なーんもさ

北海道の小さな町からの発信。
ビーズ手芸や編み物をするのが大好きです。


大玉ビーズで作るネックレス

2018年09月12日 | ビーズ作品

天然石に似せて作った大玉ビーズを入れてネックレスを2点作りました。

 

私は、美しい色合いのネックレスが好きです。

イタリアのフィレンツェのmicro社が作る大ぶりの

パーツは色といい、形の大胆さといい、ステキですね。

 

こんな素敵なネックレスに合うドレスなんて持ってないしね。

でもこのネックレスを身につけて秋晴れの下、闊歩したいですね。

 


クロネコヤマトさん、宅配の荷物どうしたの?

2018年09月10日 | ひとりごと

クロネコヤマトに宅配の荷物を出しました。

9月3日、冷凍食品を依頼。

9月5日に東京に到着予定。

滝川の東センターでは

「5日に台風が来るので、翌日配達になるかもしれません。」と。

 

5日の台風は午前3時頃から。

6日の胆振東部地震も午前3時8分。

 

7日に宅配の番号を検索しても「発送」の文字だけ。

お客様センターに電話したら、

「北海道は全く機能が停止してます。調べられません。」と。

 

9月8日 TVの地震の情報を流すテロップに

宅配情報「クロネコヤマトは8日から、宅配 配達開始。」と。

東京の受け取り人に逐一情報をラインで伝える。

 

今日、9月10日クロネコヤマト滝川東センターから電話が。

荷物の形や入ってる品物を詳しく聞かれた。

そして、「伝票がはがれて、荷物が迷子になってるかも。」と。

伝票は係が付けたので、もしはがれたのなら、お店の責任です。

 

そして、15分後滝川東センターから、電話が

「○○と△△がはいっていますか?」

「はい。」「それはうちの荷物です。」と。

「東京にありました。」

と言うことは、伝票は付いていたのでしょうか?

「冷凍物は大丈夫ですか?」

「はい、冷凍は大丈夫です。」と。

 

荷物はちゃんと配達日の5日に東京に着いてたんじゃないですか?

だって、3~4日は何も事件が起きていなかったのですから。

きっと、配達日の5日にトラックに積み忘れでしょう

 

たまたま、お客様センターに荷物を確かめた日が、地震で北海道全体が停電だったので、

連絡がつかなかったのでしょう。

まさか、東京に届いていたとは・・・東京を調べて見なかったのですね。

システムを全国ネットにしていたのが、大きな落とし穴でしたね。

 

5日~10日まで、何回ネットで調べ、その都度受け取り手に連絡し、

心配したことか。

しかもしかも、今日中には届かないって。

ちょっと、いい加減にしてよね、

クロネコヤマトさん、怒ってるよ私

あーあ、とんでもなく心配した1週間でした。

 

PS. もっと、とんでもないことに!

今日(9月11日)

滝川東センターから電話が

「東京の品物は冷蔵庫に入ってました。」と。

冷凍の品を1週間も冷蔵庫に入れてたら、もうだめでしょう?」

あきれてしまいました。


PS.のPS.

今朝(9月11日)滝川のクロネコヤマトから電話あり。

中に入っていた食品の費用はどれぐらいかかったかとの質問。

その前に家計簿を見て、食品購入のレシートをコピーして

請求する金額を合計していたので、その金額を知らせました。


午後4時過ぎに、宅配の人が来て

食品の費用と送料の合計を払ってくれました。

領収書この件の念書署名と捺印をして渡しました。

これで、一件落着です。

こちらも、食品のレシートがあったので、正当な金額を

請求したし、ヤマトもきちんと請求分を払ってくれたので

一件落着でした。


 


胆振東部地震から4日目

2018年09月09日 | 生活

9月6日の胆振東部地震から4日たちました。

すごい被害状況がTV、新聞等で次々報道されました。

山が崩れて多く家が土砂で押しつぶされ、多くの犠牲者が出ました。

あまりの惨状に胸が押しつぶされそうです。

 

