加齢を愉しむために

未来に希望を抱けるように生きたいという願望を叶えるために如何に行動すればよいのかを探してみたいと思っています。

心地よい関係を保つには?

2017年12月23日 | Weblog

 最近の私はとても我儘になったと感ています。

 周りの方々が親切に体の事を心配して下さったり、気遣って下さる事が多くなって有り難いと思いながら、どこかでそっとしておいて欲しいと思ったりします。

 人との関係で居心地の良い状態とは?

 お互いの良い所は伸ばし、悪い所は小さくできるような状態を保てる事だと思っています。

 それには程よい距離を保つのが一番簡単な方法だと思っていますが、それではちょっと味気ないかなとも感じています。特に身近な人間関係では尚更です。自分が心地よい状態と感じている時、相手にとっては必ずしもそうでない場合もしばしば経験しています。お互いが相手を大切に思えば思う程、気疲れしてしまう事もあります。

 主人との関係を考えてみても、若い頃は自己主張しあって良くけんかをしていた事を思い出しています。定年になる頃やっとお互いの大切な事、どっちでもよい事、厭な事が分かってきて、二人にとって居心地の良い状態を見付ける事ができたと感じていました。

 そう考えると身近な関係でも、それなりに距離を置いて暮らして来た人同士が何時も居心地の良い状態を保つ事は簡単でないのは当たり前なのかも知れません。その事を踏まえて、加齢を言い訳にしないで、相手の身になってその時々の状況を考える習慣を身に付けて行くしかないのかな~。

 大病をして周りの方々から甘やかされて、我儘になった最近の自分を意識する事で、少しでも居心地の良い人間関係を作っていかなければと反省しています。

 クリスマス・リースを玄関のドアに移し、玄関はちょっと植木を使ってクリスマス飾りをしてみました。明日は娘のCDをBGMで聴きながら、末永い世界平和を願って静かに過ごしたいと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« この一年の歩み | トップ | 元旦に今年の目標を設定(201... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事