加齢を愉しむために

未来に希望を抱けるように生きたいという願望を叶えるために如何に行動すればよいのかを探してみたいと思っています。

日本パシイワ秋バザーに参加

2011年10月04日 | Weblog
シニア女性のパワーに接して

その日は金木犀の薫りに秋を感じながら朝早く家をでました。
会場に着くともう準備は殆ど済んでいました。

入口付近には国際パシイワからの東日本大震災への支援に関するポスターが貼られていました。
それは、オーストラリアやハワイからの可愛らしい贈り物の写真、受け取った子供たちの笑顔の写真の入った心温まるものでした。
会場内では沢山の魅力的なコーナーの準備が進んでいました。

バザー開催時刻になると会員やお知り合いの方々が次々にいらっして・・・・・
・手作りコーナー
ではシニア会員の見事な技術に、新しいアイディアを載せた素敵な品々が飛ぶように売れていました。
・喫茶コーナー
は久しぶりの再会を愉しむ人達の語らいや若い留学生との交流で賑わっていました。
・賛同企業からの提供品の販売コーナー
では市価よりかなり安い値段で提供品が売られていて、お馴染みの品は早々と売り切れになるものもありました。
・被災地応援コーナー(今年の特設コーナーです。)
ここは3・11の被災地の産物の宣伝・販売で、アンテナショップのような役目を果たしていたように感じました。
勿論完売でした。その他にも珍しい外国の品々やシニアに似合いそうな洋服やアクセサリー等、沢山の品で来客を楽しませていました。

私が感動したのは準備から後片付けまでの殆どを会員(決して若くない)が活き活きとこなしていたことです。私もちょっとお手伝いさせて頂き、元気を頂きました。
このエネルギーをもっともっと楽しく活用できる場があったら良いのにな~と思いながら帰途につきました。
自宅に着く頃にはどっぷり日も暮れて夜になっていました。
その暗闇の中で金木犀の薫りが心地よく迎えてくれました。

シニアのパワーは金木犀の花のようだなと感じました。
花は小枝に張り付くように沢山沢山咲いているのに目立たない、でも素敵な薫りはかなり遠くまで届き、近くで見ると一つずつの花は小さいけれどしっかりとしたチャーミングな花なのです。
今週はこの薫りと共にバザーの余韻を楽しみましょう。

この記事をはてなブックマークに追加