加齢を愉しむために

未来に希望を抱けるように生きたいという願望を叶えるために如何に行動すればよいのかを探してみたいと思っています。

WiFiの世界に迷い込んで

2015年07月16日 | Weblog

 長い間使用していたプリンターが壊れ、以前と同じ系列のプリンターを購入しました。使い慣れた機種が良いと考えたからです。でも届いたプリンターはガラリと変わっていました。

 外見はかなりスマートになっていましたし、価格は以前の半分以下なのに機能は多彩で、かんたんにWi-Fi経由でスマホ写真がプリントがでる・・・・・等いろいろ便利らしいのです。

 急ぎの印刷作業があったので、兎に角以前のプリンターでできたことを実現したいと思い、かんたんスタートガイドにしたがって設置から始めました。

・操作はタッチスクリーンに表示されるホーム画面で、タップ、タッチ、フリック、ドラッグを使い分けながら行います。スマホを使っているのでその感覚で操作すれば良いと会得しましたが初めはもたもたしました。

・パソコンとプリンターの接続に関して、接続の種類の選択画面の先頭に出てくるのが無線LAN接続でした。いままで有線LAN接続だったのでちょっと意外でした。無線LAN接続については少し暇ができたらと後回しにし、先ずは今迄通りの接続にして使用を開始しました。

 しばらくして気付きました。現在我が家のパソコンは全て(3台)インターネットは無線LANで接続しています。昨年MacBook Airを購入した際、無線LANを使えるようにしたのをきっかけにして、他のパソコンも暫くは有線、無線の両方を都合に合わせて使っていましたが、いつの間にか、どのパソコンも無線を使うようになっていました。矢張り便利だからです。

 プリンターも無線LAN接続にすればどこからでもプリントできるので便利な筈と思い、無線LAN接続に挑戦してみることにしました。

 無線LAN設定をタッチすると

・アクセスポイント選択画面

・それに対応したパスフレーズ入力画面

が現れ、自宅の無線LANの情報が必要になりました。無線LANを使えるように手続きをした際は、契約先のNTT東日本のリモートサポートで設定したので情報をしっかり覚えていなかったのです。

 無線LANの契約先NTT東日本に電話で問い合わせて我が家の設定情報を見られるマイページがウェブ上にあることを知りました。その情報から我が家の無線LANはWiFi(国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称の一つであることも分かりました。今までWiFiの事を理解しないままいろいろな場面で便利に利用していた事にも気付くことができました。

 こんな経緯があって無事プリンターの無線LAN設定を完了させることができました。

 それにしてもこんなに手軽に便利に使える沢山のWiFiがそれぞれのネットワークを作って活動していて、交信に不具合が起きないのかしら?、混線しないように、どのようにコントロールされているのかしら?と不思議の世界に迷い込んだ気分が今も残っています。


この記事をはてなブックマークに追加