加齢を愉しむために

未来に希望を抱けるように生きたいという願望を叶えるために如何に行動すればよいのかを探してみたいと思っています。

今朝も素敵なシニア見~つけた

2009年09月23日 | Weblog
ドキュメンタリーを見て
 今朝、NHK総合テレビで、登山の達人田部井淳子氏と登山歴1年の内多アナウンサーが夏の北アルプスを山頂から山頂へと3週間かけて大縦走する様子を記録した番組を見ました。

 75分という長い番組なのに つい画面に引き込まれて席も立たずに見続けました。
何時もなら途中で席を立ち、家事をしながら見るのに・・・・・
田部井淳子氏は私と同じ年なので以前から関心を寄せていたのです。
画面の中の田部井さんは若いアナウンサーを先導して颯爽と明るく、楽しそうに歩いていました。長い間の鍛錬の賜物とは分かっていても加齢がマイナスになっていない姿に見惚れました。
その上
若い頃登った時には登ることに一生懸命で、こんなにきれいな花々にも気付かなかった
とおっしゃっていました。

 体力と技術は保ちながら、周りの景色を愛でる余裕まで持てるとは凄い事だと思いました。
 人間の可能性の素晴らしさを見せて頂き、私も一日一日を大切に生きたいと感じることができました。
コメント (2)

嬉しい出来事!!

2009年09月01日 | Weblog
介護の傍らで
 生き甲斐を見つけて、年齢の壁を超えるという意味でとても嬉しいことがありました。
弟のことです。
定年後の多くの時間を母の介護に関わっていて・・・・・
現在の私は、時々のお手伝い位で何となく気がとがめていました。
 久しぶりに会ったその弟が これ と見せてくれたのが日本棋院の五段のとても立派な免状でした。
囲碁は子供の頃から強くて、私も父もとっくに追い越されていました。
定年になった昨年の頃は、自称3・4段とか言っていて、介護の傍らどこかに通っているとは知っていたのですが・・・・・
ちゃんと自分の生き甲斐も見つけていてくれて、私の心を軽くしてくれました。

 現在の私は、時間に余裕ができたので、請われるままにあちこちで ITの活用方法 をシニアに広めるような事をして元気を得ています。

 楽しいながら忙しい作業が一段落したので、しばらくは庭掃除(ちょっとほって置くと雑草がすごい勢いで伸びています)や、細かい家事に精を出して・・・・・
 これからも加齢を嫌なことと捉えず、自分のできることで社会に関わって生きていけたらいいな~と感じています。
コメント (4)