なーんもさ

北海道の小さな町からの発信。
ビーズ手芸や編み物をするのが大好きです。


春の氷割り

2018年03月23日 | 気候

急に暖かくなりました。

家の外の温度計がプラスの12.5℃です。

10℃以上になったんですよ。すごいねえ。

ワクワクして氷割りを始めました。

パッカーン、パッカーンといい音で割れます。

1月の-19℃で、地下水が凍って使えなくなった「融雪槽」も

やっと掘り出しました。

東京のテレビが上野の桜を撮影しています。

こっちはやっと氷割りです。

 

お隣の奥さんも、パッカーンパッカーン。

「奥さんも氷割りですか?

急に暖かくなったから雪が解けて気持ちいいねえ。」

「ほんとに、急に解けましたね。

裏のアパート、二階の窓しか見えなかったのに、やっと1階の窓が

見えてきたわ。」

ほんと、ほんとと大笑い。

 

来週はもっと暖かい日が続くそうです。

雪解けが早くなりそうで楽しみです。

 

 

 


お花が届きました

2018年03月18日 | 生活

昨日、娘一家がお花を持って我が家に来てくれました。

娘「明日、お父さんの命日だから。」と。

「わあ、春らしいやさしい色の花だねえ。お父さん喜ぶわ。」

カーネーションやフリージアのピンク色が素敵です。

お婿さんと高校生の男の孫もニコニコして入ってきました。

 

娘「お父さんの命日、絶対忘れないよね。

事前にテレビで知らせてくれるからね。」

 

そう、3月11日は、「東日本の大震災。」

この日のことは絶対忘れられません。

お医者さんに、夫が

「危篤ですから、身内の方を呼んで下さい。」

と言われ娘に電話をかけてる最中の大震災。

テレビに映る津波のすごさ。恐怖。

東京の息子一家の無事がわかるまでのあの心配。

そして、一週間後の今日が夫の命日になりました。

 

ここにいる高校生の孫は小学生でしたからね。

7年経ったら孫達も大きくなりました。

 

孫に、「何食べる?」

「魚べいのお寿司だって。」

「いいねえ、おばあちゃんも大好きだよ。」

土曜日の午後はお寿司屋さんは大混雑。

えー、18人待ち?

待ち時間、23分だって?

 

みんなで、おいしいお寿司をいっぱい食べました。

新鮮なネタがどうしてこんなに安く提供できるか

信じられない程です。

 

うちに帰って、昔話をいっぱいして

「また来るねー。」と帰って行きました。

 

私より若くなってしまった夫の写真に、

「お父さん、みんな来てくれて良かったしょ。」

って、語りかけました。

写真が、ちょっと照れた時の笑顔に見えました。

 

 

 

 

 

 

 


ふれあいセンター作品展

2018年03月06日 | 編み物

今日、ふれあいセンターに行ったので「作品展」を見ました。

私たち「編み物講座」の展示もありました。

パネルに飾ってあるのは先生の作品。

講座受講生の14人分の作品は、

こうやって袋に入れられ、テーブルの上に置いてあります。

左のカーディガンと帽子が私の作品です。

作品の良さがさっぱり見えない展示で残念です。

 

さて、砂川の豪雪についてたびたびUPしていますが、

「広報すながわ」平成30年3月1日号によると、

砂川市の『累積降雪量が9mを越した』と。

 

それで除雪ボランティアが除雪困難な高齢者宅などの除雪をしたと

書いてあり、高校生の除雪作業の写真が掲載されていました。

お隣の滝川市では家が雪で倒壊したというニュースが昨日流されていました。

すごいでしょう?この雪の山!

雪山の上に乗ってる雪の塊が、いつ落ちてくるかハラハラしてます。

気温が上がったら落ちてくるんじゃないの?怖いねえ。

もう3月ですからね。

そのうちこの雪も解けるでしょう。

雪が解けると、水害にならないか心配ですが・・・・。