちてしまうと、その苗を植えても、ほとんどうまく育ちません。

土が乾いていたら少し水やりをして、土を固めてまとめるつもりで優しく押さえます。

苗はポットから引っ張り出すのでなく、

まずは根元の部分を人差し指と中指ではさみます。

もう一方の手でポットの底をしっかり支え、そのままひっくり返して、

ポッとの底の穴を優しく押して、またはポットの側面を優しくもにょもにょして、

苗を取り出したら、

両手でしっかり支えながら、そ~っとひっくり返して、

優しく穴の中に下ろします。

この時、つるがネットにつかまりやすい向きを見極めてあげます。

苗と穴の隙間を埋めていきます。

表面だけ土をかぶせて、中に隙間が残ると、そこがダンゴムシのすみかになる可能性が!

ダンゴハウスを提供しないよう、土の中の隙間もていねいに埋めていきます。

最後に、根本全体を優しく押さえて植え付け完了。

ゴーヤ先生と苗を植え付ける子どもたちは「大きくなあれ」と言いながら、

私が教えていた小学校の子どもたちは、

「大きくなってね」「がんばれよ!」「君ならできる!」などと言いながら、

土を押さえていました。その姿がとてもすてきなんだなあ。

仕上げに巻きひげをネットにつかまらせてあげます。

最初はまっすぐな巻きひげは、つかまるところを見つけると、

短時間でくるくると巻き付きます。

ネットに届きやすいように、プランターの中央より少しネット寄りに植えてあげました。

植えたばかりの苗は、自分で水を吸う力が弱いので、水やりも忘れずに。

さあこれで、緑のカーテンの準備完了。

小さな苗の成長を楽しむ日々の始まりです。

写真の手前と奥は、ブドウのカーテン。

ゴーヤーより早めに葉を茂らせ始めています。

緑のカーテンは、最初が肝心。

緑に覆われた窓辺と、葉の隙間からの木漏れ日のような光、

そしてさわやかな風を思い浮かべながら、

土づくりと苗の植え付けを楽しんでくださいね。

 

 

コメント

今年も緑のカーテン①土が命

2020-05-03 17:17:45 | 緑のカーテン作り方のポイント

今年も緑のカーテンの季節がやってきました。

毎年お伝えしているのですが、緑のカーテンは「土が命」です。

土づくりをしっかりするか、しないか、土の量はたっぷりか、少ないか。

それでもう、植物の成長は決まってしまうといっても過言ではありません。

 

今年の我が家の土づくりはこちらを使って。

培養土と腐葉土。私は大体2:1の割合で混ぜています。

プランターはこちら

幅60cm、奥行き34cm、高さ36cmで容量は32ℓ。

底面に水を7リットルためることができるので、夏場の水切れ対策にも。

まずは、培養土を入れて、

腐葉土を加えたら、混ぜて、

また培養土と腐葉土を入れて混ぜて、

今回はうっかりして、最後に混ぜ合わせてしまいましたが、

途中で有機石灰も加えます。

全体にまんべんなく石灰がいきわたるように加えて混ぜます。

さらに培養土と腐葉土を入れて混ぜて、

プランターの縁から指の関節2つ分ぐらいの高さまで土づくり。

最後に水をあげて、土づくりの作業はおしまい。

今日は風が強いので、苗の植え付けは明日にします。

混ぜ方のポイント(昨年の画像ですが)。

土の両サイドに「ズボッ!」と手を入れて、

「ゴゴゴゴッ!」と持ち上げます。

イメージとしては、ショベルカーのような感じかな。

今日は、動画を撮りながら「ズボッ!」「ゴゴゴゴッ!」をしたら、

不自然な態勢だったので、プランターの両サイドに手をこすりつけてしまい、

このような姿に。

少し内側にまっすぐ手を差し入れるようにすることが大切です。

後からでは、やり直しのきかない土づくり。

できるだけ大きなプランターに、たっぷりよい土を作ってくださいね。

地植えの場合は、花壇なら腐葉土や肥料、有機石灰を入れて、

もともとは花壇ではない場所に植え付ける場合は、

地面をプランターにするつもりで掘り返し、

培養土、腐葉土、肥料、有機石灰を使ってしっかり土づくりしましょう。

 

 

 

コメント

緑のカーテンを楽しもう②苗の植え付け

2019-05-11 16:27:39 | 緑のカーテン作り方のポイント

ゴールデンウィークが終わり、気温も高くなり、いよいよ苗の植え付けシーズンです。

5月8日は「ゴーヤーの日」。

我が家でもゴーヤーの苗を植えました。

ここでも大切な、はずしてはならないポイントが!