新聞は、見たこともない惨状を紙面いっぱいに記録してます。

震度7とは絶句です。

自衛隊、消防、警察の方々が夜を徹して救助作業をして下さり

次々と土砂の中から、犠牲者を探して下さいました。

 

39人の死亡確認。

今現在、1名の不明者を捜索しています。

その仕事ぶりに頭が下がります。

犠牲者の家族の方々の悲しみ苦しみはいかばかりかと

お察し申し上げます。

 

先日のブログで砂川は電気が点灯したと書きましたが、

点灯したのは市立病院の側だけでした。

うちは病院の側なので地震後10時間後には点灯しましたが

ほんの数百メートル先は真っ暗だったそうです。

知らなくてごめんなさい。昨夜点灯しました。

 

札幌の、娘や私の姉妹の所は昨日までに電気が通じて

次々とラインやメールで

「電気ついた!良かった-。」

と連絡が来てホットしました。

 

まだまだ、水も電気も通ってない方々もいらして

一日も早いライフラインの回復を祈ります。

 

役に立った私の防災グッズ

⇩車のシガレットの電源に付けるコンセント。

スマホの充電が出来ました。

⇩これうちの防災グッズ。

単3電池のランタン

ベット横の引き出しに入れてる小型の懐中電灯

カセットコンロにガス

ラジオ

今回水は必要なかったけど、いつも用意してます。

(でも、地震で一瞬でつぶされたら何も取り出せないことがわかりました。)

 

9月3日に東京に送った冷凍の宅配は未だに到着していません。

私が作った「イクラの醤油漬け」を早く食べてもらいたいのに。

 

9月5日の台風21号、そして6日の今回の地震。

ネットで検索しても「発送」だけの情報。

宅配業者クロネコヤマトの本部に問い合わせても、

「北海道は全ての機能が停止しています。全くわかりません。」と。

 

今までのように普通に生活出来る日が早く来ますように。

◎10日未明に、不明者の最後のお一人が見つかりました。

救助隊の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 

 


北海道で地震だよ!

2018年09月06日 | 生活

今朝、午前3時、スマホのけたたましい警報と同時に「どーん」とものすごい

地響きの地震が。

ベットから飛び起き、側にある懐中電灯をつける。

スマホから次々情報が。

「砂川 震度4」

「安平町 震度6強」と。

 

避難用のバッグの中を点検。

現金と保険証の確認。

停電ですから、怖かったです。

余震も怖かった。

 

朝になって、明るくなってホットする。

札幌の娘や東京の息子に無事を知らせる。

水道が出るのを確認。良かった-!

 

朝食はIHコンロが使えないので、カセットコンロを出して

ご飯を炊き、味噌汁を作って、冷蔵庫にあったおかずで食事。

あー安心した。

 

↓このコンロのお陰で助かった。

「スマホの電気が無くなりそう。」

と、息子にラインしたら、

「乾電池を入れる充電器がコンビニに売ってるよ。」

と言うのでコンビニへ。

8時半に近くのコンビニに行ったけど、お客は6人。

田舎のコンビニには充電器なし。

 

電池や保存食の購入。

お店は電気がつかず暗い。

でも、レジは機能してるのでびっくり。

緊急の電源があるんですね。

 

スマホの充電は、車庫の車で完了。

いいこと考えたでしょう?

 

午後1時、電気がついた。

砂川はすごいねえ。

砂川には、北海道電力 砂川火力発電所があるから

こんなに早く電気が復旧したのです。

火力発電所はえらいねえ。


あっちこっちに

「電気付いたよ。」と電話。

「本当?良かった-。」って。

 

でも札幌の娘は

「いいねえ。こっちは真っ暗なところで働いてる。」

って。早く復旧してほしいです。


厚真町では土砂崩れで、亡くなった方や被害に遭われた方が多数いて

すごい状況です。

札幌でも家屋の倒壊、道路の陥没や水道管の破損など

すざましい被害状況がTVでつぎつぎ放映されています。

一日も早い復旧を祈ります。