それは「大きなプランターでも、苗は2株まで」です!

「たくさん茂ってほしいから」といっぱい植えると、

プランターの土の中の限られた栄養と水を分けっこすることになり、

それぞれの株があまり大きく成長しません。

でも、以前音楽室で、同じ条件のもとで、プランターに1株と2株で試したところ、

2株のほうが、よりしっかりたくましく育ちました。

植物も、ライバルがいるのが刺激になるのでは、と考えています。

万が一、片方の苗に何かあっても、もう1本残っているのも安心。

 

まずは、土に苗の入っているポットと同じぐらいの大きさの穴をあけ、

 

ポットの土を崩さないように気を付けて取り出し、その穴に苗をそっとおろします。

穴と苗の根元の土との間のこの隙間、しっかり埋めてあげてください。

表面はふさがっていても、土の中で隙間が空いたままだと、

ここが「ダンゴムシハウス」になることが!

 

こんな場所に、ダンゴムシの住まいを提供したくはないので、優しく、でもしっかり埋めます。

 

これで準備完了。

今年は「さつま大長」と「ほろにがくん」の2種類を植えました。

温かい日差しを浴びて、幸せそうなゴーヤーくん。

しっかり応援していくからね。

コメント

緑のカーテンを楽しもう①土づくり

2019-04-28 13:56:25 | 緑のカーテン作り方のポイント

ゴールデンウィークに突入。

緑のカーテンの準備の時期がやってまいりました。

緑のカーテンが大成功か否かがかかっているのが「土づくり」!

ここでポイントをはずすと、もう、しっかり茂った緑のカーテンは無理と言っても過言ではありません。

でも、決して難しくはないんです。

 

できるだけ大きなプランターに、培養土と腐葉土を入れて混ぜる。

プランターの外に土をこぼしたくないので、私はまずはプランターの3分の1程度入れて混ぜます。

 

よく混ざったら、また培養土と腐葉土を入れて混ぜる。

これを繰り返します。

 

 学校などにお手伝いに行ったときは、この混ぜ方をお勧めしています。

手のひらを、プランターの縁に沿って、ズボッと差し込み、

土の中で指先を曲げて、ゴゴゴゴッと持ち上げる。

ゴゴゴゴッ!

これを繰り返します。

 

培養土、腐葉土に、石灰も加えました。

 

プランターの上端から指の関節2つ分の高さまで、しっかり土を入れます。

土のない部分は「ウォータースペース」。

水やりしたとき、水と一緒に土が外にあふれ出るのを防ぎます。

 

緑のカーテンは「土が命!」。

土の質と量で運命が決まります。

よい土をたっぷり用意してくださいね。

 

コメント

緑のカーテン大成功のために「摘心」しましたか?

2018-06-12 12:02:14 | 緑のカーテン作り方のポイント

よいタイミングで投稿しないうちに、6月も半ばになってしまいました。

みなさま、緑のカーテンは元気に順調に育っているでしょうか?

今更ではありますが、作り方のポイントについてはこちらをご覧ください。

 

そして、今の時期、ぜひ行っていただきたいことを重ねてお知らせします。

それは「摘心」!

最初に伸びてきた「親づる」の先端を、プチっと摘むのです。

そうすることで、植物は「子づる、孫づる出しま~す!」と張り切り、

親づるの途中からどんどん新しいつるが出てきて、

立派に茂った緑のカーテンになるだけでなく、

たくさんの実が「孫づる」につくのです。

 

この先端を、

 

プチっとね。

 なんとなく、かわいそうな気がして躊躇しがちですが、

植物はへっちゃらです。

この「摘心」を行わないと、親づるがひたすら上へ上へと伸びて、

ネットの上のほうでもじゃもじゃとするだけで、

心地よい日陰をもたらしてくれる「緑のカーテン」にはなりません。

今なら間に合うこの作業、ぜひぜひプチっとなさってくださいませ。

 

コメント

緑のカーテン大作戦・ヘチマの苗を植えました

2017-05-21 18:16:50 | 学校

土作り、ネット張りで準備完了した緑のカーテン大作戦。

5月15日に、苗の植え付けを行いました。

プランターには、ヘチマメインですが、やはり食べる楽しみも味わってほしいので、キュウリも少し植えました。

花壇には、ひたすらヘチマ。

 

ポットの置いてある場所を指でなぞって場所を確認し、土に丁度よい大きさの穴をあけます。

人差し指と中指で、苗の根元を優しくはさんで、ポットをそっとひっくり返し、

ポットをモニョモニョすると、苗が土ごとスポンと抜けます。

 

根元の土を崩さないように、慎重に、慎重に、苗を先ほどの穴におろし、穴と苗の根元に隙間ができないように、

埋め戻していきます。

土の中にすき間があると、そこが「ダンゴハウス」に!

ダンゴムシは、コロンとかわいいふりをして、実はヘチマの葉っぱをバリバリ食べる悪さをすることがあります。

だから、すき間がないように、確かめて、確かめて。

 

苗の植え付けを終えて、今後のお世話ついて話すために集合。

「あら、コンクリートに土がこぼれてる」と私が言うと、すぐさま数名飛んできて、土をかき集めてプランターへ。

わずかな土の中のたくさんの微生物くんを救出しました。えらいぞ。

 

水遣りのこと、蔓の誘引のこと、観察のことなど、子どもたちは真剣に聞いてくれました。

そのことが、この写真の子どもたちの姿勢からも見て取れて、うれしかったなあ。

 

数名が教室に上がり、他の子どもたちは下から見上げ、

「しっかり大きくなってね~!」とみんなでパワーを送りました。

 

この日は、NHKの「ひるまえほっと」の取材が入りました。

教室に戻る子どもたちに、インタビュー。

カメラマンさんが「そう言わせたわけじゃないのに、『こんなこと、言ってくれたらいいなあ』ということを言ってくれて、

びっくりしました!」とほめてくださいました。

 

ふと気付くと、インタビューが行われている傍らで、黙々と作業する子どもたちが。

「ダンゴハウス」予定地がないかどうか、一株ずつ根元を確かめ、すき間があると埋めてくれているのです。

この子たちも、

この子も。

「もう一度、確認してね」と指示したわけでもないのに、自分で考えて、行動する子どもたち。

こんな姿に触れるたび、「ああ、子どもってすてきだな。」「がんばってよかったな」と心から思います。

 

苗の植え付けを終えた、花壇。

今は、校庭が見えるこの場所も、夏には美しい緑に包まれます。

 

そう、今はネットだけですが、夏には・・・

こんなすてきな緑のカーテンが出来上がり、子どもたちもまた、緑と一緒に成長していくのです。

精一杯応援するからね。

がんばれ、高島第五小6年生の子どもたち。

 

この日の様子は、5月23日(火)の「ひるまえほっと」で放送される予定です。

 

コメント (2)

今年もしっかりネット張り

2017-05-21 17:51:41 | 学校

高島第五小学校緑のカーテンの苗の植え付けに先立ち、5月12日の夕方に、教職員でネット張りを行いました。

 

箱に入れて倉庫に保管していたネットを校庭に運び、

まずは、左右のネットの位置を確かめ、

花壇の上に広げます。

ネットをしっかり固定するための支柱も置いておきます。

 

4階ベランダからおろしたロープの先端に付けられたカラビナを、ネット上部の両端に取り付けたら、

ロープを引き上げて、ネットを持ち上げていきます。

 

程よい高さまで上がったら、4階ベランダ班はネットをいったん固定。

地上班は、ネット下部に、支柱を通していきます。

 

長い支柱を通していくので、支える人も含め、三人がかり。

 

こんなふうに支柱をネットに通します。

 

まずは、支柱の両端でネットをしっかり留める。

 

次に、花壇の金具と支柱を結束バンドとロープで、

プランターの穴と支柱をロープで、しっかり結びつけて固定します。

 

葉が茂り、実がなるとネットはかなりの重さになるうえ、風にあおられるので、

万が一にも外れることの無いよう、がっちり固定。

先生たちは真剣そのものです。

 

地上班の固定が終わると、ベランダ班の教職員があらためてネットをひっぱり、こちらもしっかり固定していきます。

 

ベランダ班も、真剣そのもので作業。

 

花壇、プランターから4階ベランダまで、ビシッとネットが張られました。

このネットの校舎側にヘチマの苗を植えつけると、緑のカーテン大作戦がいよいよ始まります。

 

今はネットだけのこの風景。

夏には、美しい緑と青空のコントラストも見事な姿に変貌します。

楽しみだなあ。

忙しい中、がんばった教職員の方々、お疲れさまでした♪

コメント